サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イスカリオテ(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/365p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867348-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

イスカリオテ (電撃文庫)

著者 三田 誠 (著)

一年間だけ、死んだ兄のふりをしてほしい—。そう乞われ、久瀬イザヤが降り立った御陵市は、七つの大罪を具現する「獣」と戦うための都市であった。地脈の特異点より現れ、人を喰らい...

もっと見る

イスカリオテ (電撃文庫)

702(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一年間だけ、死んだ兄のふりをしてほしい—。そう乞われ、久瀬イザヤが降り立った御陵市は、七つの大罪を具現する「獣」と戦うための都市であった。地脈の特異点より現れ、人を喰らい、街を蹂躙する「獣」。それに対抗しえるのは、神の奇蹟を模倣するという断罪衣と、少女の姿をした第九祭器・ノウェムだけ。「この街は、あなたを愛するでしょう」そう告げたノウェムとともに、イザヤは兄のニセモノとして、この都市で「獣」と戦うことになるが…。三田誠が放つ、罪と罰の織りなすアイロニック・アクション、開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/11/16 09:14

投稿元:ブクログ

正義の味方だったカリスマが死に、その偽者が期間限定で正義の味方として戦いに巻き込まれる。誰もが自分を多少でも偽って、嘘を隠しながら生きているとはいえ、それを前面に押し出した主人公というのは無かったなぁ。でも、キリスト教がモチーフとなっているので、なんとなくなじめない。奇跡を模倣するロストテクノロジーっていう設定は好き。

2012/10/15 21:21

投稿元:ブクログ

全7巻。

信仰心を力に変えて、7つの大罪に堕ちた異形と戦う話。


人の弱さとか強さとか、純粋さとか愚かさとか。
いろんなものが表裏一体で、それを併せ持つのが人なんだなあと思いました。

それでも、なかなか、そう受け止めることは難しい。

2010/11/26 00:26

投稿元:ブクログ

衰退する世界で、人々の希望の星である英雄を騙ることになった一般人が、聖人をモチーフにした人形兵器を使って化物と戦うぞ☆という話。
見所は、英雄としての建前と一般人としての本音。
誰にも正体がばれてはいけないという中で、英雄を騙り続ける主人公のギリギリの戦いが熱くてよし。

2009/09/11 23:06

投稿元:ブクログ

キリスト教をベースとしたダーク(?)ファンタジー。描写、構成とも期待通りに面白い。ヒロイン・ノウェムの今後の成長が楽しみ。

2008/11/19 01:20

投稿元:ブクログ

キリスト教とか、聖書に興味がある人向け。
そんなネタを知っていると、ちょっとだけ面白くなります。

キリスト教を下地に持ってくるのも好き、SF風味も好き、主人公も好み。だけど話はやや荒削り。
苦しくなれば新しい手段が出てきて〜、という風に、なければ作ればいい系のストーリー。
出来事と出来事の合間の日常があればもっと楽しいのに。


奇跡を具現するための構造にときめきました。

2008/11/08 00:00

投稿元:ブクログ

レンタルマギカの方の新シリーズ。
電撃です。

絵が結構好みだったので買ってみました。
世界観は結構新鮮、かな?
内容はちょっとどこかで見たような感じがしなくもなかったですが、ライトノベルに限らず物語って言うのはある程度類型化できると思うのです。

ちなみに内容は面白かったです。
結構。
むしろ、これからどう展開していくのか、思いっきり提示された謎はどう解かれていくのか、
ついでに提示されてるのに私が気付いていない謎なんかがあると良いですね!

二巻目以降も気になるのですよ。
と言うわけで、二巻も買って、そのあと集めるシリーズにするかどうかを決めようかと思います。

2008/11/27 01:24

投稿元:ブクログ

久々に、中二臭いバトルばりばりのラノベが読みたくなって、
電撃文庫の新刊案内で心惹かれた一冊です。

レンタルマギカの作者さんだしはずれはないと思って、購入。

最初は微妙に禁書目録っぽいかなーと思ったけど、
そうでもなかった。

んだけども、レンタルマギカの時にも思った事だけど、
物語終盤でああいう展開はやめてほしいかな。

続巻が出せることを確約されているだけの地位があるから出来るんだろうけど、
正直こう、上がったカタルシスが下がった気がする。それも急降下。
好きな人は好きなんだろうけど、も少し前振りが欲しかったです。

聖人を使った設定は新鮮だったし、ヒロイン? ノウェムも好みでした。
主人公イザヤのある意味の超人っぷりはも少しだけ、
人間味があってもいいんじゃないかと思ったり。

展開は、終盤だけが、がっかりしたくらい。

2009/05/19 13:03

投稿元:ブクログ

ほんのりSFテイストな中二病ファンタジィ。
きょうびここまで愚直に中二ノベルを書いてくれる作家はいないのじゃないかしらん。 

2008/11/16 22:22

投稿元:ブクログ

『ルクスペイン』の岸和田ロビン氏の挿絵につられて買った1冊(爆)
でもなかなか面白かったです。
ノウェム可愛いよ!ノウェム!
でもってカルロの風貌はゼノ○アスのバル○を連想しちゃうのは
私だけかしら???
続刊楽しみです。ふふ〜。

2009/10/26 23:07

投稿元:ブクログ

1~2巻読了。

最初はどんな話だろうと思ったが、想像以上に面白かった。
偽者を演じるというのは、なかなか好きな設定だ。
戦闘ものなのもいい。
最後の名前についてのまとめもうまかった。

2012/05/11 16:24

投稿元:ブクログ

聖衣ですか。
 アニメっぽい設定ですね。

 着ている服が突然、ガキガキ変形装着するのは違和感ありますね。
 主人公の偽者さんも何故付き合って命をかけるのか、理由付けが弱い。

 まずは、導入で本筋はこれから?

2012/10/01 16:09

投稿元:ブクログ

 一年間だけ、死んだ兄のふりをしてほしい――。
 そう乞われ、九瀬(クゼ)イザヤが降り立った御陵市は、七つの大罪を具現する〈獣(ペスティア)〉と戦うための都市であった。
 地脈の特異点より現れ、人を喰らい。街を蹂躙する〈獣〉。それに対抗しえるのは、神の奇跡を模倣するという断罪衣(イスカリオテ)と、少女の姿をした第九祭器・ノウェムだけ。
 「この街は、あなたを愛するでしょう」
 そう告げたノウェムとともに、イザヤは兄のニセモノとして、この都市で〈獣〉と戦うことになるが……。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む