サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

椿姫(光文社古典新訳文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/491p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75161-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

椿姫 (光文社古典新訳文庫)

著者 デュマ・フィス (著),西永 良成 (訳)

美貌の高級娼婦マルグリットは、パリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な日々を送っていた。ある日、青年アルマンと出会い、初めて誠実な愛を知る。マルグリットは享楽的な生活を捨...

もっと見る

椿姫 (光文社古典新訳文庫)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美貌の高級娼婦マルグリットは、パリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な日々を送っていた。ある日、青年アルマンと出会い、初めて誠実な愛を知る。マルグリットは享楽的な生活を捨て、パリ近郊の別荘で二人の幸福な生活が始まる。だが、噂を聞いたアルマンの父が駆けつけて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.2

評価内訳

心の奥深くに届く、極上の恋愛小説。

2012/03/21 20:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日ノイマイヤーが振り付けしたバレエ「椿姫」を観て、
その奥の深さにおどろき、原作を読んでみたのだが、
胸をしめつけられるような、せつない話だった。
「椿姫」には、ただの恋愛のいたみだけではない、せつなさがある。
家族、友情、そして献身について、考えさせられてしまうのである。

作中には、愛とか愛していますとか愛し合うという言葉が頻発する。
あんまりにも容易にそれらをつかいすぎなんじゃないか、と思うほど。
しかし、後半に入ってくると、
読者は、これらを多用した効果を感じないではいられないし、
その言葉の意味をじっくりと考えずにいられないだろう。

高級娼婦であるマルグリットと平凡な青年アルマンとの恋なんて、
まったくの別世界のできごとで感情移入などできないと思っていたが、
マルグリットの心境が変化していく後半から、なんともせつなくて
ためいきをついたり、目がうるんできてしまったり。
完全にこの19世紀のパリの街に住むふたりの世界へ連れて行かれた。

332ページ。『あたしたちはこうして静かに暮らし、これからもっと
静かに暮らしていこうとしているだけなのに』という淡々とした表現の中に
マルグリットの切実な願いが込められていて、ぐっときてしまう。
そして、ふたりのいきいきとした日々に、マルグリットはピリオドを打つ。
401ページのアルマンのみじかい手紙には、泣かされてしまった。
これを読んだマルグリットは、いったいどんな気持ちがしたのだろう。
哀しみという感情で自分自身が張り裂けそうになったことだろう。
涙も出ないくらいのショックと虚無感にうち砕かれたと思う。
アルマンも、彼女へのいとしさが本気だからこそのことだろう。
ふたりの気持ちが、それぞれ浮き上がってくるから、つらい。

クライマックスでは、マルグリットの手紙の中で、
彼女がなぜアルマンとの別れをえらんだのかが明かされる。
これを読んだアルマンは、おそらく前出のマルグリット以上に、
うちのめされることだろう。
だって、もうマルグリットとは二度と会えなくなってしまったのだから。
彼女はほんとうの意味で姿を消すまで、別れの理由を伝えなかった。

この話には、揺れ動く政治情勢や民衆のようすなどはまったく書かれていない。
ただひとりの青年の追憶、しかも、ある女性のことをどれだけ好きだったかが
綿々と綴られる。この時代の激動を考えれば、能天気な小説といえるかもしれない。
それなのに、読んだ後のこの重厚さはなんだろう。
アルマンはマルグリットの美貌に惹かれていったが、彼のその誠実な好意によって
彼女の持つ本質的な気高さが引き出されていった。
人としての誇りをみつめ、掘り下げていく、極上の恋愛小説。
もっともっと、読まれていっていいのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/07 12:53

投稿元:ブクログ

愛は幸せだけじゃなく、強烈で恐ろしい一面も併せ持っている。読み進めながらそのように感じました。
狂おしいほど愛するがゆえに一度裏切られたと思ってしまったらこんなにも相手を憎んでしまうのか、と。少し冷静になって考えていればアルマンとマルグリットの運命も別のものになっていたかもしれないのに。。しかし、実際自分が夜中歩いて愛する人に会いに行ったのに、裏切られたと知ったら(悪い意味で裏切ったのではなく、自ら愛を犠牲にしたんですけど;)、冷静にはいられないかもしれないですね。ただ、別れた後の二人は不憫でしょうがなかった。愛ゆえに、か。。
(今回後書きまで読んで、作者があの『三銃士』などを書いたアレクサンドル・デュマの息子だとはじめて知りました。アレクサンドル・デュマ・フィス。そういえばどこかで聞いたことのある名前だったなと)

2010/02/11 18:40

投稿元:ブクログ

名前はよく知っているのに、内容をまるで知らなかったので読んでびっくりしました
こんなストーリーだったとは
いつのまにか、このじれったさを楽しめるようになったんだなぁ

2012/11/26 17:05

投稿元:ブクログ

160年も前に描かれたフランスの作品です。

高級娼婦と青年とのお話。
やはりどんなに時間が流れていようとも
男と女の関係は変わらないものですね。

娼婦のマルグリットが余りにも健気でなんともやるせないです…。。

長い間読まれている作品だけあって、安定感は抜群ですねー!

読んで損はしない古典作品です。

2011/09/27 12:47

投稿元:ブクログ

恋愛心理はやっぱりフランス文学に限るなあと思った。
恋愛の美しさ、切なさ、残虐さ、みっともなさ・・・こんなもんなんだけど、だからこそ人は恋愛にのめり込んでしまう。
「椿姫」は高級娼婦との悲恋話。
会話文が多いし、訳文が読みやすいから、おフランス恋愛心理小説の入門としてもおすすめ。

2010/03/05 23:52

投稿元:ブクログ

読んだことはあるはずだが、こんなに退屈だったかな…。一言で言うと、「なんてかわいそうな僕たち」という感じである。マルグリットを讃える言葉もみな、娼婦を低く見る認識があってこそのものだろう。ふつりあいな男女、結ばれない宿命、というテーマであれば、欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーヴァー」の方がだんぜんよいと思う。

2009/03/02 12:35

投稿元:ブクログ

2009.02
感動する話なんだろうけど、「ふーん」で終わってしまった。アルマンじゃなくて、マルグリットの視点からの方が面白いものが読めたかも。
ちなみにアルマン=桜小路くん、マルグリット=歌子さんのイメージ。

2008/08/18 12:44

投稿元:ブクログ

皆大好き椿姫!悲恋の定番作品です
デュマの実話を元に描かれているとか。
何故かとても人気があって、デュマ息子の唯一の出世作かもしれません
まぁこの人は確か父さんほどいっぱい書いていないかと(親父の荷は重かったんだね)
それでも椿姫が超ヒットしたので気にすることありません
元祖セカチューみたいなものです。
椿姫がヒットした際お父さんはこう言ったとか:「息子よ、私の傑作はお前だ」
親ばかですね。←

さておきハリウッド映画の中にはこれ絶対椿姫のパクリだろという作品がいっぱいあるので是非読んでみて下さい
これで友達と一緒に映画を見に行った時、これ椿姫のぱくりだよーと自慢出来たりしちゃいます
ちょっとインテリな部分をアピール出来ます
数年前ヒットした二コール様主演の某ハリウッド映画も椿姫を元にしています


2009/04/08 21:16

投稿元:ブクログ

大好きな椿姫の新訳ということでそれは読まねば。
表紙はマルグリットの魂と椿のお花?

これほどまでに恋に没頭できる二人が今の私には
ことさら羨ましく感じられる。お互いに愛し合っているのに
一緒になれないのは辛すぎるけれど。
私が悩んでることなんて些細なことでもっと自分に正直に
なるべきなのかも。心揺れまくり。

マリー・デュプレシーのお墓には現在でも花束が絶えないそう。
私もいつか献花しに訪れたいです。

これを読んだら是非次は「マノン・レスコー」の新訳も読みたくなる。
光文社さんお願いします!

2011/02/05 20:36

投稿元:ブクログ

アルマン(と彼の家や妹)のために身を引くマルグリットと、マルグリットが自分のもとから去った本当の理由を知らずに彼女を傷つけるアルマン。
傷つけられた事実さえもアルマンに愛された証なのだと言ったマルグリットの強さとアルマンへの愛がせつなくなる。
すれ違いや相手を想うが故の嘘は悲しいな。

小説についての考察や時代考証など、解説もとても良かったです。

しかし、アルマンの親の年金を相続し毎日働きもせずに観劇や賭博にふけり、さらには月単位の旅行に気軽に出れる生活が心底羨ましいです…。

2010/05/03 14:02

投稿元:ブクログ

そうだなぁ。高級娼婦という職業だからしょうがないのに、このアルマンさん。なんて小さい男なんでしょうとおもった。
やり返して後悔するくらいならやらなきゃいいのに・・ばかだなぁ・・
まあ、でもマルグリッドさんもこの純真さにひかれてしまったんでしょうけど。。。

2010/06/16 00:18

投稿元:ブクログ

アルマンの幼さと嫉妬深さが、ひたすら腹立たしいです。マルグリットにも若干の非はあるけれど、綺麗でなくとも綺麗であろうと足掻く姿勢は健気で、好感がもてます。「人の弱さ」「人間らしさ」を文学に求める方にはお勧めです。

2012/11/21 21:48

投稿元:ブクログ

今も昔も、原作ヒット→舞台化って流れはありがちなのね。オペラではとばされてる細かい描写が読めて満足。構成がよくできていて、後半に進むにつれ前半の墓場のシーンがきいてきます。

2011/11/23 15:16

投稿元:ブクログ

死の床に伏しているマルグリットのアルマンへの言葉に思わず、涙。

『椿姫』=ファム・ファタルとよく聞くので、作品の中でもずっと引用さている『マノン・レスコー』と比べてどんなに残酷な女なのかと思ったら、ひどいのはアルマンの方だった…

マルグリットも周りの人々もアルマンに散々、「玄人の女」の現実を教えてあげているのに、嫉妬にかられ、愛するマルグリットをも苦しめようとする、その姿は滑稽だが、誰の心の中にもアルマンのような愛情が隠れているのだろうと感じた。

2010/10/23 20:23

投稿元:ブクログ

最後は泣いてしまいました。。
椿姫ことマルグリットの悲しい決断、最後の瞬間がとっても辛かったです。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む