サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. アンナ・カレーニナ 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンナ・カレーニナ 3(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/600p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75163-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンナ・カレーニナ 3 (光文社古典新訳文庫)

著者 トルストイ (著),望月 哲男 (訳)

イタリアから帰国し息子セリョージャとの再会を果たしたアンナだが、心の平穏は訪れない。自由を求めるヴロンスキーの愛情が冷めていくことへの不安と焦燥に苛まれながら、彼とともに...

もっと見る

アンナ・カレーニナ 3 (光文社古典新訳文庫)

1,166(税込)

アンナ・カレーニナ 3

972(税込)

アンナ・カレーニナ 3

ポイント :9pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イタリアから帰国し息子セリョージャとの再会を果たしたアンナだが、心の平穏は訪れない。自由を求めるヴロンスキーの愛情が冷めていくことへの不安と焦燥に苛まれながら、彼とともにモスクワへと旅立つ。一方、新婚のリョーヴィンは妻キティとともに兄ニコライの死に直面するのだった。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やっと3冊

2014/02/20 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mmattsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

長いなぁ。キーラナイトレイ主演の映画で結末は知ってしまった。本の方も佳境に入ってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/25 23:46

投稿元:ブクログ

 “自由と束縛。愛ゆえの苦悩。”というキャッチコピーがまさに。時代を、国を、こえていきますね、このテーマは。
 アンナとヴロンスキーもそうですが、個人的にはリョーヴィンとキティの側の方が面白い…。とにかく、ものすごく感情移入できる。人心理描写が絶妙で。これは、今の私だからこそ面白いんだろうな。今の彼と出会う前に読んでも、たぶんこういう感想はなかった。これを、結婚した後で読んだらまたすごく面白いんだろうな…!

2008/10/30 19:15

投稿元:ブクログ

2008.10
やはりアンナのカップルより、キティとリョーヴィンの方がずっと好感が持てる。ヴロンスキーは身勝手な人間に見える。

2009/08/10 23:02

投稿元:ブクログ

リョーヴィンが念願叶ってキティと結婚。
さすがヲタだけあって結婚にも恐ろしいほどの
理想を抱いててちょっと笑える。

アンナとヴロンスキーは・・・
男女の気持ちってこうやってすれ違っていくのね。

2014/03/24 15:27

投稿元:ブクログ

リョービンとコズヌィシェフのやり取りを読んで、都市の住民の「田舎」と地元の人の「田舎」の感じ方の違いってどこも似たようなものなのねと思いました。

ますますアンナの物語を読むのが苦痛になってきてるけど、彼女の不安定な立ち位置を考えると同情してしまう。
女性の社会的地位の弱さね……。

あと一冊

2013/07/23 21:46

投稿元:ブクログ

一番長い巻でしたが問題なく読めました。
やっぱり面白いね。
ロシア文学は長くて、難しい。
そんなイメージばかり抱いていましたが
全然。面白いじゃないですか。

きっとキティーとリョーヴィンが光
アンナとヴロンスキーが闇なんだと思います。
そして終盤のそれは光と闇の迎合。

最後はどうなるのでしょうか。

2010/02/20 22:41

投稿元:ブクログ

アンナがどんどん嫌な女になっていってさすがにかわいそうだけどアンナの娘もかわいそう…。
解説がすごく参考になった。

2013/06/19 14:25

投稿元:ブクログ

ここまでいろいろ盛り込まれてる上に面白いなぁと思うと4をつけれない。他の4と別格ゆえに5しかありえないみたいになる。

リョーヴィンの童貞臭さがすごく好きだわ。

2011/08/05 22:15

投稿元:ブクログ

ヴロンスキーとのイタリア旅行から帰国したアンナは、どうしても息子に会いたい一心でかつての我が家に戻る――。一方、新婚のリョーヴィン夫妻は、新しい生活をスタートさせるが――。

2巻の感想で、アンナの心情がさっぱりわからない、と書いたけれど、3巻を読んでいくうちに、それも当然のことだったのかもしれない、と思うようになってきた。
この巻でも、やはりアンナの行動ははっきりしない。自分が心の内で思っていることと矛盾した行動を取り、時にヒステリックなまでに感情を高ぶらせ、それでも輝くばかりに美しく聡明である。
彼女自身も混乱しているのだ。どうしたらいいのか、ほんの数時間、数十分先のことさえわからないでいるのだ。今手の中にあるものだけが頼りで、これを離したら、それこそ自分はどうして生きているのかわからない、という状態にまで来ているのかもしれない。
だからこそ、彼女は異様なまでにヴロンスキーを自分に繫ぎとめておきたいと思うのだろう。

しかしそれでも、アンナの行動ははたから見れば、自分勝手で利己的としか映らないであろう。彼女自身も、そのジレンマに身を焦がさんばかりに苦しんでいることだと思う。
だからこそ、彼女は美しくあろう、聡明であろうとしているのかもしれない。たとえどんなに道徳的、社会的に認められない存在であろうと、その二つを維持することで、彼女のプライドが保てるならば、彼女はいくらでも美しく聡明になる努力をすると、私は思う。だから、アンナが輝くばかりに美しい理由も、わからないではない。
しかし、その意地だけで本当に「美しく」見えるのかとなると、少々疑問だが・・・。

アンナともっとも対照的な家庭生活を営んでいるであろうドリーの視点から、アンナの生活を観察する場面は非常に興味深かった。この場面があったから、アンナの心情に深みが増したと思う。
リョーヴィン夫妻の新生活のほうは、幸せいっぱいでお互いがお互いをこの上なく愛していながらも、細々とした悩みに煩わされる様子がリアルだった。

物語の蕾が膨らんだ3巻。最終巻でこれがどういう形で満開となり、また散るのか、わくわくどきどき。

2013/05/09 21:05

投稿元:ブクログ

トルストイを読んでいる時、同時代のドストエフスキーのことをつい考えてしまう。ドストエフスキーは貧困と底辺の生活に喘ぎながらもその中から無数の声無き声を聞き取り、分裂し矛盾する人間というものを混沌的に暴き出した。それに対してトルストイは、社会に翻弄される個人というものを観察しながら人間が人間として生きようとする感情に寄り添おうとした作家だと言えるだろう。それ故に登場人物の感情の機微は丁寧に描かれ、全編通して唯一副題の付く5部20章でニコライが死に至る描写はその最たる箇所であり、凄惨ながらも祝福的ですらある。

2016/01/24 21:17

投稿元:ブクログ

面白い。それなりの長編だけど、おもしろさは変わらない。あと一冊だ。どうなることやら。
読み終わったら、映画を観る。

2014/06/01 06:42

投稿元:ブクログ

「幸福な家庭とは」
この巻の登場人物はそれぞれ自分が求めているもの、足りないもの、手にしていたが気がつかなかったもの...について考えを巡らせる。
カレーニンとセリョージャ、カレーニンとリディア、コズヌィシェフとワーレニカ...親子のすれ違い、虐げられたものへの愛、運命のいたずらが描かれる中、主人公であるリョービンとキティ、アンナとヴロンスキー二組の夫婦関係が対比される。
リョービンはキティを愛し、守り、独占しようとし、キティを理解していくうちに、今まで無関心だった外の世界に関わっていく。
アンナはセリョージャとヴロンスキーを欲し、それだけをよりどころにするあまり、少しずつ壊れていく。
愛情が狂気に変わる片鱗を見せるアンナは美しく、事業と政治に冴えを見せはじめるヴロンスキーは理性と感情が離れ始めていることに気付く。

2016/10/28 01:07

投稿元:ブクログ

ぐいぐい引き込まれる面白さがある。
長編だが、「だれる」感じが全くない。

本巻巻末の解説は、本書のみならず読書一般に深みを与えてくれるものかもしれない。