サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. カンピオーネ! 1 神はまつろわず

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カンピオーネ! 1 神はまつろわず(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/291p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630428-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カンピオーネ! 1 神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 丈月 城 (著)

神を殺した者は神の権能を得る。そしてその力を得た者は王者『カンピオーネ』と呼ばれ、覇者とも魔王とも称される。そんな高校生・護堂の求めるものは平穏な日々。しかし魔術師にして...

もっと見る

カンピオーネ! 1 神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫)

637(税込)

カンピオーネ! 神はまつろわず

508(税込)

カンピオーネ! 神はまつろわず

ポイント :4pt / 紙の本より129おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「カンピオーネ! 1 神はまつろわず」が含まれるセット商品

カンピオーネ! (ダッシュエックス文庫) 20巻セット

カンピオーネ! (ダッシュエックス文庫) 20巻セット

商品説明

神を殺した者は神の権能を得る。そしてその力を得た者は王者『カンピオーネ』と呼ばれ、覇者とも魔王とも称される。そんな高校生・護堂の求めるものは平穏な日々。しかし魔術師にして自称護堂の愛人・エリカがもたらすのは荒ぶる神との邂逅!?さらには、媛巫女・祐理も護堂に接近!?新たな神話を紡ぐバトルファンタジー開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

神殺しのチャンピオン

2008/11/16 20:51

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

神を殺して、その権能を得た王者『カンピオーネ』(英訳するとチャンピオン)になった主人公【草薙護堂】が、その持てる力を発揮して災いを治めていく話なのだが、本人にその自覚が皆無なためにドタバタする展開である。始まりは唐突。いきなり【エリカ】なる美少女から呼び出されるのだが、この時点で彼女の説明がほとんどされていない。つまり読み手からすると「この娘、誰?」という感じである。読み進めていくうちに明らかにはなるが、斬新と言えば斬新な冒頭である。もともと相当の大作だったのをページ数の関係でかなり端折られたのではなかろうか。バトルはなかなか迫力あるものでカンピオーネの実力のほどがダイナミックに描かれる。外国の伝記伝承と日本の神事を絡める設定はなかなか秀逸。西洋と東洋とでは神のイメージにかなりの違いを感じるが、そもそも神に対する考え方の根っこは同じだから納得である。後半では媛巫女という存在の先輩美少女【祐理】が現れる。今後の展開が予想できるのだが、現時点で祐里は護堂を災厄の元凶と捉えていながら終盤のバトルでカンピオーネの想像を絶する力を見せつけられたために考えを新たにしていくところで本巻は終わる。次巻ではエリカが転校してくるため学園パートで騒動が起こりそうで、これもまた楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦手

2016/09/13 16:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長く続いているからこそ、面白いとは思う。だけど、どうも馴染まない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お試し

2012/12/20 13:19

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペッペ隊長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

暇つぶしにはなるか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/05 19:29

投稿元:ブクログ

あとがきにあるとおり、最強主人公がレベル上げすっ飛ばしていきなりラスボスと闘う物語ですね。なかなか爽快でした。便利だな、カンピオーネ。神話関連も個人的に好きだし続きも読んでいこう。

2010/01/26 18:58

投稿元:ブクログ

自分はこの絵と帯をみてピーンときて買ってしまいました。
結果買って正解だったと思います。
この小説の主人公は元々魔術とかも知らない一般人だったのですが、神様を殺してその権能を奪い魔王(カンピオーネ)と呼ばれる存在になり、いろんな魔術師と関わったり神様と戦ったりする物語です。
神様の権能が使えるので無双状態かと思えばそうでもなく、使うにはそれぞれ厄介な条件があるので無双状態とはいえず、条件を満たした限られた化身で戦うので面白いです。
そいてヒロインのエリカと祐理がいいキャラです。
これからの活躍にも期待したい。

2012/03/21 20:21

投稿元:ブクログ

神殺しの権能を手に入れた、真面目な高校生の異能バトル。

まずは、彼がどのような能力を持っているかをじっくりと書くところ。
持っている能力をどう活かすかというのは、これからなのだろう。
異能を持つがゆえに崇められる立場だが、善良で、底に漬け込むことのできない性格は、ハーレムものの主人公にとって悪くない選択に思える。
ただ鈍感だと、愚鈍に見えて、話の面白さも削ってしまったり、よくするので。
以降も結構楽しみですよ。

2012/09/18 21:33

投稿元:ブクログ

面白かったー。ハーレムラノベは数あれど、これだけ女性陣が強いお話もなかなかないので楽しく読めた。いやー、エリカの派手な強さと裕理の静かな強さの対決が見れて今後のバトルに期待。妹の静花も強敵の片鱗をみせていたしいったいどうなることやら…。もう主人公どうでもいいな(笑)。いや、主人公も結構筋が入っているようで好きではあるんだが。

導入部はすっとばしてお話のおいしいところだけ先に見せてくれた構成は賛否あるだろうけど、展開するストーリーのテンプレと考えればよかったんじゃないだろうか。

2013/05/03 20:41

投稿元:ブクログ

 神を倒すほどの力を身に付けた高校生男子と、それに付き従う恋人(?)の話。
 地の文がしっかりしていて読みやすく、語彙力が有り余っているんじゃないかと思うくらい。作者は神話についての知識に明るいようで、それが他の作品にはない神秘めいた世界観の演出に一役買っている。エリカや祐理といったキャラも魅力的で、板挟みの主人公の苦悩が読んでいて可笑しい。普通の高校生であるはずの主人公がいきなり強い理由の裏付けがいまいちよくわからないのが気になっているが、新しいキャラも出るようなので、後巻も楽しみ。

2012/04/25 09:54

投稿元:ブクログ

超必殺技しか持たない主人公が
修行とかそういうのをすっ飛ばして
いきなりラスボスに挑むような話.

えーと,何人かヒロインらしき女性キャラが居るんだけど
彼女らの傾向って一緒ですよね?
口調だけ変えて後は同じアレですよね?
いや,気のせいなら良いんだけど全員なんだか
自己完結しているのに会話しているような,
会話ではなく独り言のような通達のような….
まぁいいや.

「神殺し」をやっちゃった少年が魔王だとか覇王だとか担ぎ上げられて
ほかの神との戦闘も押し付けられるような感じで.

2013/03/25 16:56

投稿元:ブクログ

アニメ版が結構面白かったので。

神話に関しては詳しくないのでなんとも言えませんが、設定は割と好きです。

何方かも書いていましたが、確かにアニメ版の方がわかりやすいと思いますね。まぁ後々描かれるのでしょうが。

2013/11/10 15:05

投稿元:ブクログ

長くシリーズが続いているようなのと古本屋で安かったので購入。イラストが一部の人々には人気の絵師さんらしいが、これ手抜きじゃないの?塗りがはみ出てるんですけど。

内容は男の子の憧れを集めてみました、という感じ。突然(=積年の努力などなしに)身につけた最強の能力、主人公を振り回しつつ迫ってくる美少女、魔術などの異能バトルとなど、舞台は現代だがファンタジーな要素が詰まっている。夢見るバトルファンタジー。

2012/07/25 20:40

投稿元:ブクログ

神話関係の解説がやや読み難い感じがするものの、
主人公が神を殺して手に入れた神の力を使って他の神を倒すというシンプルなもの。
お話自体はいいと思うけど、個人的にどうしてもイラストが受け入れられない...。

2012/09/02 18:41

投稿元:ブクログ

ギリシャ神話に興味を持つこの頃。
そこで今期見ているアニメが神話に基づくものだったため、早速購入。神話のもととなる話(今回はアテナやウルスラグナ)が至る所にちりばめられていて面白い。
アテナに焦点を当てても、神格がいくつもあり、それぞれに伝わりがある。

ラノベだから2・3時間で読めるのも気分転換になっていい。

2011/05/10 03:52

投稿元:ブクログ

神話バトル小説。古今東西の神々が人知れずうつろう世界で、神殺しとなった少年の、ドタバタモテモテな日常を書いた作品。スーパーダッシュ文庫では、トップクラスに面白い。神話が題材だけに、戦いの損害がウルトラマン並みに大きいのが玉に傷。かなり突き詰めたところまで神話について書かれている完成度はすごいが、そのせいで文章が若干難関になっているためマイナス☆1

2015/03/24 11:27

投稿元:ブクログ

読んでからレビュー書かないでほったらかしてしまって
今頃UP。

現代の人の世に神話の神や英雄が蘇り、人間のことなど
顧みず戦ったならどうなるか。

早晩人間は死に絶え、荒涼たる世界が来るでしょう。
そんな世界で一筋の光明となるのはカンピオーネと
呼ばれる人々。

まつろわず荒ぶる神を殺し、勝利した者達は、敗者となった
神からその能力を奪い、人類の脅威となる神々と戦うのです。

世界で一番新しい魔王。
新しいカンピオーネは日本人の男子高校生。
草薙護堂。

彼はその能力と魅力で多くの神を倒すでしょう。
そして多くの女達が、王たる彼の愛を追って従うのでしょう。

現代のヒロイック・サーガ、ここに開幕!
というところでしょうか。

神話が好きな人ならば面白く読めるのではないかしら。
主人公の草薙護堂くんは、性格的にはいい子です。
男らしいし正義感もあって優しさも持ってる。
本当はひとりに一途になれるのでしょうけど
敢えて王の愛寵を地で行くのかな。

久しぶりにある程度以上書いたり読んだりをしてきた
作家さんのライトノベルを読み始めた感じです。
下調べもちゃんとしてるし。

ヒロイックファンタジーの大ファンでもあられるよう。
戦闘に爽快感もあるしいいのですけど…。

私が読んでて辛かったのはまつろわぬアテナが
倒されるところ。彼女の痛みや悲鳴が身体に響くようで。
一瞬戦いを楽しみ狩ることの愉悦を見せた草薙くんが嫌で。
それがなかったら駄目だし、でもそれがあるから苦しいし。

アニメ先に見てるから、エリカだけが結局本命で
他の彼女は出てくる順に愛が薄いんだって知ってるし。
その時は相手に本気な彼のくちづけが、つらくてつらくて。

ここのあたりは女性読者ならではの感想かもしれません。
基本的には面白いお話だとは思います。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む