サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 当事者が語る異文化としてのアスペルガー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

当事者が語る異文化としてのアスペルガー
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: クリエイツかもがわ
  • サイズ:21cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86342-000-7
  • 国内送料無料

紙の本

当事者が語る異文化としてのアスペルガー (Autism Retreat Japan 自閉症スペクトラム青年期・成人期のサクセスガイド)

著者 服巻 智子 (編著),リアン・ホリデー・ウィリー (ほか著)

当事者の経験に当事者が学ぶ、自閉症者のための当事者大会「第2回オーティズム・リトリート・ジャパンの会」の講演録。家族関係、国際結婚、学校生活など、青年期・成人期に戸惑わな...

もっと見る

当事者が語る異文化としてのアスペルガー (Autism Retreat Japan 自閉症スペクトラム青年期・成人期のサクセスガイド)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

当事者の経験に当事者が学ぶ、自閉症者のための当事者大会「第2回オーティズム・リトリート・ジャパンの会」の講演録。家族関係、国際結婚、学校生活など、青年期・成人期に戸惑わない、人と状況に応じた支援のヒントが満載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

服巻 智子

略歴
〈服巻智子〉それいゆ総合相談センター長。編著書に「自閉っ子、自立への道を探る」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/03/08 19:57

投稿元:ブクログ

生活の中での実体験なのでとても実感がありました

アスペルガー(自閉症)に関係する五人の当事者自身による講演を書き起こした本で
それぞれ独特の経験とそこから生まれたナマの生活感を知ることができます
小説や評論と違ってドキュメントで、それも本人によるものは
どこかにゆとりとユーモアがあって納得するチャンスをくれるようです

ここに登場する自閉症者は知的障害を持ち合わせていないようです
裏を読むことに長けていないと言うアスペルガー的思考の持ち主だと言うことです

ここでこの本を読んで今まで当たり前だと思っていたことを再確認しました
それは自閉症と知的障害を切り離して確認する必要があると言うことです
それぞれを見た上で総合的に見て行くと言う
二段構えで対処していく必要がありそうです
もう一つは「症と障害」の字をはずさなければいけないと言うことです
このことを常に意識しながら付き合っていかなければならないと思います

彼らは職業としても大学の研究者とか翻訳者とか
そのパートナーとなっている普通の人とか物書き達です
つまり楽しめる人生と出会えた人は
皆さん個人的世界を保ち易い環境で仕事を見つけ出しているようです
たぶん、競争社会の会社員や役人や政治家とかは向いていないのでしょうから

そうした仕事にしか出会えなかった人は
矛盾に苦しんでいるのだろうと思いました
四苦八苦しながら生き抜いている最中の人々の話も聞いてみたいと思います

子どもの病気 ランキング

子どもの病気のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む