サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. AURA 魔竜院光牙最後の闘い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

AURA 魔竜院光牙最後の闘い(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/356p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451080-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

AURA 魔竜院光牙最後の闘い (ガガガ文庫)

著者 田中 ロミオ (著)

その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい—。そこには、...

もっと見る

AURA 魔竜院光牙最後の闘い (ガガガ文庫)

679(税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト簡略版)

378 (税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より301おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)

670 (税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい—。そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。…いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。俺は高校デビューに成功したんだ!そのはずだったのに、この妄想女はッ!「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。田中ロミオ、学園ラブコメに挑む。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店盛岡店

この作品は、主人公の...

ジュンク堂書店盛岡店さん

この作品は、主人公の魔竜院光牙が、表紙の美少女とともに、剣や魔法で闘う、そんな話・・・・・・ではありません。
360度ひねった、ごく真っ当な青春小説です。
タイトルの意味は、読めばわかります!(コミック担当)

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

厨二病

2017/01/14 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

『中二病でも恋がしたい』というアニメがありましたが、まさしくあんな感じです。作品自体はこちらが先なので、本作に影響を受けたのかもしれませんね。
シリアスなものはラノベでは無理というのが相場なのか、本当の意味での深い感動を味わうことは困難でしょう。最低限の笑いはあるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クラス内政治と妄想の人々

2008/07/26 09:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

イタタタタ~な感じの、妄想電波学園コメディ
誰しも皆「自分の物語」を抱えて生きてるんですね~
妄想電波な人々の姿がドギツイです
コメディチックに薄めてあるので楽しく読めましたが、創作系の人間は抉られる思いがするかも知れませんね
学級政治の描写もリアルでシビア
「のび太の癖になまいきだぞ」というのは結構至言かもしれません
一度立ち位置が決められると抜け出せなくなりますからね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

田中ロミオ版『魔女ジェニファとわたし』?

2008/09/02 00:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TACHO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 …と、タイトル通りにまとめてしまうと少々大人しすぎるのですが、『青い魔女』との邂逅で始まる本編は夢と現実の関係性、その関わりの中で生まれる絆を描くと言う基本プロットは共通。しかし…何度読むのを中断して笑い転げ、また悶絶したことか(^^;;!
 作中の『妄想戦士』達ほど極端な挙に及んだ人間は多くはないだろう(そう思いたい)が、思春期に捕われた妄想や幼稚な勘違いなどは誰にも覚えはあるはず。『読む竹本泉』という高評価を既に得ていた作者の、毒の部分が今回は色濃い。
 教室、学園内の権力地図や人間関係の力学が生々しい割に読後感が陰惨でないのは、あの長谷川裕一的とも言える祝祭的なラストと、カニグズバーグ作品同様、人との関わりの中で人は自らを発見すると言う健全なメッセージゆえだろう。
 ある意味『ハルヒ』を超えてしまった作品とも言えるが、この二作品のヒロインを比較してみるのも興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界で一番キモちいい小説

2009/01/28 00:47

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青木レフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。単巻完結。ラブコメ。
ラノベを愛する人全てに必読の書。ラノベへの愛情に比例して面白さが増すアリ地獄のような不思議システム採用。ラスト盛り上がりは「正義を行えば人類の半分を敵にまわす」を思い出した。同作者同レーベルの「人類は衰退しました」シリーズより熱め。
実は黒幕が~だったとか、奇跡は本当に~とか、単純なストーリーにしない所がミソ。というか真骨頂。
萌えポイントは佐藤一郎序盤の信じっぷりだろうか。
巻等カラーイラストはブギーポップ先輩の「パンドラ」以来の高センスかと。(イラスト mebae デザイン 伸童社)
難点は
・売れるようなキャッチーなタイトルでない事
・ドイトってローカルなDIY店ではなかろうか
の2点か。

(投射by烏龍と鳥籠)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/16 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/22 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/02 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/10 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/21 02:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/17 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/14 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/08 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む