サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

窓の向こうは夏の色(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601183-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

窓の向こうは夏の色 (コバルト文庫 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)

著者 青木 祐子 (著)

ケイトは厳格な叔母にドレスの注文を取り消され…(「ドレッシング・ルームの高い窓」)。男爵令嬢ファニーは恋人のケネスに隠し事をしていて…(「希望という名の猫」)。仕立屋『薔...

もっと見る

窓の向こうは夏の色 (コバルト文庫 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)

576(税込)

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー12 窓の向こうは夏の色

454(税込)

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー12 窓の向こうは夏の色

ポイント :4pt / 紙の本より122おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「窓の向こうは夏の色」が含まれるセット商品

商品説明

ケイトは厳格な叔母にドレスの注文を取り消され…(「ドレッシング・ルームの高い窓」)。男爵令嬢ファニーは恋人のケネスに隠し事をしていて…(「希望という名の猫」)。仕立屋『薔薇色』をめぐる短編に、書き下ろしで寄宿学校時代のシャーロックの淡い恋を描いた「窓の向こうは夏の色」、愛人のいるヘンリー・モアティエと結婚したドロシアの物語「幸福な淑女」を加えた“恋”の短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

ドレッシング・ルームの高い窓 7−66
希望という名の猫 67−145
窓の向こうは夏の色 147−213

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

2012/05/20 22:12

投稿元:ブクログ

あきさんの挿絵が、いつものやわらかい鉛筆線じゃなくてふつうのつけペンになっていて、いつものニュアンスがなくなっていたのがショック。


寄宿舎時代のシャーロックよりも、「希望という名の猫」で指貫に動揺するシャーロックのほうが何倍もかわいい。

2008/07/29 22:28

投稿元:ブクログ

<ヴィクトリアン・ローズ・テーラー>の短編集。
クリスの指にはめられた指貫を指輪と勘違いしてやきもきするシャーリーがとても可愛いw
今回はクリスの出番が少なくてちょっと残念だったけど、シャーリーの寄宿学校時代やモアティエ公爵夫妻の馴れ初め(?)など本編ではあまり知り得ない事が描かれていてなかなか面白かった^^

2008/07/17 23:31

投稿元:ブクログ

盛りだくさんの豪華な一冊です。
個人的にはシャーリーの青い頃を垣間見れて
ウケました。いや、今も青いのか奴は。

2008/10/25 23:27

投稿元:ブクログ

番外編的な話を集めた短編集。『幸福な淑女』が、ちょっと海外ロマンス小説のようなテイストで面白…(いや、『面白い』というのは適切ではないのですが)興味深かったです。少年のシャーリーは……う〜ん、男って奴ぁ…(笑)(2008.10.03読了)

2008/09/11 21:28

投稿元:ブクログ

ヴィクトリアン・ローズ・テーラーの2冊目の短編集。
「ドレッシング・ルームの高い窓」
「希望という名の猫」
「窓の向こうは夏の色」
「幸福な淑女」
の4作品を収録。
いつもの感じの話ではなく、切なかったり、やるせなかったりする話が中心。脇キャラたちに視点を当てた話です。ラブはあんまりないけれど結構良かったです。

2011/02/15 22:34

投稿元:ブクログ

ドレッシング・ルームの高い窓
・・・自分の息子でもおかしくない男に恋してるのかと思ってビビったあ。昔の恋を重ねてたんですね。あんず色のドレス綺麗だろうなと思いました。絶対かわいい。血のつながりがなくても仲いいことが一番だと思う。

希望という名の猫
ファニーの隠し事云々はびっくりしました。私ならすぐケネスに話しちゃうなあ。反対されたら諦めてしまうかもしれない。でも頼るばかりではなく自分の力で、と少しでも強くあろうとする彼女の意志には感心しました。婚約おめでとうー!

窓の向こうは夏の色
一番謎な話でした。シャーリーの初恋相手がいまいち分からないというまさかの・・・グラスってことなの?妹さんは関係ないの??私の読解力が足りなすぎるのだろうか(汗)っていうか、皆若いねー。

幸福な淑女
最初ドロシアが嫌な人だなあと思っていたのですが、過去を知って少しは許せる気がします。ヘンリー超ムカつく奴に見える・・・。コーネリアは本当に優しいんだなと思う。私ならいくら母親でも反発してしまう。ビアードのことを気にかけているようなので、いつか二人が素直になって前を向けるといいなと思います。アップルちゃんはそういう意味で鋭い。

2012/12/31 19:46

投稿元:ブクログ

外伝、短編集。
シャーリーの学生時代の淡い恋の話もあり。
ドロシアの話もあり、気になる裏話がわかる。
クリスとシャーリーから考えると、裏話になるが、本人からすると、裏も表もなく、自分の人生が本筋なんだよなとふと思った。

2012/08/07 22:17

投稿元:ブクログ

ドロシアといいグレイスといい気分が悪いなあ。
昔の恋を重ねていたにしてもちょっと引く行動の多いグレイス。
共感できない。
(自分のドレス作ろうとしたり重ねてるってレベルじゃねーぞ!)
自分が言いだして結婚したのに何もわきまえてないドロシア。
それ、ヘンリーもコニーももうコイツに何言っても駄目だっていう悟りを開いたのでは。

頭が弱い女って嫌だなあ。
母親が酒飲みで酔っ払ってずーっと愚痴を溢してて…コーネリアよく育ったな。もっとグレてもいい。