サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 七つの死者の囁き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

七つの死者の囁き(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-120435-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

七つの死者の囁き (新潮文庫)

著者 有栖川 有栖 (著),道尾 秀介 (著),石田 衣良 (著),鈴木 光司 (著),吉来 駿作 (著),小路 幸也 (著),恒川 光太郎 (著)

死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢—。少女の幽霊は...

もっと見る

七つの死者の囁き (新潮文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢—。少女の幽霊は窓辺に立ち、死んだ恋人からのメールが届く。自殺した女の呪詛が響き、亡くなった男は秘密を打ち明け、死霊の化身が地底から出現する。怖恐と憂愁を纏った七つの死者たちの物語。文庫オリジナル。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

幻の娘 有栖川有栖 著 7−53
流れ星のつくり方 道尾秀介 著 55−94
話し石 石田衣良 著 95−103

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

死者の言葉に耳を傾けて見る

2010/03/18 11:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asa - この投稿者のレビュー一覧を見る

実力ある作家さん7人による死者にまつわるオムニバス作品集。うん、怖いのかなドキドキしながら、でも好きな作家さんもいるからワクワクしながら読みました。
短編ばかりだから、通勤の時にでもゆっくり1日1話でも読んでいこうかなと思ったのですが、一気に読んじゃいましたね。

各物語を簡単に感想を言うと

『幻の娘』有栖川有栖
 最初から怖い話が来るのか?と思ったら、なんか良い話でした。殺人の容疑が掛かってる男のアリバイを証明できるのは10年前に死んだはずの女の子。犯行時間にあったのが幽霊だったのか?嘘だったのか?本当に証明されるのかなとドキドキしながら読んでいたのですが、なるほどこういう解決方ね~って納得しちゃいました。実際に霊視出来る刑事がいたら未解決事件も少し減るのかな~なんて。実は有栖川有栖さんほとんど作品読んだことないのですが、流石、人気作家、今度長編読んでみようという気持ちになります。

『流れ星の作り方』道尾秀介
ヒントはラジオだったのですね~最後まで全く気付きませんでしたよ・・・。これに気付いていたらもしかして?と思ったかもですが、なるほど~って感じです。友達の話をするときって意外と本人の話だったりね。
こちらの作品も怖いと思っていたら、なんかせつない感じに終わりました。

『話し石』石田衣良
冒頭に星新一に捧げると書いてあり、1001にまつわる話。話し石なるものを1001個集めたら何でも願いが叶うという伝説。1001個集めたS氏が願ったのは、地位でも名誉でもなく自殺した共に会うことだった。再会した二人の会話にすこし涙しそうになります。でも約20Pって短い!って思ってしまいましたね

『熱帯夜』鈴木光司
一つの選択ミスがこのような不幸を生んでしまう。もし?ということがあるのならあの時の行動一つで回避できたことのかなと思う。なんとなくTVの世にも奇妙な物語のような話でした。内容は理解し少しゾクッとくるのだが、やはり携帯の時代に携帯のない時代のすれ違いを題材にされちゃうと、うまく入り込めなかったかな。たった一つの行動で人生良くもなり悪くもなるって恐怖は感じました。

『嘘をついた』吉来駿作
はじめましての作家さんなのですが、面白かった!ここにきて怖い話かな?と思いながら読み進めていくと、怖くそして最後は悲しくそして嬉しくも成りました。この短い中に色々な感情が湧きあがるような良い作品でした。最後のは嘘なのかはわからないけど、こういう嘘は良いのではないでしょうかね♪

『最後から二番目の恋』小路幸也
うん?ここにきてラヴストーリー?って思うタイトルに死者が何絡んでくるのだろうと思いましたが、なるほどね~と思ってしまいましたね。ここでなんか一気にスタイルが変わってしまいましたが良い作品でした。自分が死ぬ時までに考えておくのでバクさんちゃんと現れてねって強く思います♪

【夕闇地蔵】恒川光太郎
最後に好きな作家さんの一人である恒川さんの作品。いや~不思議な話ですね
一応、車とかチラって出てくるけど、馬に乗ってってのも出てくるから明治後半から大正とかになるのでしょうかね設定は。妹の死から心に闇を抱えた青年。彼に何が起こったのかわからず、地蔵助とは結局何者かわからず、ただただ話が進んでいく。恐怖とかは感じず不思議な感覚だけ残ってしまうんです。日本の昔話を少し残酷にしたような雰囲気です。でも。こういうのが恒川さんの良さなのかな?いつものような幻想的な雰囲気は薄かったけど。


今回はじめましての作家さんが2人いて、今後読んでみようかな~って気になりましたし、こういうアンソロジーって色んな作家さんの作品読めるのは良いですね♪新しい発見が出来ますし、最近読んでいない作家さんを再認識したり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/17 16:58

投稿元:ブクログ

(収録作品)幻の娘(有栖川有栖)/流れ星のつくり方(道尾秀介)/話し石(石田衣良)/熱帯夜(鈴木光司)/嘘をついた(吉来駿作)/最後から二番目の恋(小路幸也)/夕闇地蔵(恒川光太郎)

2010/02/14 14:31

投稿元:ブクログ

怖い物語を期待していたのだけれど、ピンとくるものは少なかったけれど、どことなく不気味な雰囲気がつきまとう『流れ星のつくり方』(道尾英介)と神経質な女性と行き違いを描いた『熱帯夜』(鈴木光司)は印象に残った。

2010/02/20 00:49

投稿元:ブクログ

 タイトルほど怖くはない内容。ホラーかと思って読むとファンタジーだった。どの作品もそれぞれに味が違っていて、どきりとする瞬間を持っている。小路幸也さんの作品が最後の最後で、そういうことならどういうこと?!になっていて、読後の想像力をかきたてる。

2010/02/09 02:57

投稿元:ブクログ

「幻の娘」 有栖川有栖著
同氏の「幽霊刑事」に登場した早川刑事が主人公。例の能力を如何なく発揮していますね!思わぬところで再会出来て嬉しかったです。

「流れ星のつくりかた」 道尾秀介著
「背の眼」シリーズ(勝手に名付けてみた。)の番外編?凛ちゃんが主人公です。悲しいけれど、胸に残る物語です。私も流れ星をつくってみよう。

「話し石」 石田衣良著
実は初読みの石田作品。とても短い物語なのに、すっかり魅了されました。電車で読んでいたのに、涙腺が緩んで仕方ありませんでした。

「熱帯夜」 鈴木光司著
うーん…やっぱり鈴木作品はあまり好みじゃないです。あのねっとりとした恐怖感がどうにも苦手で…。

「嘘をついた」 吉来駿作著
私は臨死体験などを信じる方なので、なかなか楽しめました。それにしても、あのオッサンが妙に良い味を出していますね。

「最後から二番目の恋」 小路幸也著
小路氏らしい、心が温まる作品です。色々な恋の形があるけれど、こんな恋もあるんだな…。もしバクが現れたら、私はどうするだろう。

「夕闇地蔵」 恒川光太郎著
ここでも恒川ワールドは健在です。あの不可思議で心地良い世界観。地蔵助が見ている世界を私も見てみたいなぁ。

2009/07/16 00:00

投稿元:ブクログ

有栖川有栖氏目当てで購入。
どの作品も非常に面白かった。こういう不思議なお話は大好き。
「流れ星のつくり方」が私は一番好きかもしれない。

2009/02/28 23:12

投稿元:ブクログ

2009/2/28
短編集。そりゃそうか。
幽霊話は好きなはずだけど私の好きなタイプのじゃなかった。
やっぱり一番好きなのは有栖川有栖。

2008/12/19 20:46

投稿元:ブクログ

幽霊?をテーマにした作品を集めたものです。
和み系の話から、切ない話、本当にぎょっとする話まで作者によってこうも捉え方が変わるものかと思いました。
石田衣良さんが星新一風に書いた話は個人的に気に入ってます。石田さんってそういう作風の方でしたっけ?

2009/05/10 16:21

投稿元:ブクログ

幽霊が絡むミステリー。7つの話でそれぞれ作家は別。
怖い話ではないので、ビビリな俺でも読める。むしろ泣ける。

2014/06/27 14:54

投稿元:ブクログ

2014年6月27日読了。「死者からのメッセージ」をテーマにした、7人の作家による短編アンソロジー。個人の好みもあると思うが、道尾秀介の「流れ星のつくり方」が抜群すぎて(ラスト2行の「ヒヤリ」感は短編であることもあり、キレ味がすばらしい)他の作家の「ちょっといい話」的な短編の印象が失せてしまった感じ。もっと恐ろしいホラーやどんでん返しミステリ短編も読んでみたかったところ。でも、いろんな作家の個性を味わえるこうしたアンソロジーはたまに読むとなかなか楽しいものだ。

2010/10/07 19:32

投稿元:ブクログ

「死者」をテーマにした、7つのアンソロジー
有栖川 有栖、道尾 秀介、石田 衣良、鈴木 光司
吉来 駿作、小路 幸也、恒川 光太郎の7人の作家が
ミステリー風やらファンタジックなものやら
色んなジャンルで仕立てられた切な系アンソロジー

今回のアンソロジーは、今まで読んだアンソロジーと比べて
当たりが多かったかも。

2008/12/28 13:34

投稿元:ブクログ

・恒川ワールドがここにも(゜o゜;)このまま実際に違う世界に行ってしまうのではないでしょうか本当に描写力と文体の清廉さがすごい

・道尾さんの作品が、すごく良かった新たな発見ができました。
これから本漁ります。

2012/10/21 13:33

投稿元:ブクログ

有栖川有栖 幻の娘
道尾秀介 流れ星のつくり方
石田衣良 話し石
鈴木光司 熱帯夜
吉来駿作 嘘をついた
小路幸也 最後から二番目の恋
恒川光太郎 夕闇地蔵

2009/09/01 00:12

投稿元:ブクログ

こう並べて読むと、著者によって文章からにじみ出る世界観は
どれも違うものだなァと思う。
料理に例えるなら
有栖川有栖は確実にハズレがないってわかって食べる料理。
ハズレがないけど、時に新鮮味もない。でも不満は抱かない。
道尾秀介は大福。中に何が入ってるかドキドキしながら食べる感じ。
それが意外に食べてみるとフツーだったりするけど。
石田衣良はキラキラ軽い。
星新一を目指したのだろうけど、どうも薄っぺらくて好かない。
その中で恒川光太郎は本当に自分の世界観を持ってるなと思う。
著者名なくても、あの人が書いたってわかる。
内容はそんなよくもなくもないんだけど、
土俗的な感じ、重たいねっとりした感じが文章に良く表れていた。
それでいてなんか読後がクリアなのは、著者の人間性によるものではないか。
知らないけど。

2010/03/26 18:42

投稿元:ブクログ

収録作家は有栖川有栖、道尾秀介、石田衣良、鈴木光司、吉来駿作、小路幸也、恒川光太郎。
ホラーアンソロジーかと思いきや、その括りだけでは捉えきれない幽霊譚の集まりでした。同じテーマだからこそ、それぞれの作家の味わいの違いが顕著になり、それぞれの面白さを味わえるのが楽しいですね。ただそれだけに作品としての好みの差も、ハッキリと判ってしまうんですけどね。