サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

顔のない裸体たち(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-129038-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

顔のない裸体たち (新潮文庫)

著者 平野 啓一郎 (著)

地方の中学教師・吉田希美子が出会い系サイトで知り合ったのは、陰気な独身公務員・片原盈だった。平凡な日常の裏側で、憎悪にも似た執拗な愛撫に身を委ねる彼女は、ある時、顔を消さ...

もっと見る

顔のない裸体たち (新潮文庫)

464(税込)

顔のない裸体たち

400 (税込)

顔のない裸体たち

ポイント :3pt / 紙の本より64おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地方の中学教師・吉田希美子が出会い系サイトで知り合ったのは、陰気な独身公務員・片原盈だった。平凡な日常の裏側で、憎悪にも似た執拗な愛撫に身を委ねる彼女は、ある時、顔を消された自分の裸体が、投稿サイトに溢れているのを目にする。その時、二人は…。人格が漂流するネット空間を舞台に、顰蹙の中でしか生きられない男女の特異な性意識と暴力衝動に迫る衝撃作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

さすがに文庫化にあたっては単行本の表紙のような装丁にはできなかったようですが

2009/01/02 12:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今から3年ほど前に単行本として出た時に、かなりの間買って読むべきかどうか悩んでいたのを覚えている。「モザイクをかけられた顔は、私なの?知らない間に裸の私がネットを歩き回っている!ここに書かれているのは、あなたのことかもしれない。ネット社会の罠を克明に描いて話題沸騰の問題作」という宣伝文につられたわけだけれども、それまで平野啓一郎を読んだこともなかったので、結局文庫化されるのを待ってしまった。まあ、気にはなったけれどその程度と言ってしまえばそれまでなのだけれど。
 で、読んでみたが、うーんと言うしかないか。
 一応(今や死語と化しているのかもしれないが)純文学に分類されるであろう作家の、ノンフィクションのような体裁をとった小説ということで、何とも中途半端な感はぬぐえない。最近の文庫は活字が大きくなった分ページ数がかさんでいるのだが、それでも180ページほどの内容は短編とは言えないまでも決して長くはない。語り口も新聞か雑誌の記事であるかのような(それを作者は狙っているのだろうけれど)淡々とした運びで、盛り上がりに欠ける。取り上げているものはネットの出会い系サイトであったり、いわゆる投稿サイトに登場してくる男女ではあるけれども、それはあくまで道具立てであって、そこにポルノのようなものを求めようとしても数ページ煽情的であるだけだ(でも、そこの部分は確かに電車内では読みにくかった)。
 文庫裏表紙には「人格が漂流するネット空間を舞台に、顰蹙の中でしか生きられない男女の特異な性意識と暴力衝動に迫る衝撃作!」なんて書いてあるけれど、ネットも顰蹙も暴力もそんなに強調されているわけではないように思う。
 むしろこれはやはり純文学であり、個としての人間がいかに人格形成をしていくのか、個として生きていくということはどういうことなのかというのを現代に即した道具立てで語ろうとしているのではないか。そう読めば少し考えさせられることもあるように思う。
 そんな点からみると、文庫の最後に収められている解説はあまりに投稿サイトや現代の性意識という点だけからこの作品を眺めている解説であり、作者が意図していたところを読み逃しているように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/17 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/24 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/17 05:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/31 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/03 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/06 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/09 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/18 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/18 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/18 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/24 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/12 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る