サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孕むことば
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-1870-2
  • 国内送料無料

紙の本

孕むことば

著者 鴻巣 友季子 (著)

『嵐が丘』の新訳を産み出し、妊娠出産、そして子育て。驚きと発見に満ちた三年間を生き生きと描く見事なエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】翻訳は楽しい、そして娘...

もっと見る

孕むことば

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『嵐が丘』の新訳を産み出し、妊娠出産、そして子育て。驚きと発見に満ちた三年間を生き生きと描く見事なエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

翻訳は楽しい、そして娘を育てることはもっと楽しい! 「嵐が丘」の新訳を産み出し、妊娠出産、そして子育て。驚きと発見に満ちた3年間を生き生きと描く。『ウフ.』連載を加筆訂正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鴻巣 友季子

略歴
〈鴻巣友季子〉東京生まれ。翻訳家、エッセイスト。エミリー・ブロンテ「嵐が丘」の斬新な新訳で大きな話題を呼ぶ。著書に「翻訳のココロ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『嵐が丘』の新訳を手がけた鴻巣さんの育児エッセイ 読み応えあり!

2008/11/21 03:56

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

翻訳家・鴻巣友季子さんのエッセイ。
エミリー・ブロンテの『嵐が丘』新訳を手がけた人でもある。
彼女は長年の夢だったこの新訳話が現実のものとなったとき、「ああ、たったいま、私は大きな選択をしたな」と直感的に思い、これで自分の子どもをもつのはあきらめることになるんだな、と思ったのだそうだ。
彼女が37歳の時のこと。
それほどまでに、翻訳という仕事が過酷なものだと読みながらひしと感じた。
しかし彼女は『嵐が丘』新訳を無事成し遂げ、そして40歳にして初めてお子さんを出産した。

そのときに生まれた娘さんは今年四歳になられたそうだが、なんでも妊娠中から「なにか連載を」とアプローチがあり、それも「子育てのお話のなかに、翻訳とか文学のことを盛り込んで書けませんか」と…。かくして誕生した連載育児エッセイ、前回の『やみくも』に続き、共感の嵐が吹きまくりました。

さすが翻訳家だけあって、これまで踏み入れたことのない妊娠、育児ワールド特有の言葉には敏感で、するどく反応。そして日々育ち、言葉が増える娘さんの言葉も見逃しません。
それにしても娘さんのなんとかわいいこと!
なんだか読んでいるだけでメロメロ状態。
鴻巣さんの娘さんに対する姿勢もいいな~と思う。
「月誕生日」(毎月の誕生日の日)をささやかに祝うことを続けていらっしゃるそうで、例えば「夕飯のときに、またひと月ぶん大きくなったことをことほぎ、食後に、夏なら、いつもより少し大きくスイカを切り分けたりする。」というくだりには、なんだかじんときました。
こういう感覚、忘れてしまった、いかん、いかん。

あれこれ手がかかり、思うように仕事がはかどらなかったり、育児の孤独に直面したり…。そんなときも娘さんのひと言で救われたり、笑ってしまったり。
娘さんの影響で、30年ぶりにピアノも再開されたそうで、「まだまだふたりとも目くそ鼻くそのレベルである。
目くそ鼻くそ笑って笑われて、わたしと娘は他人として生きていく。」とあった。
その競い合う様子がほほえましくもあり、そしてわたしと娘は他人として生きていくときっぱり宣言しているところがかっこいいな~と思うことしきり、でした。

どの育児エピソードも読み進むにつれて、翻訳や文学のことにゆるやかに話題が変わっていくのが、私としてはなんとも嬉しい。ほんとうに読み応えあり!です。あれこれ読みたい本をチェックしつつ、やはり一番読みたいのは彼女が渾身の思いで手がけた『嵐が丘』の新訳だなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/12 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/11 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/24 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/09 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る