サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

“文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-4484-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

“文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫 コラボアンソロジー)

著者 野村 美月 (ほか著)

瑞希の恋のために遠子が召喚獣対決を!?—『“文学少女”と乙女に集う召喚獣』。遠子がムッツリーニ殺人事件を解決!?—『“文学少女”と殺された莫迦』。旅行中の吉永家が階段部に...

もっと見る

“文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫 コラボアンソロジー)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

瑞希の恋のために遠子が召喚獣対決を!?—『“文学少女”と乙女に集う召喚獣』。遠子がムッツリーニ殺人事件を解決!?—『“文学少女”と殺された莫迦』。旅行中の吉永家が階段部にやってきて—『天栗浜のガーゴイル』。九重に強引に“召喚獣階段レース”に参加させられた階段部は?—『バカと階段と召喚獣』。交換入部をさせられることになった心葉と幸宏の運命は…『“文学少女”とやってきた走者』の珠玉の5編で贈る夢のコラボ集第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

“文学少女”と乙女に集う召喚獣 野村美月 著 5−63
“文学少女”と殺された莫迦 井上堅二 著 69−133
天栗浜のガーゴイル 田口仙年堂 著 139−182

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

あとがきも面白い

2008/10/31 15:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファミ通文庫10周年企画のコラボアンソロジー第2弾。全5編。

“文学少女”の作者による『バカテス』
『バカテス』の作者による“文学少女”
『ガーゴイル』の作者による『学校の階段』
『学校の階段』の作者による『バカテス』
“文学少女”の作者による『学校の階段』

対象作と自作のメンバーが入り乱れるのはなかなか面白く、イラストもコラボしているので、異なる絵師さんによる琴吹さんも楽しめる。そういえば琴吹さんの登場がやけに多かったな、文章でも挿絵でも。作家&絵師の間でも琴吹さん人気なのかな。というのも、各編の終わりに筆者と原作者のコメントとして、それぞれのあとがきが寄せられており、それが本編に劣らず面白いからである。作家も1人のファンであることがよくわかる。他作品の登場人物に詳しかったり、思っていることが同じだったりして、先生方も結構読んでるのね、という同族親近感も沸いて心地よい。『ガーゴイル』の作者がこれほど軽妙なあとがきを書くことも新鮮な驚きだったし“文学少女”の作者はこの企画自体にノリノリである。このテの企画物に難色を示す読者諸兄にこそ本作は「当たり」だとお薦めしたい。

今年は他にも電撃文庫15周年、富士見ファンタジア文庫20周年など、こうした企画物が目白押しで良い。5年後10年後にも行われるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/23 23:25

投稿元:ブクログ

文学少女シリーズの本だと思って借りてみたら・・・本人が書いている2次創作でした。
アンソロジってやつね

元ネタを知らなくても楽しめますが、
元ネタを知っていたほうがより、楽しめる本

コレをきっかけに他の作者さんの本を・・・ってのが狙いでしょうか

2011/04/19 23:26

投稿元:ブクログ

文学少女とバカテスのコラボが予想以上に違和感がなく、すごく楽しめました。でも琴吹さんと美波の会話が良かったですが、もう少し二人に祝福の光を…。それと作者のコメントも面白かったです。

2011/01/17 19:17

投稿元:ブクログ

「あの、私がどうかしましたか?」
帰り途中と思われる姫路さんがいつの間にか近くに立っていた。
「瑞希ちゃん、丁度良かったわ!」
「こんにちは、遠子さん。今日はどうしたんですか?」
「こんにちは。実はね、今日は吉井くんの頭が心配でここまで来たの」
今、天野先輩にサラッと傷つくことを言われた気がする。
「遠子先輩!それだとただの悪口です!」
「あ、そうね。ごめんなさい。そうじゃなくて、わたしたちは、その……」
「はい」
「吉井くんの思考回路に致命的な欠陥がないかと心配になってここまで来ただけなの」
これは丁寧かつ正しい日本語で言い直されただけじゃないだろうか。
「ご、ごめん吉井くん!別に遠子先輩は悪気があって言ったわけじゃないんだ!ただちょっと暴走しちゃってるだけで!」
井上君があたふたと手を振っている。天野先輩も井上君も何もしていなければ落ち着いて知的な感じがするのに、こうして見ているとなんだか親近感が沸くから不思議だ。”

野村美月 葉賀ユイ  「“文学少女”と乙女に集う召喚獣」
井上堅二 竹岡美穂  「“文学少女”と殺された莫迦<フール>」
田口仙年堂 日向悠二 「天栗浜のガーゴイル」
櫂末高彰 甘福あまね 「バカと階段と召喚獣」
野村美月 甘福あまね 「“文学少女”とやってきた走者<ランナー>」

面白かった。
特にバカテス。読めて嬉しい。
最後は甘酸っぱかったー。
井上君の女装姿がやばい。可愛い。
「ガーゴイル」だけは原作知らないけど、どの作品も元の作品の雰囲気を壊さずに作られていてよかった。

“「痛みはないだろ。ほら、神庭君も行くよっ」
返事をする間もなく、明久の召喚獣が幸宏の召喚獣を放り投げた。あっけなく壁を越えて着地する。続いて坂本の召喚獣も跳んで来た。
「さすがですね、吉井さんっ」
幸宏は明久を讃える。明久はその言葉にハッとし、
「今の、褒め言葉?」
信じられないという声を上げた。幸宏は「ええ」と頷く。
「……神庭君。君はいい人だ」
壁の向こうで感極まった声がする。そんなに大げさなことだろうか?
「明久が褒められるだなんて、明日の天気は血の雨か?」
「この世の終わりが近いのかもしれんのう」
坂本と木下も信じられないという目をしている。幸宏は突っ込むべきなのか少し迷ってしまった。”

2008/10/29 12:56

投稿元:ブクログ

コラボ文庫第二弾は『文学少女』?『バカテス』?どっちだ?『狂乱』のときは本当に『狂乱』一色だったけど、今回は四作品が入り乱れている印象。どっかの告知にはコラボ文庫第二弾は『文学少女』って書いてあった気がする。でも表紙描いてるのは葉賀さんなんだよなぁ。デフォルメ化されてる遠子先輩と九重部長が可愛い。あと、姫路さんのおっぱいがけしからんです。また、文庫化に当たって、挿絵が描き下ろされているのが嬉しい。

『“文学少女”と乙女に集う召喚獣』

「そう!その激しい痛みこそが愛なのよ!きっと坂本くんが攻めで、吉井くんが受けね」

うわぁぁああああああああん、遠子先輩が壊れたああああああ!
野村さんと葉賀さんがタッグを組んだ。つ、強過ぎる……!ふっくらした遠子先輩が可愛いです。心葉は完全に男子の制服を着た女の子です。

FBonlineで読んだときも相当にアレな内容だったが、今改めて読むともっとアレでナニだな。遠子先輩とムッツリーニのまさかのエロス対決とか最低過ぎるw

何がけしからんって、葉賀さんの手による琴吹さんのぱんつがけしからん。野村さん、本編で暴走出来ないからって、やりたい放題だな。

そして、琴吹さんと美波が意気投合しちゃう書き下ろしエピソードを追加収録。確かに、この二人の境遇って似てるんだよな。

『“文学少女”と殺された莫迦』

「とりあえずムッツリーニには布でも被せておこう。ちょっとグロいからね」

ムッツリーニの扱いw

前のコラボから続く形で今度は井上さんと竹岡さんがコンビ結成。
女装心葉にイラストキトゥアアアアアアアアアアッ!!何という美少女か。
内容はいつも通りの『バカテス』。つーか遠子先輩が溶け込み過ぎてる。

『天栗浜のガーゴイル』
『ガーゴイル』のコンビが執筆。出番無いけど、扉のデフォルメされた美冬姉さんと中村さんが可愛い。

筋肉を出した点は評価されるべきだが、本家本元の筋肉を読んだ直後だと物足りない。

『バカと階段と召喚獣』
『学校の階段』コンビ。唯一挿絵の描き下ろし無し。この後のコラボで甘福さんが力尽きたと思われ。正直な話、トップバッターの野村さんが全部持っていってるので、普通のコラボだと霞む。十二人を同時に動かす、その手腕は凄いと思うが……。

『“文学少女”とやってきた走者(ランナー)』
野村さんと甘福さんのタッグ。うわぁあぁああああぁあああああああああ、LOVEが!LOVE寄せがぁああああぁぁあああああああああああ!大変なことにぃいいいいぃいいいいぃEEEEEEEEEEEE!!

学校交流の一環で一週間トレードされる心葉と幸宏。心葉はひぃひぃ言いながら階段を昇ったり降りたり。幸宏は遠子先輩のおやつを描きながら、部室で二人っきり。え、何この落差!?つーか、遠子先輩、幸宏にも書かすのかよ!

で、心葉と幸宏が心配で様子を見に来ちゃう美冬姉さんと琴吹さんが可愛過ぎるんですが!幸宏に朴念仁なリアクションされる美冬姉さんも可哀想だが、実は階段部での活動中、肝心の心葉はいずみ先輩を見て、遠子先輩のことばっか考えてたという衝撃の事実がある琴吹さんが可哀想過ぎて泣けてくる。

甘福さんの描く遠子先輩に違和感バリバリってのは言っちゃ駄目!

いやしかし、野村さん、凄い手堅くまとめてくるな。LOVE寄せが強過ぎる。元々『バカテス』も『学校の階段』も好きらしいが、これが愛の力なのか……!

結論
そういうわけで、コラボアンソロジー第二弾でした。野村さんには是非もっと色々なコラボを書いてほしいです。特に、『まかでみ』と混ざったときにどうなってしまうかが見てみたい。

2009/10/29 12:12

投稿元:ブクログ

コラボ本。ぶっちゃけ完全に「文学少女」関連だけが目当てでした。
てか読後もやっぱし「野村先生凄ぇ!!!」でした。
自分が他のコラボ作品「吉永さん家のガーゴイル」「学校の階段」
「バカとテストと召喚獣」を知らないのも大きいですが、
筆力が野村先生群を抜いてますよ。
特に最後の「"文学少女"とやってきた走者」は凄い。

とはいえ「文学少女」を唯一他の先生が書いている
「"文学少女"と殺された莫迦」もなかなかどうして。
最初「天野先輩」て間違いじゃ…と思いかけたらちゃんと心葉くんは
「遠子先輩」と呼んでいる。
ちょっと暴れっぷりが足りない気もしましたが「文学少女」ファンの私にも
それなりに満足でありました。そして確かに○○姿の心葉君グッジョブ!

いずれの「文学少女」コラボもそうなんですが、
ななせたんのツンデレぶりが懐かしかったです。

正直真ん中2本は星2つなんですが(趣味に合わんので)、
野村先生の2作と竹岡先生絵の1作が補って余りありました。

2015/03/19 11:46

投稿元:ブクログ

文学少女シリーズのみ既読。作家によってキャラの動かし方が異なって面白く読めました。個人的にはバカテスのノリが良かったので、機会があったら読もうと思います。

2009/10/18 20:27

投稿元:ブクログ

 文学少女が目当てで、他の作品は名前を知ってる程度でしたが楽しめました。バカテスが気になります。
 しかし心葉くん、似合いすぎ。井上・竹岡両先生グッジョブ!(「殺された莫迦」)

2010/01/10 11:00

投稿元:ブクログ

「文学少女」と「バカテス」と「ガーゴイル」と「学校の階段」のコラボ短編集。ちなみに「文学少女」は読んでる最中で、「学校の階段」は全巻読んだ。「バカテス」はアニメを含めてこれからで、「ガーゴイル」は未だ読んでない。

どれも良かったけど、特に「バカテス」がらみの3作はかなり面白くて、本編も読んでみたいという気になる。
あと、この4作品は似たものキャラが多いのも特徴かな。特に「文学少女」のななせと「バカテス」の美波が意気投合してしまうエピソードは面白かった。「へそ曲がり」系ツンデレのななせと「暴力」系ツンデレの美波、これに「クール」系ツンデレの美冬が加わればファミ通文庫最強のツンデレトリオになりそう(笑)当然、ターゲットは思いっきり鈍感な心葉と明久と幸宏かな。

違う作品のコラボって、いい方に作用するといろいろな発見があって面白いものだよね。

2010/10/05 21:57

投稿元:ブクログ

学校の階段の作者のあとがきがイラッときたので-1させていただきました。
文学少女、ガーゴイル、バカテスはとても面白かったです。
学校の階段はストーリー性が自分にはあいませんでした。

違う作家のキャラをこの人が動かすとこうなるのか!!と嬉しくもあり、好きなキャラなのにこんな駄作にも書けるのかと悲しくもあり・・・・

2010/07/25 19:29

投稿元:ブクログ

これはいい!原作がわからなくても楽しめると思う。実際にガーゴイルは知らなかったけど、全部すらすら読めました!

2010/12/04 23:20

投稿元:ブクログ

ファミ通の4作家がお互いのキャラクターを使ってコラボした短編集。
それぞれすごく嵌っていて、面白かった。

『バカテス』と『文学少女』は好きな作品だったので、
それぞれのコラボは非常に楽しかった。
というか、心葉の女装とか、
遠子先輩の放送禁止用語とか、
フリーダムすぎだろ!(爆)

『バカテス』のキャラたちは、ほんとにコメディが似合っている。
どの作家の手に掛かっても楽しいボケ突っ込みをかましてくれるなあ(笑)

『学校の階段』は未読だったんだけど、このコラボ集で読んでみたくなった。
最後の美月先生が書いた『学校の階段』コラボは秀逸。
あいかわらず、上手いなあと思う。

一冊で3倍ぐらいおいしいコラボ集だ。

2011/05/06 20:55

投稿元:ブクログ

あんまりおもしろくなかったな・・・
ネタは好きですよ。
でも、
バカテスはバカテスであってほしいな。

2015/11/06 22:43

投稿元:ブクログ

ファミ通文庫のライトノベル短編アンソロジーシリーズ第2弾です。本巻では、“文学少女”シリーズ、バカとテストと召喚獣、吉永さん家のガーゴイル、学校の階段がコラボしています。同じキャラクターでも、作家さん毎に動かし方に個性が出ていて面白いです。オリジナルは全然色合いの違う作品なのに、コラボしてもキャラ崩壊をしていないのがやはり凄い。イラストレーターさんもいい仕事しています。それぞれの作家さん、イラストレーターさんが本当に楽しんで企画に参加されているんだなというのが感じ取れる内容でした。

2014/12/25 20:38

投稿元:ブクログ

ファミ通作品の「バカとテストと召喚獣」「学校の階段」「文学少女」「吉永さん家のガーゴイル」を2作品混ぜてそれぞれの作者が描いたアンソロジーノベル。

ガーゴイル以外原作を知っているものとしてこれは最高に面白かった!
一言ずつ感想を

文学少女と乙女に集う召喚獣 作:野村美月
★★★★★
遠子先輩の召喚獣パラメーターが面白すぎる!是非、×××を外してくれ(笑)

文学少女と殺された釈迦 作:井上堅二
★★★★☆
井上さん、ギャグセンスはあっぱれ!

天栗浜のガーゴイル 作:田口仙年堂
★★★★☆
ガーゴイルの存在がチートすぎるでしょ!?

バカと階段と召喚獣 作:櫂末高彰
★★★★☆
ムッツリーニはブレないな(笑)

文学少女とやってきた走者 作:野村美月
★★★★★★
これヤバいよ!遠子先輩の最後の行動は熱いし、心葉行動も熱い!それ以上に自分の文学少女のキャラだけでなく、階段のキャラ・特に九重先輩のイキイキっぷりが堪らなかった!続編をお願いします(笑)

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む