サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アカイロ/ロマンス 2 少女の恋、少女の病

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アカイロ/ロマンス 2 少女の恋、少女の病(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/274p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867424-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アカイロ/ロマンス 2 少女の恋、少女の病 (電撃文庫)

著者 藤原 祐 (著)

枯葉との衝撃的な出会いから一週間。「迷い家」へと招待された景介は、新たに一族の少女を紹介される。人間である景介に不信感を露にする幼い瞳—娘は自らを型羽と名乗った。そして、...

もっと見る

アカイロ/ロマンス 2 少女の恋、少女の病 (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

アカイロ/ロマンス2 少女の恋、少女の病

594 (税込)

アカイロ/ロマンス2 少女の恋、少女の病

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

枯葉との衝撃的な出会いから一週間。「迷い家」へと招待された景介は、新たに一族の少女を紹介される。人間である景介に不信感を露にする幼い瞳—娘は自らを型羽と名乗った。そして、次の日。型羽と打ち解けないまま下った山道の先で、繁栄派に属する少女ふたりが景介を襲撃する。彼女たちの目的は、枯葉の持つ、鈴鹿の一族頭首の証たる宝刀「つうれん」と、本家の婿候補である景介の命。枯葉と吉乃が自分に向けてくる想いや姉の行方。それらは果たして争いへ身を投じる理由に足るのか?迫る危険の中で、景介は覚悟を問われる—。血塗れの幻想奇譚、第二幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

でも次も迷うと思う

2008/12/12 22:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読者を選ぶ系統の本であることは間違いない。1巻では、読者に相当感情移入させた吉乃をあっさりと死なせてしまうのだから。あまりの展開に、2巻を買おうかどうかかなり迷いました。
 でも、結局買って読んで見て、1巻で読むのを止めなくて良かったかな、とは思いました。今回は、吉乃を取り込んだことによる枯葉の葛藤があり、図らずも問題の当事者になってしまった景介の、吉乃を助けられなかったことに対する後悔が描かれていました。ただ体を乗っ取るというのではなく、心も意志も合わせて取り込むのだ、というような考え方に、少し救われたような気もします。

 今回も、つうれんを狙って、新たな刺客が二人ほど登場します。そして、最後には思いもよらない武器が登場してきます。和装の人間があんなものを振り回している様は、結構シュールだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/24 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/07 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む