サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ANGEL+DIVE 1 STARFAKE

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ANGEL+DIVE 1 STARFAKE(一迅社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: 一迅社
  • レーベル: 一迅社文庫
  • サイズ:15cm/396p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7580-4004-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ANGEL+DIVE 1 STARFAKE (一迅社文庫)

著者 十文字 青 (著)

温厚を通り越し自分に害をなす相手にまで心優しい損な少年・夏彦。いつも相手のことを第一に考え、自分のことは後回しばかり。幼馴染には心配をかけ、小学生の妹には叱りつけられる毎...

もっと見る

ANGEL+DIVE 1 STARFAKE (一迅社文庫)

710(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

温厚を通り越し自分に害をなす相手にまで心優しい損な少年・夏彦。いつも相手のことを第一に考え、自分のことは後回しばかり。幼馴染には心配をかけ、小学生の妹には叱りつけられる毎日。そんな頼りなく受動的な夏彦が、ある日偶然出会ったトワコという少女に不思議と心惹かれてゆくことに。—しかし、出会って間もなく彼女は姿を消してしまう。釈然としない夏彦は同級生たちの力を借りて彼女の捜査に乗り出すも、同じく彼女を追っている者たちと遭遇し…!?今、運命に翻弄される少年少女たちの物語が幕を開ける。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

ヨリィィィィィ、ギャラクティカ★ストラァァァイクッ・・・・・・!

2008/11/14 16:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちなみに『ヨリィィィィ!ホワイトラヴリィストォォォムッ!スパァァキンッ・・・・・・!』もある。これが何かは実際に読んで確かめていただくとして、本作の魅力は多岐に渡る。各章が短く断片的に語られながら静かに話が進む。謎の少女との出会いと別れ、家族のこと、幼馴染みのこと、友達のこと、夢のこと、運命のこと、様々なことが1つのエピソードとして静かに、淡々と、飄々と綴られていく。不思議な雰囲気である。夏彦も少々不思議な人物。何事にも動じないのだが、何も知らないかのようで実は細かいことまで考えたりしている。幼馴染み【希有】の、要点だけボソッと喋る独特のキャラも本作の雰囲気づくりに貢献。しかし、それにも増して独特なのが表紙を飾る双子【真鳥姉妹】である。性格が正反対なのは予想の範疇だがそのギャップが凄い。特に姉の【依慧】は男勝りを越えたオレ女である。乱暴過ぎる言葉遣いは次第に慣れてくるが、さすがに目上の人にはきちんと話しなさいと言いたくなるほど。この姉妹には重大な秘密がありそうだがほとんど明かされていない。というか、本作ではメインヒロインですらない。夏彦と出会ってから姿を消した少女【トワコ】の話なのである。このトワコの素性も、実は夏彦や姉の【春】にもありそうな秘密も不明。秘密だらけである。本作自体がプロローグのようでもある。本作のエピローグがあまり飛んでしまうのでそう思ったのかも。これまでの話は何だったのか、というほどの飛び方である。次巻で確認するしかない。あと忘れていけないのが希有の父【黒雪】と家政婦【マタノリア】。実に喰えない人物の黒雪と、それ以上なマタノリアのやりとりが良いスパイスを醸す。黒雪さんは反則レベルの活躍をするしノリアさんも何だか凄い人。もぅ書き切れないくらい登場人物全員に魅力がある作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/03 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む