サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. UNDER THE ROSE冬の物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

UNDER THE ROSE冬の物語(幻冬舎コミックス漫画文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

UNDER THE ROSE冬の物語 (幻冬舎コミックス漫画文庫)

著者 船戸 明里 (著)

憎しみと絶望の果てに、目も眩む閃光が胸を撃つ驚異のヴィクトリアン・ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

UNDER THE ROSE冬の物語 (幻冬舎コミックス漫画文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

2008/09/28 02:04

投稿元:ブクログ

「自分だけが

この世の全ての理(ことわり)を知り尽くしていると考えるのは

愚かなことだよ

ライナス・キング」

by ウイリアム


「Under the Rose 冬の物語 文庫版p130-131より」

2011/09/20 19:46

投稿元:ブクログ

二度読みするほどに面白かったけれど、つまりは登場人物全員が被害者面した父親の被害者だなと。最後はちと納得いかないなー。もっと意地張って欲しかった。

2013/08/08 21:26

投稿元:ブクログ

表紙が美しかったので。
19世紀英国が舞台。侯爵家令嬢の母が死んじゃって庶子として伯爵家に引き取られる11歳。複雑な感情とどろどろした激情のような物が始終渦巻いてる。

2008/06/28 08:07

投稿元:ブクログ

・・・人生で、本を読んで、こんなに絶望したのは初めてです・・・。
読後「うわああああああ!!;」と奇声を発して転げまわりたい気分でした。
陳腐な表現で恐縮ですが「愛は人を生かす」けれど「愛は人を殺す」、この矛盾が心をえぐる。
憎しみだと思っていたものが愛情だったり。
全てを通して一番やるせなかったのは「コートと絵本」。
最後の1ページ、最後の一言まで、深くて鋭くて温かくてたまらない。超おすすめ!

2009/06/16 15:53

投稿元:ブクログ

愛憎入り乱れるどろどろ話。完全な善人も悪人もいないところがいい。しかし周りが主人公になる人物に対して結構甘い気がする

2012/06/03 21:17

投稿元:ブクログ

文庫版があるんだ~と購入。主人公が嫌いでどうしようと思いましたが絵は綺麗過ぎる。と言うわけで微妙に評価が揺れました(笑)
が、あらすじで言えば嫌いな話なので評価はそういう方向で。

個人的には自分が傷ついているんだから他の誰をも傷つけていいんだと考える甘ったれなガキが大嫌いなので終始主人公が嫌いなままで終わりました。聖職者になればすべて救われると、許されると思っているのか?ふざけるな。…と、架空の人物に久々に本気で腹を立てました。自分が大人になった分、大人に寛容になったのか。子供のヒステリーについていけなくなったのか。微妙な所ですが。やはり馬を殺した辺りでどうにもすくいようが無いくらい、主役が嫌いになりました。絵はとてもステキでしたが。ハイ。

2008/08/19 23:35

投稿元:ブクログ

この作者さんの 「 若草一家で行こう 」 で
初めてキスシーンというものを漫画で見た。

2回目はるろ剣。


昔からキレイな絵を描く方で好きです。
離れて暮らしてたお母さんの死の謎を解こうとする
問題児とお父さんと異母兄弟たち。お父さんがんばりすぎ。

イイヒトだけど結構やりたい放題のお父さんを
どうして誰も責めないのかとちょっと思ったりする。

でも好き。

2009/10/29 00:29

投稿元:ブクログ

この作者さんは、某ライトノベルの挿絵で知って、その絵の美しさとハクリョクに魅力を感じていたものですが…そういえば描いてる漫画は読んだことないなあ、と思って。で、文庫化されているのがコレ1冊だったので、手始めにコレを購入してみた次第。やはり…久々に見るけど、ホントこのひとの絵はカッコイイなあ★ 美麗で、かつ力強い。しかも、この物語の背景である19世紀英国の貴族社会の雰囲気に、このうえもなくマッチしている。物語が視覚にすごく映える印象。当のストーリーの方は、ややホラーっぽさもあるダークなミステリ、ってカンジ? 黒いムードに気は滅入りつつも、読んでくうちに惹き付けられて、一気に読了してしまいました。家庭環境からか、えっらいヒネクレ曲がった性格の少年が主人公で、母の死の真相を探っていく、という、平たく言ってしまえばそれだけの物語なんですが。しかし、そこに肉付けされた設定が、これまた謎めいていて魅力的。主人公の母の死の真相、というよりは、舞台となったロウランド伯爵家、その一族が、一番の謎ですね。この1冊で物語としては一応の完結はされているのですが、それでもスッキリしない部分が残ります。オビのアオリに『「ロウランド家の物語」は終わらない。』とあるように、まだこの続きがあるようです。コミック単行本も現状のところ5冊ほど出ているようですが、まだ“以下続刊”のようですし。…つか、それなら文庫版の続きが出てくれるのはいつになることやら、ですよねー(-.-;) どうせなら、完結してから文庫版だそうよ? と思わないでもありません。とりあえず気長に文庫版の続きを待つつもりではありますが…さて、どうしたものか。

2008/09/28 19:27

投稿元:ブクログ

 UNDER THE ROSE の「冬の物語」を文庫本にまとめた本です。

「その真実は誰を殺すか」
 この本の帯に記された言葉がこの物語のすべてだと思う。19世紀の後期のイギリス、ライナス・キングは母グレース・キングの死を追い、弟と共に没落したキング侯爵家の住まう海辺の荒屋から父であるロウランド伯爵の館にやってくる。ロウランド伯爵には正妻がおり、グレースは伯爵の愛人だった。母はなぜ死んだのか。ライナスの孤独とグレースの孤独。どちらもが鋭く胸に迫り苦しい。最後にライナスが知るたった一つの変えようのない事実と共にかかる虹と創世記の一編が美しい。
 この本の装丁と解説がとても好きです。

2009/04/17 21:16

投稿元:ブクログ

Y氏が以前からお勧めしてくれていたのいたのですが、ようやく5巻まで買いました。
でも現時点でまだ4巻を読んでいないのであえて文庫版の1巻の表紙。

心理描写が半端ないですね。
心臓が狂いそうです。

言葉が足りないのか言葉があふれ出てきすぎるのか、私には語れません。
語りきれません。

とにかくよかったです。
それしか言えない。

2012/07/07 16:15

投稿元:ブクログ

ボロッボロに泣いた…。こんなのずるいじゃん泣くじゃん。愛の物語でした。異母兄弟やら父やら母やら愛人やら使用人やらが繰り広げるドロッドロのすれ違いの愛憎劇。ライナス君のキャラクターがナイフのようにスッパスッパとよく切れて、まっすぐに屈折していて激しくて幼くて、見ててとても悲しくて愛おしかった。

2010/01/16 22:08

投稿元:ブクログ

表紙に釣られて買った。最初は意味が分からなかったけれど、何度も読むとかなり深い物語。ここから、あんだろにはまって行くのであった……。

2010/09/15 15:48

投稿元:ブクログ

薄暗いです。ですがすごく奥深い物語でもあります。
読み手の好みが激しく分かれる話だとは思いますが、私はこういうずぶずぶと沈んでいくような話がすごく…すきです…。

2013/12/29 22:56

投稿元:ブクログ

 おもしろかったです。長男が好みです。
 …感想を書く前に作者のサイトで、あとがきを読んでしまったので、それ以外いうことがない。要約(7巻のあとがきの最後に書かれている文)が、思っていたのと合致したので安堵しました。

2013/12/29 23:36

投稿元:ブクログ

物語の密度が濃い。登場人物は多いぐらいなのに、それぞれがきちんと特徴を持って描かれている。鬱屈した、また鬱屈せざるを得ないような主人公と十九世紀英国という舞台。それに見合うだけの寒々しい雰囲気が凄い。

マンガ文庫 ランキング

マンガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む