サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. マーブル・アーチの風

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マーブル・アーチの風
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208958-8
  • 国内送料無料

紙の本

マーブル・アーチの風 (プラチナ・ファンタジイ)

著者 コニー・ウィリス (著),大森 望 (編訳)

毎年恒例の大会(カンファレンス)に参加するため、20年ぶりにロンドンを訪れたトムとキャスの夫妻。ロンドン地下鉄道をこよなく愛するトムは、旧友との再会を楽しみに地下鉄で大会...

もっと見る

マーブル・アーチの風 (プラチナ・ファンタジイ)

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

毎年恒例の大会(カンファレンス)に参加するため、20年ぶりにロンドンを訪れたトムとキャスの夫妻。ロンドン地下鉄道をこよなく愛するトムは、旧友との再会を楽しみに地下鉄で大会会場へと向かうが、駅の構内で突然の爆風に襲われる。爆弾テロか毒ガスかと瞬間的に思うが、風は一瞬にしてやんでしまう。どうやら周囲の誰もこの風を感じなかったらしい。ようやく到着した会場では、病気や離婚といった話題ばかりを友人たちが口にしているのを耳にする。そして、ホテルに帰るため、地下鉄に戻ったトムは、ふたたび暴力的な“風”に見舞われるのだった。20年前と明らかになにかが変わってしまったロンドンで、トムは“風”の謎を追って地下鉄を巡る…。やがて誰にでも訪れる人生のその時を、迫真の筆致で描いた表題作(ヒューゴー賞受賞)。ベヴァリーヒルズのセレブを相手に、いんちきチャネリングで荒稼ぎする女霊媒師に、ある人物の霊が憑依する。その人物とは、オカルト詐欺やニセ科学を批判しつづけた実在のジャーナリスト、H・L・メンケンその人だった…。サイキック商売を題材に描く傑作ユーモア中篇「インサイダー疑惑」(ヒューゴー賞受賞)。クリスマスが近づくなか、街では少しだけおかしなこと(みんなが動く歩道の片側をきちんと空けて立つ、帽子をかぶる人が急に増えた)が起こり始める…。侵略SFコメディ「ニュースレター」(ローカス賞受賞)。ユーモア、コメディからシリアス短篇まで、SF界を代表する小説の達人の傑作5篇を厳選。物語を読む愉しみにあふれた日本オリジナル作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ヒューゴー賞】20年ぶりに思い出のロンドンを訪れた初老の夫婦。衰えを身近に感じる男を、地下鉄に吹く異様な“風”が襲い…。誰にでも訪れる人生のその時を迫真の筆致で描いた表題作など全5篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

白亜紀後期にて 5−28
ニュースレター 29−88
ひいらぎ飾ろう@クリスマス 89−162

著者紹介

コニー・ウィリス

略歴
〈コニー・ウィリス〉1945年コロラド州生まれ。北コロラド大学卒業。「ドゥームズデイ・ブック」でヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞のトリプル・クラウンを獲得。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

やはり信じていたいのだ。

2008/11/26 22:42

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼこにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ネット上で住所を入力するとその界隈の、かなり鮮明な画像が閲覧できるという話を聞いて、私は最初犯罪がらみの話題かと思ったものである。疑いなくその界隈の住民にとっては迷惑で危険だから。それが検索会社の提供するれっきとしたサービス(サービス!)だと知り、驚くと同時に心底恐ろしくなった。一部の人には確かに便利なのだろうけど、他人の迷惑の上に成り立つ利便性を求める権利など誰にあるのか。そんな言い古されたことを、世界に名だたる(そして甚大な影響力を持つ)企業の経営者とかが理解していないという事実に身震いするのだ。
 表題作の牧歌的な響きに惹かれて読んでみたら意外と深刻な物語である。主人公が不意に地下鉄の駅で嗅ぎ分けたグロテスクな終末の気配。そして久々に会った旧友達との間に横たわる深い溝。片やゴミゴミと狭苦しい地下での、一瞬の悪夢のような恐怖。片や華やかな会合の場で突きつけられる、透明で分厚い壁に囲まれたような無力さと孤立無援の絶望感。この二つが絶妙に響き合い、主人公を真相究明の旅へと駆り立てるのだが、辿り着けばそれはなんと他ならぬ彼と彼の妻の身に迫りつつある、苦い現実だったりする。いやはや怖い話だ。
 けれども主人公は諦めない。
 結婚が航海のようなものならば、この夫妻が乗り込んだのはきっと無骨で不格好な造りの、けれどもやたらと頑丈な船ではないだろうか。折々押し寄せる荒波に翻弄され、滑稽なほど頼りない小舟だけれど、思いがけないしたたかさで幾度もの時化を切り抜けて来た。それが今また運命の巨大なうねりを前に、蟷螂の斧を振り上げて果敢に戦おうと挑んで行くのだ。なんか泣けて来るな。
 ウィリスの描く主人公達はいつも熱心で実直で忙しい。使命感に燃え正義を求め、どっちかと言えば理解者に恵まれないので一人でてんてこ舞いを演じている。そんな彼らの姿に同情したり共感したり他の登場人物達の身勝手さなどに辟易したり、読む方まで忙しくフクザツな気分になるのだが、それでもなお、懸命に何かを求める姿がちょっとうらやましく思えたり。大切なものを大切にする、そんな単純なことが往々にしてずいぶんと難しい世の中で、もがきながら前へ進むのは心細く切ないものだ。
 それでも彼らはいつだって、信じる心に背かない。
 信念を貫く行為は時に大変な勇気と労力を要する。でも多分、そうすることでしか得られないものがその先にはあるのだ。諦めるのは割に合わない。妥協するのは性に合わない。勝つ時も負ける時もあるけれど、困難を乗り越え信じる道を選ぶこと、その経験が自分の糧になるのだと、ウィリスの小説はいつも頷いてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/15 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/26 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/08 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/14 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/07 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/10 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/28 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/12 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/30 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/06 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/12 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る