サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 晴れた空にくじら 浮船乗りと少女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

晴れた空にくじら 浮船乗りと少女(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-4916-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

晴れた空にくじら 浮船乗りと少女 (GA文庫)

著者 大西科学 (著)

「ここに浮船があるでしょう—そのフネ、私にください」突然やってきた少女の、あまりに突拍子もない申し出に、雪平はしばらく返事ができなかった。浮船—空に浮かぶ不思議な生物「浮...

もっと見る

晴れた空にくじら 浮船乗りと少女 (GA文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「晴れた空にくじら 浮船乗りと少女」が含まれるセット商品

晴れた空にくじら (GA文庫) 全3巻完結セット(GA文庫)

晴れた空にくじら (GA文庫) 全3巻完結セット

商品説明

「ここに浮船があるでしょう—そのフネ、私にください」突然やってきた少女の、あまりに突拍子もない申し出に、雪平はしばらく返事ができなかった。浮船—空に浮かぶ不思議な生物「浮鯨」から採れる器官「浮珠」を利用した空中船が、たしかにこの事務所には一隻ある。だが、もちろんそれは気軽に人にあげたりもらったりできるものではないのだ。驚きつつも、とりあえず少女に詳しい事情を訊こうとする雪平。しかしそれは彼らにとっての大きな冒険の始まりだった。戦争の始まった空、くじらの棲む成層圏の下で展開する、ボーイ・ミーツ・ガールストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

懐かしくなって買ってみました

2008/12/12 22:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ボクがまだ大学院生の頃、気分転換に巡回していたサイトがいくつかありました。その中の一つ、科学雑文というものを公開していたサイトが大西科学。管理人はこの本の作者でもあります。そんな縁もあり、商業世界に進出していることを知り、試しに購入してみることにしました。

 我々の世界と似ているけれど少し違う世界。日露戦争下の奉天には鴨田空輸という小さな運搬会社があった。しかし、空輸というが飛行機ではない。空飛ぶ船による運搬である。この船は、浮鯨という空飛ぶ奇妙な生物の持つ浮珠という、1個で250kgの物体にかかる重力を相殺してくれる不思議な珠を装備した船であり、その珠を割ったり積荷(水)を捨てたりしてバランスをとりながら航行する。大体、潜水艦の空版と思っておけば良いと思う。
 この鴨田空輸の従業員である雪平は、社長が浮珠の調達に行っている留守番をしていた。そんな時、クニという見知らぬ少女が突然訪ねて来て、船を寄越せと山刀を突きつけられ脅される。紆余曲折を経て奉天を出航したものの、脱出の時のゴタゴタでロシア軍に追われる身となり、海上で追撃を受けることとなる。果たして無事日本につけるのか…、という感じのお話。

 雪平というのが非常にのんびり屋さんで、それを反映してか、物語の展開も少しかったるい所があるが、後半に行くほど前半の説明調が影を潜めてくるので、段々楽しくなってくると思う。ただ、今後どこに向かって物語を進めていくのか(クニの復讐劇とするのか、浮珠の謎に迫るのか、など)は現段階ではあまりはっきりしないところがあり、次への引きとして少し弱いかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/05 00:44

投稿元:ブクログ

『ジョン平とぼくと』シリーズが好きだったので3巻までまとめて買った。
ラノベの特徴である「短文で切る」というのが少なく、文体が性に合う。視点が若干揺らぐが、それはそれで味なのかもしれない。

しかし、この作家の特徴は、やはり「ユニークでいてあまり凝りすぎない世界設定」だろう。
舞台は日露戦争中の満州と日本。現実と異なるのは、空に生きる浮鯨の存在と、それから取れる浮珠、そして浮珠を利用した浮船。1巻は、ほとんどこれらの説明と、登場人物の説明で終わっている。こんなシンプルな設定だが、登場人物の描写とうまく絡んでいて、上記の文体と併せて飽きさせない構成になっている。

なお、ヒロインは「少女」だが巨乳である。巨乳とは一言も書いていないが、そう表現されている(イラストではなくあくまで文章で)。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む