サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 人間不平等起源論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人間不平等起源論(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75162-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)

著者 ルソー (著),中山 元 (訳)

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)

842(税込)

人間不平等起源論

756(税込)

人間不平等起源論

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

差別の起源

2016/12/19 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みそあじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーの読ませる文章が光る1冊ですね!
人間はなぜ不平等になったのか(そのままですね(笑))について書いてあります!

ルソーは自然状態では争いが起きないと仮定し自論を進めていきます。

ルソーの文章は理論に説得力があるのでどんどん読み進めていけます。

こちらがハマったのなら「社会契約論」もぜひ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国民が本当の自由と平等を享受するとはどういうことが分かります!

2016/07/31 10:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、フランス革命を導いた哲学者ルソーの作品です。かなり有名な作品ですが、なかなか内容にまで精通した方は珍しいかもしれません。実は、本書とルソーのもう一つの作品『社会契約説』を読むことで、ルソーが目指した国民が真に自由と平等を享受するとはどういうことか、国民が権利を行使する民主主義社会とはどのような社会かが見えてきます。これまでにルソーを読まれた方々も、これから読まれる方々も、こうしたルソーが目指した真の社会制度について考えながら読んでいただければと考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/22 00:50

投稿元:ブクログ

図書館で予約。
「告白」を読もうとしてるんだけど、ルソーの本はここから読むべきだってジェラールが言っとったわ…(なんだそりゃ)

2012/09/23 07:14

投稿元:ブクログ

自然状態の解釈に若干の古さはあるものの、やはり社会科学のもっとも基本的な文献の一冊としてあげたい。歴史学も考古学も、ここからはじめるというのもひとつのアプローチかもしれない。

2009/09/03 19:58

投稿元:ブクログ

やっと読めました。1755年!?本当に革命以前で貴族がいた時代とは思えない思想。神様です。現代に甦ってほしい本当に。今なお古さを感じない思想です。本当に素晴らしい。
関係無いですが翻訳本に星をつけるのはとても難しいです。特にこういう既に翻訳されている本の再訳。私はフランス語はできないのでもちろんこの本を原文で読むことはできないからルソーの書いた文章そのものを評価することはできないし、翻訳されると翻訳家の技術を通してこの本を読むことになるので果たしてこの評価はルソー自身についてなのか翻訳家を通じてなのか自分でも分からなくなります。少なくともこの翻訳では真っ直ぐにルソーの文章を受け取った感じはしなかったので星4つは翻訳家の分厚いフィルターを通じてのこの本への評価です。(別に翻訳が悪いとは言ってません。むしろ読みやすかったけど。)

2010/04/11 15:54

投稿元:ブクログ

人間はどの時点から、差異化を始めたのか?
それにルソーが迫る。
今日的な視点から見れば疑問が残る部分も多いが、示唆に富む一冊。

2016/01/21 10:23

投稿元:ブクログ

社会契約論よりは読みやすい部類に入るでしょう。
ただし、解説なしで読むのはかなりつらいので
面倒くさくても、解説はきちんと読みましょう。

そもそも私たちが人間としての
人と協力し合う、という選択肢を選び始めてから
不平等というものは生まれてしまったのです。
だけれども、原初に戻る?と聞かれて
私たちはイエスということはできないことでしょう。
もう戻るには遅すぎます。

そして、この本を読んでいて違和感を覚えるでしょう。
これって、今の状態のままじゃないの。
結局富めるものは強いまま、
そうでないものは搾取されるまま。
自由に生きることさえ、許されないわけで。

2010/09/02 07:37

投稿元:ブクログ

2010.9.1

ルソー=社会契約論ってイメージはあったけど、中身はきちんと知らなかった。文化人類学的な発想で、現在の不平等がどのような経緯で成り立っているかを考察する。キーコンセプトは野生人という概念。

序文の「ジュネーブが誇るのは人間だけです」は、ぐっときた。

2010/10/16 22:16

投稿元:ブクログ

人間はなぜ互いに憎しみ合ったり、嫉妬しあったりするのだろう。なぜ不平等は生まれたのだろう。そういう骨太な問いに、18世紀を代表する知性が正面から取り組んだ傑作。とても感動した。

この問題を考える上で、ホッブズやロックらの先輩思想家がそうであるように、ルソーもまた社会が成立する前の「自然状態」を考える(ちなみに、なぜ彼らがそろって実際の歴史の探究ではなく理論的に過去を遡及するのか不思議だったが、そういう戦略をとらざるをえない理由が解説に書いてあった)。そして、ルソーはホッブズやロックの「自然状態」について、それらはすでに社会が成立した後の観念を反映させてしまったものだと批判しつつ、彼独自の人類の起源を探究していく。そして次にそこから、どのようにして「社会」が成立し、現在のような不平等に至るのかを説明するのだ。

まさに壮大な思考実験。人間性の本質は何か、私たちはどうしてこのようにふるまうのか、それを考え抜いた思考の軌跡がこの一冊だと言っていい。そして、ルソーが辿りついた結論はよく言われる「自然に帰れ」ではない。僕はこの本で初めてルソーの思想を知って驚いたのだが、ルソーはそんな復古主義的なことは全然言っていない。「わたしのような人間にとっては、あれこれの情念のおかげで、もはや原初の単純な暮らしぶりをすることは永久にかなわないことだ」(p225)といい、「美徳を学び、次にこれを実践する」ことを通じて、人間を高めていくことを決意する。おそらくこの決意が、次の『社会契約論』につながっていくのだろう(執筆時点で未読)。

また、もう一つ強く僕の印象に残ったのが、ルソーが自然状態の原理の一つとして「憐れみの情」をあげていることだった。これは、アダム・スミスが『道徳感情論』で同感能力を人間の基礎に据えたのと似ている。もちろんルソーはそう主張するだけの根拠もあげるのだが、僕はどうしてもそこに人間性に対するルソーの期待のようなものを読み取ってしまう。彼は、不平等な現実社会を見ても、決してあきらめていない。まして「自然に帰れ」などの復古主義を唱えてもいない。人間の現実を見つめながら、それでも希望を失わず、よりよき社会を構想した思想家なのだ。そして実際、彼の思想がフランス革命とアメリカ独立革命を用意していく。それが僕たちの社会へとつながっていくのである。現実社会の中で生きる者として、僕はもっと、こういう思想家の文章を読まねばならないと思う。

2012/02/14 18:06

投稿元:ブクログ

ルソーの意識は、マルクスと同様、今ここの社会の悲惨な現状がいかにして興ったのかを知ることにある。
そのために、社会への成り立ちを、自然状態から説明する。

ルソーは、現代が自己の外=他律的にしか自己の価値が定まらないという、吉本隆明が言うところの〈関係の絶対性〉を問題視するために、
社会状態に移行する前の自然状態では、
誰ともかかわりをもたない「孤独な生活者」として人間を描く。

人に備わっているものは、次の3つ。
自己改善能力、自由意志、憐みの情。
だが、社会性のある生活ではないので、最後の項はほぼ潜伏している状態でしかない。

そこから社会への移行は、天変地異が起らなければありえない、という事態になる。
人類学的な知が進歩しはじめた18世紀ならではの、記述は面白いが、
やはりそれでもロマンチックといわねばならない。
ただ、こういった物事の想定は、寸部たがわず事実である必要はないので、
こういったやり方しかできないことも確認しておくべきである。

人とかかわりだした社会状態こそ、戦争や悪徳などの悲惨さを生んだ原因であると、ルソーは設定する。
裏を返していうと、彼は人間の源型自身を救おうとしているのだ。

さて、この論文は、主な目的は自然状態を描くことにあったから、
〈社会契約〉の具体的記述は『社会契約論』を待たねばならないし、
また関係の絶対性に関しての処方箋も出されていない。

ただ分かるのは、自然状態に戻ればいいというのではないということ、
大きな現代の悲惨さの隅に、一部、哲学や理性が残っていると言っていることから、
この哲学や理性が如何にして、他律中心の社会から自律をちょうどいい場所まで回復させるのか、といったことが私たちに投げ返されているということだ。

2016/08/18 03:36

投稿元:ブクログ

人が、土地を柵で囲って私財を主張するようになって以来、不平等は拡大。闘争状態を収めるために、法が導入された。自由を守るためには『腕に傷を負った人が体の残りの部分を守るために腕を切断することに同意するかのように』その一部を犠牲にする必要があった。それがのちに王権国家へと発展する。西欧の民が航海を経て出会った“未開人”はキリスト教の力を以てしても、文明化しなかった。北半球の人々がいち早く手にしてしまった【知恵の実】はいったいどこにあったのだろう。世界史も宗教も、学びなおす必要がある。

2012/08/18 00:17

投稿元:ブクログ

高校時代から気になってたルソーの人間不平等起源論をようやく読んだ。18世紀フランス革命前夜のジュネーブにおける市民社会への真摯な想いに感銘を受けた。自然科学の知見は当然古いが、その思考の過程と導き出した人間社会に関する結論は現代でも褪せてはいないように思う。

2015/09/03 12:07

投稿元:ブクログ

//5分の2ほど読了。途中放棄。
私たちの使っている観念が、どれほど言葉を利用することに依拠しているかを考えていただきたい。文法が頭脳の働きをどれほど訓練し、容易にしているkを考えていただきたい。そして言語が最初に発明されるまでに、どれほどの長い時間と、想像できないほどの苦労が必要だったか、考えてみていただきたいのだ。これらの考察と、すでに指摘した点を考え併せてみれば、二減の精神の内に最初は単なる可能性として備わっていたものを段階的に発展させていくには、幾千もの世紀が必要だったことが分かるはずである。

2013/06/26 13:19

投稿元:ブクログ

自然状態=最上の状態、社会性を持つようになったからこそ、人間は不平等になってしまったんだ、という内容。簡単に言うと。
まあ掘り下げたりほかの知識があったりするといろいろもっと意味があるんだろうけど。
2013年前期水曜5限の読書会の、課題図書(?)。