サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867184-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃 (電撃文庫)

著者 藤原 祐 (著)

人間ではない『一族』がいた。ある山の奥深く、人の手の届かない場所で里を作り、ひっそりと暮らす—女しか生まれず、それ故に滅びかけていた『あやかし』。今までも、これからも、彼...

もっと見る

アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃 (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃

616(税込)

アカイロ/ロマンス 少女の鞘、少女の刃

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間ではない『一族』がいた。ある山の奥深く、人の手の届かない場所で里を作り、ひっそりと暮らす—女しか生まれず、それ故に滅びかけていた『あやかし』。今までも、これからも、彼女たちは人の世から隠れ、人の世の狭間に生きていく、そのはずだった。しかし、その日。『一族』が起こしたある諍いは、小さな波紋となって町へと広がっていく。その結果として霧沢景介と灰原吉乃の前に現れたのは、枯葉と名乗る少女だった。彼女がふたりにもたらしたのは、運命か、或いは—。藤原祐×椋本夏夜のコンビが送る現代伝奇ファンタジー、ここに開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

2010/08/14 22:32

投稿元:ブクログ

がぁぁ!びっくり!!
いつの間にかケータイから更新できるようになってるし(^^;)

で、本だけに、本題(阿呆)。
藤原さんがこの本の前に書かれたレジミルがかなり面白かったので、
かなり期待してみましたが…

うーん、なんか、正直、がっかり…

言い回しが、なんだか好きになれないなぁ…

2010/09/24 13:58

投稿元:ブクログ

巻頭カラーの挿絵で、突然「妾の夫になれ」なんて出てくるので、
よくあるラブコメな感じなのかと一寸ひやひやしてしまいました。
藤原祐さんの作品は、「ルナティック・ムーン」、「レジンキャストミルク」
と読んでおります。
そんな訳ないですよね…。

秘密と苦悩を孕む鈴鹿の一族の争いに主人公と吉乃は巻きこまれる訳ですが、
其れ以上に人間の社会にも当たり前の様に存在して消えない闇を感じました。
意思を持った存在が群れをなす以上、こういうのは仕方のない事なのでしょうね。

2009/11/07 00:45

投稿元:ブクログ

何となく気になって買ってきた(作者様の前作のレジミルは未読)。
学園異形物・・・と思ったけど1巻終了時でほぼ日常は崩壊してしまっているような・・・。
何というか、おどろおどろしい中に凛としたものがある、この雰囲気は割と好きです。
今後の枯葉と景介の関係に注目!

2012/02/08 22:43

投稿元:ブクログ

いつも大人しく、引っ込み思案な内気なクラスメイト。
まさか彼女がいじめられているのを知った日に
永遠の別れがくるとは思わなかった。
おまけに、その感情まで知る事になるとは、確実に。

色々な意味で『ぎょ』です。
まず最初、次に発言、そして人間関係。
ミステリーもそうですが、ある意味閉鎖空間なので
持てる材料で考えて下さい、な状態だというのに
まったく気がつかず…。

とりあえず、非現実へようこそ、になった彼は
これから先どうするのでしょうか?
そして彼女を首だけにした人はどこに?
当然お姉さんも、誰かに奪われた、というわけですし…。
謎、山積みです、当然ですがw

2010/03/26 20:53

投稿元:ブクログ

「レジンキャストミルク」でお馴染みの藤原さん、椋本さんのタッグ。
主人公の景介と枯葉の心の距離がどうなるのかがとても気になります!

追伸
私の一番好きなキャラは、灰原さんですね。かわいいです。

2010/02/14 20:09

投稿元:ブクログ

 著:藤原祐、絵:椋本夏夜…となると前紹介した「レジンキャストミルク」(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=560343083&owner_id=13812361&org_id=559228121)のコンビですね。


 この組み合わせなら…という予想を裏切ることなく、相も変わらず鬱展開でなにより。
ある程度予想はしてたとはいえあの人から真っ先に死ぬとは予想外でした。てっきりヒロインかと思ってたよwww


 内容としては異能、異種族モノのバトルファンタジーといったところでしょうか。この辺も前作とさして変わらず。
ただ和テイストなこともあり、個人的にはこちらのほうが親しみやすく好み。とはいえ前作を読んだ方ならすんなり暗くなれると思いますw


 初めての方もこちら先にを読んでみるとこの方のスタンスみたいなものがわかるかもしれません。

2015/05/16 09:22

投稿元:ブクログ

本編全6巻完結。他に電子書籍で短編集が出ているが未読。
第1巻の巻頭イラストで登場人物達が紹介されるなかで、この娘が悪役だなと決めつけて読んだら予想を上回る化け物だった。
着物とチェーンソーが良い。

2010/12/09 14:32

投稿元:ブクログ

始まってけっこうすぐに友達の女子高生が死んでしまう衝撃の展開!
そのうえ、その首を斧で切ってすげ替えるとか、まるでゾンビみたいな死人の存在とか……はっきり言って、そうとうダークでグロテスク。
でもそこをわりとさらっと流して描写することで読者がいやになる一歩手前で押さえていると思う。
ていうか、そうじゃなきゃ、わたしには読めなかったよ。
ダークな話は正直苦手なので。

でも、話の展開や、主人公やヒロインたちの”想い”はけっこう好き。
なので読後感としてはちょっとビミョー。
続きをもっと読んでみたいような、もう見たくないような。

それにしても作者の前作もちょろっと読んだことがあるけど、こういう感じが作者の持ち味なんだろうな。
けっこう人を選ぶ作風な気がする。
イラストとのギャップがまたすごい。

2015/10/30 18:37

投稿元:ブクログ

 発想としてはもしかしたら面白いのかもしれないが、でも少しありきたりなのかもしれない。
 内容は、幼い頃に姉を謎の失踪で失ったことでひねくれながら生きていた少年が『あやかし』から求婚され、その少女の一族の因縁に巻き込まれていく感じ。
 この作品の肝は『人を失うことへの痛み』なのだろうが、あまりにも主人公がそれに拘り過ぎているので共感できないようならそれほど楽しむことは出来ない気がする。
 残念だったことはラストがあまりにも唐突で救いようがなかったことかな。それまで散々失うことを恐れ、失わないための決意さえしたというのにあっさりとある敵の出現によって努力は無に帰す。そもそもからして失わないためにと言いつつ、本当は既に手遅れで誰もが救われないことなんて確定しているような状況なのだ。そんな内容だとどうしても楽しんで読むことが難しくなってしまう。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む