サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

超人間・岩村(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630446-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

超人間・岩村 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 滝川 廉治 (著)

妙見高校に一人の男がいる。名は岩村陽春。アメコミ同好会に所属し、友人の多村やマルカーノとともに日々を送る彼は「無理」や「不可能」という言葉を聞くと行動を開始する。それが本...

もっと見る

超人間・岩村 (集英社スーパーダッシュ文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

超人間・岩村

410(税込)

超人間・岩村

ポイント :3pt / 紙の本より207おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妙見高校に一人の男がいる。名は岩村陽春。アメコミ同好会に所属し、友人の多村やマルカーノとともに日々を送る彼は「無理」や「不可能」という言葉を聞くと行動を開始する。それが本当に「不可能」な事なのか、それとも「可能」なのかを見極めるために。安易な「諦め」や「絶望」を、この世界から駆逐するために。人はそんな彼を『超人間』と呼んだ…!一方、新聞部一年・高津五月は先輩の杉浦夜那とともに『超人間』の密着取材を命じられるが、なぜか演劇の主役を演じることになってしまい!?第7回スーパーダッシュ小説新人賞佳作受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スーパーダッシュ小説新人賞佳作(第7回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

絶望を否定し続ける男

2010/12/07 19:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 妙見宮高校には超人間と称される生徒、岩村陽春がいる。普段はアメコミ同好会の会長だが、「無理だ」「不可能だ」というセリフを耳にすると、無理であることを確かめるために他の全てを投げ出して、アメコミ同好会の仲間である多村豪や紳一郎・マルカーノと共に、その無理難題に挑む。そして必ずやり遂げる。
 新聞部部長の高津初美の妹、五月は、アメコミ同好会への潜入取材を命じられる。そのパートナーは新聞部の優秀な先輩であり、それにも拘らず煙たがられている杉浦夜那だ。二人が仮入部してからしばらくは平和な時間が続いていたのだが、生徒会の方針により廃部寸前の演劇部の川崎八枝の奮闘を知り、岩村が動き出す。

 大変だったり難しかったり、失敗したら恥ずかしいと思ったりして、やる前から諦めてしまう事も多い。諦めても自分の人生に致命的なことは起こらないと思っているからだ。しかし岩村はそうは思わない。無理だと思われていることに絶望したり、あるいは挑もうとしている人間がいれば、何をおいても駆けつけて、何も聞かずに手助けをする。
 そんな岩村をいささか疎ましく思っている生徒会。会長の森直規は、無駄に多い部活動を整理し、実績のないところを廃部にすることで、予算の合理化を進めようとしているのだ。その配下の秋山守孝や伊藤信幸は、森の思想をさらに直接的に進めようとする。

 この本の主人公は、岩村の他にももう一人いる。それが高津五月だ。彼女に岩村のような積極さはないが、出会った人に虚心に接し、その人の本質に触れ、たとえそれに同意できないにしても尊重する。そんな目立たない強さがある。
 これに対して岩村陽春の手法は、ある意味では自分の思想を相手に押し付ける面もあるわけで、そこには否定されることへの弱さが見えなくもない。彼がどうしてこの様になったのかは、おおよそ最後まで明らかにはされない。しかし、どこか悲観的でありながら、異常なまでに前向きな彼の生き方は、否定できるものではないだろう。
 そしてこの本の本質をあらわすセリフをひとつ。「絶望とは人生で一度も遣わなくて良い言葉の一つだ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

熱血学園

2008/10/05 15:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれのキャラクターが立っていて面白い
熱く楽しそうな雰囲気が良く出ている
ストーリー展開はプロローグ的な部分が終わった段階で終盤近くなっているが、クライマックスを無難に纏めて次に続く印象を残して凌いでいる
柔道と演劇とまったく相反する様な二つのネタを繋げてあるが、前半でキャラクターの個性を打ち出し、後半でそれを生かして立ち回るので違和感なく楽しめる


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/29 21:06

投稿元:ブクログ

続き読みたい!アメコミ同好会と生徒会の抗争が見たい!でも続き出ないんだろうな〜。もう4年は前の作品だからな〜。

2012/04/19 20:46

投稿元:ブクログ

まずインパクトのあるタイトルが良い。
内容は笑いあり感動ありの真っ直ぐな青春モノ。
最初に短めの話で主人公たちの性格を描写して、次に長い話を持ってくることでストーリ-に入り込みやすくなる構成が好感触。
超人間と呼ばれる岩村の背景が思いの外さっくりと語られてしまったのが少し勿体無いような……それをメインにしてもう一冊書いて欲しいぐらいだった。

2015/11/22 13:40

投稿元:ブクログ

諦めることを何より嫌い、「無料」「不可能」な言葉を聞くと果敢に挑戦し、人呼んで超人間という高校生の話。生徒会による実績のない部活動廃止を救うという割とどこにもである設定の中、主人公・岩村とその仲間である多村、マルという強烈なキャラクタが光り、ストレートな青春学園小説となっている。単純に直情的ではなく、岩村の言動に影を添える設定も深みが出ている。ラノベレーベルの受賞作らしく、続編を匂わす伏線を随所に残したまま終了するが、これ単独でも楽しめる。ただ、主人公である岩村の抱える心の歪の克服を初め、キャラの深掘りは十分に興味深く、シリーズ化を期待したい。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む