サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の蝶(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75166-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天使の蝶 (光文社古典新訳文庫)

著者 プリーモ・レーヴィ (著),関口 英子 (訳)

「先史時代の鳥類」のような奇怪な骨を見つけたのは、廃墟と化した大戦後のベルリンのアパートの一室…。表題作「天使の蝶」には、化学者でもあったプリーモ・レーヴィの世界観が凝縮...

もっと見る

天使の蝶 (光文社古典新訳文庫)

782(税込)

天使の蝶

734(税込)

天使の蝶

ポイント :6pt / 紙の本より48おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「先史時代の鳥類」のような奇怪な骨を見つけたのは、廃墟と化した大戦後のベルリンのアパートの一室…。表題作「天使の蝶」には、化学者でもあったプリーモ・レーヴィの世界観が凝縮されている。人間の夢と悪夢が交錯する、本邦初訳を多数収録した傑作短編集。化学、マシン、そして人間の神秘をつづった珠玉の15編。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

ビテュニアの検閲制度 11−18
記憶喚起剤 19−35
詩歌作成機 37−84

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

このイモムシは「天使の蝶」になれるのか?

2009/01/05 17:25

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は化学者で作家。その科学者としての知識が微妙に醸成されて、不思議な味に仕上がっている短編集である。

 「記憶喚起剤」という話は、匂いがとてもはっきりとした記憶を呼び覚ますことがある、ということを題材としているが、これなどは誰もが少しは経験があり、「あの記憶をいつも再現できる香りが調合できたら」という気持ちはよくわかるのではないだろうか。
 この「香りの成分」のような話や、蜜蜂のダンス=言葉など、おそらくは著者が執筆したその時代(1960年代ごろ)の最新の科学知識を題材にしたと想像される話。現代の科学知識を題材にしたら、どんなものを書くだろうか、と想像が広がる作品ばかりである。「発明会社」のようなものをあつかった連作は、文明批判のような味も感じさせる。どれもなかなか楽しめた。

 表題になった「天使の蝶」は、ネオテニー(幼形進化)を題材としたもの。人間もネオテニーだとしたら、そしてアホロートルのように成体に変化させることができたら・・・、という話である。ヒトが幼虫の状態であるとしたら、成虫になったら何になる?しかし物事は思ったとおりの結果にはいたらないことが多い。この話の結末は、「トマトとジャガイモはどちらもナス科だから、細胞融合させて両方の特徴を発現させたら、『地上にトマト、地下にはジャガイモ』ができて一本で二つの食料が取れるのでは!と実験をしたら、できたものは『地上はジャガイモ、地下はトマト』になってしまった」という、「二兎追うものは・・・」の典型のような小話を思い出させるところがある。いや、もっと簡単に、「芋虫を育ててみたら、蝶にならずに蛾になった」というところか。この話のイモムシはどうなるのか、興味を持ったら読んでみてください。

 著者はイタリア生れのユダヤ人で、アウシュヴィッツの強制収容所に送られた経験を綴った本を書いている(「アウシュヴィッツは終わらない」)。どうも、こちらの方が先に著者を有名にしたようである。先に挙げた表題作も、舞台は爆撃下のドイツである、著者の戦争体験の色が濃く出ているのもうなづける。

 翻訳している方は、この光文社古典新訳文庫でこれまでにもロダーリ「猫とともに去りぬ」やプツァーティ「神を見た犬」など、一味違った短編を紹介してくれている。これからも面白い作家を紹介して欲しいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今まで知らなかったことを後悔するレベル

2016/11/29 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFでありながら非常に詩的で神話的で終始背中にぞくぞく来るものがあった。もうどこまでも私好み。以下激しくネタバレ。///シンプソン氏のNATCA社シリーズは、3DプリンターやVRの超すごい奴が出てきたりして、思わず私たちの「これから」に思いを馳せずにはいられない。にしても「検閲は鶏に」とか「測定される数値こそが美」とか痛快なまでの皮肉と「痛みこそ生の番人」というような真理が同居してるし、トレックで女優さんのハプニングとか細部に至るまでもう本当すごい。蜂の話とかも面白かったのに…辛いなぁ。何度でも読む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/14 18:12

投稿元:ブクログ

鶏が検閲をしたり、天使を作ろうとして鳥の化物ができてしまったり、創世記でヒトを作ろうとしているときの会議の様子やケンタウロスや車の性についての話、営業マン・シンプソン氏によって勧められる不思議な機械。。化学者でもあり、アウシュビッツを生き延びた著者によるものであるからなのか、科学的で自由な発想で書かれているのだが、どことなく皮肉めいている。あまり読んだことはないんだけど、星新一や渋澤龍彦のような感じもした(個人的に)。

4,5話くらいあるシンプソン氏の機械の話は、本全体を読みすすめていくと楽しみになってくる。今度はどんな機械が出てくるのだろう・・・と。シンプソン氏が出てくるものでは「完全雇用」が好きだなぁ。機械というより、ハチなどの昆虫と会話をして色々協定を結んだりするものなんだけど。でも、最後の「退職扱い」は読んでいて薄ら寒くなった。ハチとも会話をしたシンプソン氏があんなことになってしまうなんて。

○「退職扱い」より
哀れなシンプソン! 彼の人生はもはや終わったも同然だ。NATCA社のために何十年と真面目に働きつづけたというのに、同社の最後の機械によって排除されてしまったのだ。(中略)死を意識しながらも、シンプソンはけっして怖れていなかった。すでに六回、それも六回とも違うパターンで体験ずみだったのだから。それは、黒ラベルのテープのうち、六本に刻まれていた。

あとから考えてみると、その機械によって廃人同然になってしまったこと、死についてのテープがあったこと、そしてそのタイトル(考えすぎかもしれないけれど;)・・・背筋がぞぞっとしてくる。科学技術も使い方を誤ると怖いものだ。。

プリーモ・レーヴィの他の著作も読んでみたいなぁ。

2011/08/24 17:05

投稿元:ブクログ

ユダヤ系イタリア人として生まれ、アウシュビッツで絶望的な状況に向き合い、化学者として生き、戦後かなりの時間が経過した後に自死を遂げた詩人、プリモ・レーヴィの短編集なのだが、彼が小説を必要とした唯一の理由は、あらゆる重力のくびきから逃れるための「軽さ」を手に入れることだったのだと思う。それほど、これがあの『アウシュビッツは終わらない』と同じ作者だとはにわかには信じがたい。
しかし、その「軽さ」はそんな歴史の「重さ」のみに対比されたものではないような気がする。
彼の身がそんな「重さ」にたわむまえから、彼自身が生来身にまとっていた蝶のような「軽さ」。
そんな「軽さ」を再発見すること。

だから、この小説集をその経歴にふさわしいものばかりが紹介されてきた彼のもうひとつの側面、と簡単に片付けるにはあまりにも美しく、コミカルで、優雅だ。
そのメタフィクショナルな構造やほとんど星新一ばりのライトSF的な素材やNATCA社シリーズのドラえもんめいた想像力(シンプソンさん最高!)。「揮発性脂肪酸」「不飽和ケトン」「フェノール酸」。そんな化学用語が、これほど詩的で官能的な言葉だったのかと思い知らされる。

まず冒頭の「ビテュニアの検閲制度」を騙されたと思って立ち読みしてみよう。
その掌編の最後のページではっとしたら、次の「記憶喚起剤」まで読み進めて、きっと打ちのめされるはず。

カルヴィーノが文学講義を「軽さ」からはじめた意味を、この短編集を読み終えて改めて思う。
そんな物語の力を。
そして、プリモ・レーヴィという人自身がどんなにチャーミングで矛盾に満ちた人だったのかということも。

彼の全著作の出版を希望します。

2008/12/13 14:26

投稿元:ブクログ

(今回は竹山氏の翻訳でないので、)竹山氏の語彙やリズムから離れて、二人の翻訳者の文体から共通するレーヴィのリズムみたいなものを抽出しようとしてしまったりして、ストーリーに集中できない私。翻訳を読むもどかしさ。

2010/05/01 00:03

投稿元:ブクログ

イタリア作家の短編集。抜きん出た寓話性で人間や社会を抉り取る。が、あまりに滑稽で皮肉が効いている語り口はストーリーが排除されていて、読み手が物語に入って感動したり、考えさせられるという作風ではないので、最初は取っ付きにくかった。
しかし、徐々にこの作家の作風に馴染むに連れて、その深みに引き込まれていく。読み終えた今となっては断言出来る。紛れもない傑作短編集。必読!

2009/09/22 00:14

投稿元:ブクログ

彼の人生を知っている分、読んでいて深読みして本当に読んでるのがつらくなったりもしたんですが、基本的にユーモラスなお話でした。かなりブラックユーモアだけど。純粋にお話としてとても楽しめて、考えさせられる部分もやっぱり本当に本当にあって、うーん…ケンタウロスみたいにレーヴィが引き裂かれてたとしたら、読んでる側も引き裂かれるんだなあ。お話を楽しんでる気持ちと色んなことを考えてしまって胸がつまるのと、両方あって、どっちにも振り切れないです。でも間違いなく良い本だと思う。心から、レーヴィの小説がもっともっと翻訳されてほしいと思います。

2015/12/04 23:30

投稿元:ブクログ

今の時代を見ているようで
非常に恐ろしいように思えます。
と、言うかこれからの人間への警告も
含まれているのでしょうか…

彼は化学者でもありました。
それゆえに、これらの未来の商品に関しては
本当に洞察力がありました。
そのうちの一部は出てきています。

だけれどもその中には絶対に
日の目を浴びてはいけないものもあります。
表題作も然り、痛みを快感に変えるそれも…

著者はどこかに心の闇があったのでしょうか
最後は自殺してしまいます。
貴重な方をなくしましたね。

2010/06/10 12:03

投稿元:ブクログ

科学とファンタジーが絶妙に融合していて面白かったです。
シンプソンさんが出てくるたびに「次はどんな商品を持ってきてくれるのだろう?」とわくわくしてしまいました。

2011/02/17 02:25

投稿元:ブクログ

ユーモアセンスに溢れたプリーモ・レーヴィ幻想短篇集なんですが、彼のアウシュヴィッツでの体験記や、そこからの帰還を綴った自叙伝を先に読んでしまうと、素直に楽しめないのも事実。『ケンタウロス論』に代表される、レーヴィの幻想文学ではお馴染みの動物系シリーズもどこか悲しげ。それに反して、「シンプソン」シリーズは楽しんで読めます。

2012/04/04 02:29

投稿元:ブクログ

化学者で作家のプリーモ レーヴィ短編集。科学者としての知識が微妙に醸成され、ブラックユーモアでクスリとしてしまう独特な世界観を持ったお話揃い*

2016/11/24 06:23

投稿元:ブクログ

SFでありながら非常に詩的で神話的で終始背中にぞくぞく来るものがあった。もうどこまでも私好み。以下激しくネタバレ。///シンプソン氏のNATCA社シリーズは、3DプリンターやVRの超すごい奴が出てきたりして、思わず私たちの「これから」に思いを馳せずにはいられない。にしても「検閲は鶏に」とか「測定される数値こそが美」とか痛快なまでの皮肉と「痛みこそ生の番人」というような真理が同居してるし、トレックで女優さんのハプニングとか細部に至るまでもう本当すごい。蜂の話とかも面白かったのに…辛いなぁ。何度でも読む。

2013/01/09 18:20

投稿元:ブクログ

イタリアの科学者であり、作家という不思議な人物。
アウシュヴィッツからの帰還者。

イタリアの小説って、たいしたことないやろー(笑
と思っていた日もありました。

舐めてました。ごめんなさい。
すっごく面白かったです!
読みごたえのある短編集に巡り合えるなんて、そうそう無いので。

光文社の古典新約は、新しい世界を私に見せてくれる。

2012/04/06 15:53

投稿元:ブクログ

作者が科学者だという事実を先に知ってしまったからなのか、
全体的に作品が骨格張って、別世界のレポートを読んでいる様な
感じがしました。それはとても良い意味で、です。

起承転結の[結]の部分が曖昧なのが憎い。そして面白い。

2015/04/21 13:58

投稿元:ブクログ

ロダーリ、ブッツァーティを翻訳した関口英子さんによる現代イタリア作家3人の作品を全部読んだけど、どれも良かった。この短編集は、強制収容所から帰還した、科学者としてのレーヴィの体験が大いに生かされた作品。程よくウィットが効いている。好きだったのは「転換剤」。怖いけど、こういうものあってもおかしくないんだよね。一部作品は連作のようになっているのも面白い。2012/434