サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-5059-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 (GA文庫)

著者 あざの 耕平 (著)

新進気鋭の音楽家にして、神曲楽士のダン・サリエル。世間でその才能は高く評価されているものの、性格はといえば、傲岸不遜で傍若無人、唯我独尊な俺様—である。そんな彼がある日、...

もっと見る

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 (GA文庫)

659(税込)

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎

648 (税込)

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎

ポイント :6pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎」が含まれるセット商品

商品説明

新進気鋭の音楽家にして、神曲楽士のダン・サリエル。世間でその才能は高く評価されているものの、性格はといえば、傲岸不遜で傍若無人、唯我独尊な俺様—である。そんな彼がある日、一柱の上級精霊コジと出会った。この精霊がいたく気にいったサリエルは、珍しく自ら契約を申し出たのだが、すげなく断られてしまうのだった。意固地になったサリエルは、なんとか彼と契約を結ぼうと計略するのだが…。表題作のサリエルと、コジ、アマディアの出会いを描いた『ダン・サリエルと白銀の虎』ほか、全4作品を収録。サリエルの華麗な名演をご堪能ください。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

ダン・サリエルと白銀の虎 7−106
ダン・サリエルと栄光のヤマガ00壱型 109−193
ダン・サリエルと孤高の老楽士 195−286

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/09/26 14:48

投稿元:ブクログ

初ポリフォニカですがあざのさんだったので購入。
まったくポリフォニカ世界知らなくても、かなり面白かったです。
あざのファンとしては複雑ですが、作品の中で一番好きかも…

2010/05/27 02:18

投稿元:ブクログ

東京レイヴンズ読了直後に手に取ったのですが、え、こっちのがかなり面白いんですが^p^ ポリフォニカ初作品ですが、まだあざのさんの世界観だけで満足かな、という印象。こういうクセ者なキャラ書かせるとあざのさん本当上手すぎるわ…モモたん可愛すぎます。「~幸せな一日」でにやにやが止まらない。アマディアと二人でダブルヒロインの扱いらしいですが、ちょぉっとサリエル様のお相手はモモたんで突き進んでほしいかなぁあーあざの先生どうか何卒!><

2009/07/20 21:35

投稿元:ブクログ

テンポの良い文章と会話!それに絡む音楽!この本を読んでからあざのさんのファンになりました。なによりキャラが魅力的で動く動く。話もコメディなだけではなく、サリエルの葛藤は苦くも美味しい。

2008/09/14 11:01

投稿元:ブクログ

短編集『ぱれっと』から十三ヶ月、遂に満を持して『ダン・サリエル』シリーズ化キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

『白』と同じく、キャラクター原案で山本ヤマトさんの名前が入っていたりはしなかった。何でだ……。
シリーズ化するに当たって、今までに『ポリフォニカ』でやられていないことをやろうということで、連作短編集形式に。
冒頭でサリエル達がタイトルに色が入っていないと自分達で突っ込んでいて吹いた。

『ダン・サリエルと白銀の虎』
 表題作。『ぱれっと』に収録されていたものを再録。あざのさん目的で『ぱれっと』を買った人は涙目。
サリエル、コジ、アマディアは大体、山本さんが描いたそのままなんだが、サリエルの契約精霊モモだけがXEVOLUTIONしてる件。判り易く言うと、滅茶苦茶可愛くなってる!

『ダン・サリエルと栄光のヤマガ00壱型』
サリエルとユフィンリーの単身楽団自慢合戦。ということで、『赤』からユフィンリーを筆頭にフォロン、コーティ、レンバルトが登場。ユギリ姉妹の出番は無し。
完全にコメディ一直線な話だが、大変面白かった。

『ダン・サリエルと孤高の老楽士』
前話とは一転して真面目なエピソード。要するにサリエルは極度のツンデレなんですね、分かります。
で、サリエルとデートのつもりでおめかししてくるモモが可愛過ぎる。

『モモ・パルミラ・ファルスタッフの幸せな一日』
おまけ。ずっとモモのターン!!

つーわけで、新シリーズ第一巻でした。非常に良質なエンターテイメント作品に仕上がっていたように思います。
『ぱれっと』で読んだときはサリエル、モモ、コジ、アマディアの四人の話だという印象を受けたが、いざ文庫になってみれば、ずっとサリエルとモモのターン!!タイトルは「ダン・サリエルと中級精霊モモ」とかにするべきだと思うんだ。アマディアなんぞ最早サブヒロインっていう扱いですらないじゃないっすか。
モモって何処で拾えるんですかね?

次は『アイソレーション・ブラック』。三ヶ月空いているのに、「またか」という印象が拭えない……。

2009/08/10 23:32

投稿元:ブクログ

ポリフォニカ“銀”シリーズの第1弾。

面白いです
ポリフォニカシリーズの中では一番好きかも。
軽い感じでもあり、シリアスなところもあり。
基本アクションはなしかな。

2010/04/06 19:04

投稿元:ブクログ

ラノベにしてはなかなか面白い。語り口が軽妙で、キャラクターが立っているので、読んでいて不自然な感じは全くしない。面白かった。

特に2話目がいい。ユフィンリーかわいいなあ。

喜劇を文字で読ませるのは凄く大変だと思うけど、頭の中にシーンが浮かんでくる文章が素晴らしい。

私は、ポリフォニカの世界観をよく知らないので、他の作品がどうだかはわかりませんが、チャンスがあったら読んでもいいかな。といった感じ。

100円だったけど、これはひろいもの。

2011/01/10 03:47

投稿元:ブクログ

 新シリーズもいいけど、世界観についての話をもっと進めて欲しいなぁ。まあ、物理メディアではいい感じに進んでるのかも知れないけれど。

2011/07/24 12:39

投稿元:ブクログ

ポリフォニカシリーズは初めてですがとても読みやすくて良かったです。
音楽を愛する演奏者達(主人)とそんな彼らに惚れ込んだ精霊(従者)のドタバタした温かい日常を描いたものです。

実力が伴った俺様サリエルと、健気で一生懸命なモモの掛け合いがとにかく面白い。その主従にサブキャラが絡んできて、小説がますます賑やかになってます。

続編もあるようなので機会があれば是非読んでみたいです。

2013/01/25 20:30

投稿元:ブクログ

【再読予定】ポリフォニカ白銀1巻。面白かった。
天才肌のサリエルと、契約精霊のモモの物語。単品が4編くらい入っている感じ。コミカルで読みやすい。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む