サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 泣空ヒツギの死者蘇生学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

泣空ヒツギの死者蘇生学(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/379p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867275-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

泣空ヒツギの死者蘇生学 (電撃文庫)

著者 相生 生音 (著)

人生初のラブレターをもらい、幸せの絶頂にあった氏姓偲の人生は、突如後頭部に叩き込まれた一撃で唐突に断ち切られてしまう。死んだはずの偲が目を覚ますと、目の前には黒ずくめの少...

もっと見る

泣空ヒツギの死者蘇生学 (電撃文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生初のラブレターをもらい、幸せの絶頂にあった氏姓偲の人生は、突如後頭部に叩き込まれた一撃で唐突に断ち切られてしまう。死んだはずの偲が目を覚ますと、目の前には黒ずくめの少女・泣空ヒツギが立っていた。死者を蘇生させる特殊な能力を持ち、巷で噂の連続猟奇殺人の犯人でもあるらしい不機嫌少女の凶行を止めるため、偲はいやいやながらも彼女の「実験」に従うことにしたのだが…。第二の人生を強制的に歩まされることになった死人と、彼に執着する少女たちが織りなすネクロマンティック・ラブストーリー開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.9

評価内訳

2008/11/03 22:47

投稿元:ブクログ

面白いとも面白くないとも言えないような・・・。外れじゃない。
なーんかあれだ、オチにあたる数か所が読めちゃうとこが残念。
でもこんな文章好きなんだよねー。

2009/02/19 01:34

投稿元:ブクログ

今流行りのロリキャラがヒロインでツンデレラノベ。
ぽっと出のこういうキャラよりも幼馴染とちゃんとくっついて欲しいなぁ。

2009/05/11 22:12

投稿元:ブクログ

巷で起こる連続殺人。
なぜかすべて遺体の一部が欠損して発見される。
欠損したすべてを繋ぎ合わせると、人一人分になるが
一体何のためにそうしているのか…。

主人公がかなり早い段階で死んでしまいます(笑)
そこから甦り、甦らせた相手と暮らして過ごすています。
自分を殺したのは誰なのか。
なぜ殺されたのか。
その辺りの謎は驚きでしたが、全体的には…。
それほど面白いものではなかったです。
ただただ長い感じで。
ちょっと読むのに疲れます。

2010/02/27 16:21

投稿元:ブクログ

個人的には面白かったです。
読んでいくとオチは読めますが、
主人公は軽いですが信念はありますし、
文章もなかなか読みやすい、
個人的にヤンデレ好きなんで私にはピッタリでした。
終わり方としては続刊がありそうなんですが、
読了段階で発行日から1年半がたっています。
これはまさかの1巻で打ち切り……!?
よっぽど売れなかったのか、少し心配です。

2016/11/03 23:54

投稿元:ブクログ

何者かによって殺されてしまった主人公の氏姓偲(しかばね・しのぶ)は、死者を蘇生される能力を持つ少女・泣空ヒツギ(なきがら・ひつぎ)によってアンデッドにされてしまう、という物語です。ヒツギは、偲を選んだ理由について、どんな環境にも適応できる特殊な能力を持っていたからだと説明します。自分が死んだことを認識し、首だけが残されても、そのことを冷静に受け止めることができる……というヒツギの解説を聞いて、「やっぱり、地味じゃね?」と冷静にツッコンでしまうくらい、異常な状況を「日常」として受け入れるのが、偲の特性です。

主人公がアンデッドになるというストーリーは、ライトノベルでは少なくありません。多くは、自分のおかれた状況を受け入れるために葛藤や試練があったりするのですが、本書ではそうしたドラマをすっ飛ばして物語を展開できるようなキャラクターが主人公に与えられています。他方、偲が立ち去ってしまった「日常」の世界に暮らしている幼なじみの故不院埋(こふいん・まい)の中に、秘められた「狂気」が配置されています。この仕掛けはおもしろいと思いました。

構成が少しぎこちないのと、心情の立ち入った描写が多くて理屈っぽいのが読んでいて引っかかってしまいましたが、本書が第一作だということですし、何よりおもしろいアイディアを出せる作者のようなので、期待はしています。とはいえ、2008年に本書が刊行されて以来、現在のところ続編は刊行されていないようです。

2012/03/14 09:55

投稿元:ブクログ

古不院埋、この子みたいなのをヤンデレって言うのかな?
去殺ちゃんはあっけなく死んじゃって…
てか、表現が痛い!w

2015/02/20 19:58

投稿元:ブクログ

そうか、2008年かあ…。某西尾さんの影響をめいっぱいに感じる1冊。たぶん出版されたばっかりの頃だと「うわっ」ってなっただろうと思いますが、今だと時代を感じて微笑ましい。
ヤンデレvs博愛お人よしのバトルはどうしてもヤンデレの肩を持ってしまうので辛いなあ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む