サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. アンナ・カレーニナ 4

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンナ・カレーニナ 4(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/434p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75170-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンナ・カレーニナ 4 (光文社古典新訳文庫)

著者 トルストイ (著),望月 哲男 (訳)

「そうだ、死ぬんだ!…死ねば全部が消える」。すべてをなげ捨ててヴロンスキーとの愛だけに生きようとしたアンナだが、狂わんばかりの嫉妬と猜疑に悩んだすえ、悲惨な鉄道自殺をとげ...

もっと見る

アンナ・カレーニナ 4 (光文社古典新訳文庫)

972(税込)

アンナ・カレーニナ 4

778(税込)

アンナ・カレーニナ 4

ポイント :7pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「そうだ、死ぬんだ!…死ねば全部が消える」。すべてをなげ捨ててヴロンスキーとの愛だけに生きようとしたアンナだが、狂わんばかりの嫉妬と猜疑に悩んだすえ、悲惨な鉄道自殺をとげる。トルストイの代表作のひとつである、壮大な恋愛・人間ドラマがここに完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/03/27 14:33

投稿元:ブクログ

 まさかアンナが自殺してしまうとは。
 そこに至るにあたってのアンナの壊れぶりが凄まじい。ここまで自殺者の心境に迫ったトルストイは、物凄く追い詰められたのではないかと思う。目に映るすべてが「負」としてしか捉えられなくなり、すべてが厭世を引き起こし、自己嫌悪の対象になるアンナ。環境がプロセスを作り上げて結果に至るのではなくて、「自殺」という結果ありきで、そこに至ることを目的にプロセスが意識的にゆがめられていく恐ろしさ。「死が明らかに生き生きと彼女の脳裏に浮かび上がった。死こそ彼の心に自分への愛情をよみがえらせ、彼を罰し、自分の心に住み着いた悪霊との間に行われていた戦いに勝つための、唯一の手段」という文を読んだとき、あぁ…振り切れてしまったな、と思った。私も、こういう心境になったことはある。私が死ぬことで、後悔している人たちを見て思い知らせてやりたい、という自分勝手な願望。自己愛の極地。しかしそれを実行に移すには、死ぬには、自己愛が強すぎてできない、それが「普通」。しかしアンナは違った。「いいえ、おまえなんかに私を苦しめさせてなんかおかないわ」と、自分でもなくヴロンスキーでもない、運命(神ともいえるか)に対して好戦的になってしまう。それほどに、自分の運命を理不尽に思ったのだろう。無理もない。私がもしアンナの立場だったら、自己実現のためにすべてを擲った先に破滅しかなかったとしたら…考えられないほどに恐ろしい状況だ。

 対して描かれてきたリョーヴィンが、最後に悟り(?)に至るまでは感動的だった。リョーヴィンは農業の話ばっかりでつまんない男だな、と思ってたけど(笑)、今ではとても好きな人物。彼はいつだって自分に正直なのだ。そこはアンナと同じだとも言える。現に彼は、宗教(キリスト教)と人生というものを考えながら、すべてのしがらみから逃れるには死を選択するしかない、という考えに一度は至ったのだし。それでも彼は生き続けた。それは彼がアンナとは違い、「リアル」を生きていたから。もっといえば、「リアル」からは逃げることができなかったから。アンナは現実を棄て、愛情の物語のなかに没入した結果、理想どおりの結末を得られないことで混乱してしまった。対してリョーヴィンは、どんなに悩んでも、追い詰められても、地主としての仕事を毎日こなし、家族と顔を合わせ、その場その場で生きていかなければならない。大事を成すという理想(アンナでいえば「愛情の物語」のなかに生き続けるという理想)にばかり耽ってはいられなかった。最終的に、リョーヴィンは、宗教と現実の折衝点を「善」に見つけ(性善説?)落ち着いて、この話は幕を閉じる。

 解説でも何度も触れられていたが、この小説は、タイトルは「アンナ・カレーニナ」だが、「リアル」な社会に生きるリョーヴィンとの対比をもってこそアンナの物語が活きてくることを考えれば、リョーヴィンの存在意義がとても大きい。ヴロンスキーが社会で泳ぎ始めて男性=「社会人」として活躍し始めたことでアンナとの関係が崩れていったのからもわかるように、男女の思想の差異も引き立てられている。ここでは語りつくせないほど壮大な大河���説だった。

 ひとつ、学んだのは、「勘違いの符合」の面白さと恐ろしさ、かな。お互い違う思考体系でもって考えているのに、リアクションが同じであることでなにかピタっとはまるようなある種の幸福な関係になるのだけれども、あくまで思考体系は違うので、そのプロセスの違いが別の事象を前にしたときに浮き彫りになっていく、というのか…うまく言えないんだけれど。同じポイントで笑っても、そのポイントを獲得した背景には違いがある。いかにうまく勘違いし続けられる同士かが、関係を持続させるコツなのかしらん。とか、思った。アンナとヴロンスキーしかり、リョーヴィンとキティしかり、ね。

 古典新訳じゃなかったら、この時期に読んでなかったかも。愛・男女について考えることの多いこの半年間に読めたことに感謝。ますますこのレーベルが好きになった。

2010/07/20 10:57

投稿元:ブクログ

自分はリョーヴィンとキティの筋がメインプロットで、アンナはサブプロットな感覚で読んだ。まあ、アンナの筋の方が心理劇としては鬼気迫るけど、それがメインだと重いから。

いづれにしろ、社会に生きる人々の様々な行為や決定にまつわる心理が細密に書かれていて、素晴らしい名作だと思った。今も昔も社会や人間の大枠は変わらないもんだな。
人はひとりでは生きていけない。それで、社会と折り合いをつけ、社会性を持って生きることへの葛藤と救い。そしてまた疑い。ライフゴーズオンで物語は続いていく。

2008/12/06 17:54

投稿元:ブクログ

2008.11
やはりアンナとヴロンスキーには好感を持てない。幸福→不幸への転落も、あの壮絶なラストも、自業自得としか思えない。特にヴロンスキーは、最初どれだけキティを苦しませたことか。

2009/08/17 23:24

投稿元:ブクログ

アンナの最期は壮絶でした。
自殺する人ってあぁいう感じなのかな。

やっぱり後味はあまりよろしくなく。
個人的にはそんなに感情移入できませんでした。
疲れたー。


2014/03/29 23:20

投稿元:ブクログ

アンナは結局、ヴロンスキーというより自分自身の思考と戦っているように思える。
何が彼女をそこまで追い詰めたんだろう。

2010/08/29 11:14

投稿元:ブクログ

トルストイの長編小説。非常に文量の長い作品であるが、大変読み応えがあり、さすがは世界の大文豪、と舌を巻いた。

正直、ドストエフスキーやら何やらこの手の世界文学的古典には手も触れたことがなかったが、本作品を読み、その凄みをありありと感じた。これを皮切りに世界文学の世界に足を踏み入れていきたい。

*   *   *

本長編作品に、登場する二人(男女)の主人公、アンナとリョービン、時に二人は光となり闇となり、同じロシアを舞台としながら、全く別の世界をパラレルに生きていく。

アンナとリョービン、この二人に共通する点は、「自分を偽れない」という点だと思う。ある意味とても純粋素直で、そのため通俗社会から、どうしても逸脱していってしまう二人。それでも本当の生き方や愛や信仰を摸索しながら、闘い、傷つき、心を膨らませる姿は似ている。

アンナは、本当の愛を求めた。リョービンは本当の生き方、といったところだろうか。

この愛すべき二人の主人公の顛末、明暗を分けたのは、アンナの生き方が自己愛に満たされていったのに対して、リョービンは無私の精神に満たされていった点にある。また作品の解説にもあるように、アンナが一元的に、リョービンが多元的に生きることとなり、結果、アンナの世界が破綻していった、というのにも納得ができる。

トルストイの本作品、19世紀を生きた若者の恋愛をテーマとしながら、社会全体を描いた作品の圧倒的スケール、かつ一人一人のキャラクターの内面世界の繊細な動きを捉えていて、よく一人の作家がここまで人間を描けるものだ、と感嘆した。

人間の心の中の矛盾や葛藤をよく捉えている。そして読者にとってあまり理解できないような難解な比喩表現などに逃げない点も好感が持てた。

2013/07/31 22:21

投稿元:ブクログ

ロシア文学に早く出会えなかったことに
本当に損をしたな、と感じました。
人生における事柄が網羅されています。
恋、苦悩がそこに。

確かにアンナのとった行動は
世間一般では相容れられない行為です。
だけれどもそれを頭ごなしに批判することは
出来ないと思います。

誰しも、アンナほどではないですが
大きい、小さいに関わらず
道に外れてしまう、というのは
少なからずありますので。

目先の出来事からの逃避も
その1つかと思いますので。

そしてリョーヴィンに関して。
彼の苦悩も本当に分かります。
でも、それに気づいたのは
大きな成功ですね。

2013/06/21 22:06

投稿元:ブクログ

アンナの他人からみた時の美しさの描写、猟の描写、リョーヴィンキティの掛け合い、リョーヴィンの最期の悟りの部分、特に良かった。ありとあらゆるテーマが緻密に書き込まれていていながらわかりやすいダブルプロットでとても読みやすく☆5を付けざるをえない。とても楽しかった。

2011/11/05 00:39

投稿元:ブクログ

非常に恥ずかしながら、21年の生涯初のロシア文学。

心のどこかで、いつかは触れるべきだと思っていながら漸く今回、読み終えることが出来た。
今までの他の作品であれば、読み終えたあとは何らかの気持ちに加えて、読み終えたという達成感のようなものを感じていた。
しかし今回は違う。
達成感も感じてはいたが、それ以上に「もうこの作品の世界を味わうことはできない」といった寂しさを感じた。
本作「アンナ・カレーニナ」を読むにつれ、アンナ、リョーヴィン、オブロンスキー、キティ・・・といった登場人物たちが私の日常生活の一部となっていった。
彼らと共に過ごした時間をもうこれ以上共有できないと考えると、やはり寂しさが表に出てきてしまう。

作品世界に関しての議論は私は専門家でも何でもないので、触れるべきではないが、少なくとも、この作品が人間のあらゆる側面を描き出しているということは断言できる。
本当にこれが、時代も場所も違う1870年代ロシアを舞台にして描かれていたのかと見紛うくらい、人間という生き物の中にある不変な本質を私に伝えてくれたと感じている。

我々は恋をする。
しかし恋敗れれば悲しみもするし、時によっては自分を捨てた相手を憎むこともあるかも知れない。
自分が愛していると思っている人が他の誰かを好きになる。
当然嫉妬も起こるだろう。
時代の流れの中で、以前は順風満帆であった事業に陰りが見られることもあるかもしれない。
自分の子供が出来れば、あれやこれやと自分がしたいと思っていることを子供に託すこともあるかもしれない。
このようなごくありふれた日常の様子・感情が実に細かく描写されている。

内容の充実度も勿論のこと、表現の観点からも、私はこの作品が「Masterpiece」であることを心から感じている。

2011/09/10 17:53

投稿元:ブクログ

もしキティがアンナの人生を見届けなければ、キティもアンナのような人生を選んでしまったかもしれないし、リョービンがヴェロンスキーの人生を見ていなければ、リョービンもヴェロンスキーのようになっていたのかもしれないな。

アンナ自身、リョービンとヴェロンスキーが同じであると見抜いていた通り。キティも無意識にそれは感じていたはずだ。

人間は基本的には過去から学ばない生き物だとおもう。

過去から学ぼうとするには、周りの人間の強烈な死を目の当たりにするくらいの現実的視野が必要なんだろうね。

人間の生き方は凄くシンプルなんだろうけど、シンプルに生きるのは、とても難しく感じる。

なぜなら理性があるから。
考える、という行為がある限り、シンプルなものをあえて難しくしてしまう。

苦悩から解放されたアンナが幸福であり、戦争にいく決心をした迷いなきヴェロンスキーが幸福であり、これからたくさんの苦悩迷いを味わうリョービンとキティが不幸だと考えてしまう自分は、やはり考えてしまうから自分は人生を難しくしている人間なんだと思う。

2011/08/05 22:29

投稿元:ブクログ

ブロンスキーとの愛に生きようとしながらも、苦悩し、葛藤するアンナ――。『アンナ・カレーニナ』完結編。

随分前に読み終わっていたのだけれど、卒論に気を取られていたせいもあって、感想を書くのが遅くなってしまった。
読み終えたときの感慨をすっかり忘れてしまったことに、自分が一番がっかりしているところ・・・。やはり、感想は本を読んだらすぐ書かなくてはいけませんね。

とはいえ、『アンナ・カレーニナ』は凄い小説であった。これは多分、間違いないと思う。

ストーリーだけを見ると、全巻読み終わった今、納得のいかないところも多々ある。
特にアンナのラストには、やりきれない気持ちが残った。こういう終わり方なのか、絶望した人間の行く末としてこれが選ばれたのか、と思うと憤慨にも似た気持ちが湧く。

リョーヴィンの心情も、結局はよくわからなかった。彼は地主貴族という階級も、美しく聡明な妻も持っているのに、なぜそこまで自分の存在意義について悩み続けることができるのだろう? 
それが悪いというのではない。しかし、私は人間というのは、日常生活で満ち足りているのに、その日常と同時に自分の存在意義について考えられるほど、タフな生き物だとは思えないのである。
だから、それだけ素晴らしい環境を手にしているリョーヴィンが、そんな日々の生活をこなしながらも、抽象的なことを考え続けられるだけのそのエネルギーの源が一体何なのか、最後までわからなかったのだ。

では何が素晴らしかったのか。何がこの小説を輝かせ、また人を引き付ける力となっているのか。
私はそれを、「生きることへの確信のなさ」だと思った。
今生きていること、自分が自分だけの人生を歩んでいること。その圧倒的な現実にしかし、誰一人確信を持って生きているわけではないこと。
トルストイがこの物語で描いたのは、この「自分の人生が思い通りにいかないことに戸惑い続ける私」なのではないか、と私は思ったのである。

これは恐ろしいことだ。自分で自分がわからないということ、人生は自分の思い通りには進まないということ、生きていく限り、自分は後悔を重ねるであろうということ。
それはつまり、絶望のことではないか。
しかし違うのである。個人にとってはそれは確かに絶望かもしれない。だが、周りの人間から見れば、それはあまりにも当たり前のことなのだ。
私達は天才というのが滅多にいない、ほとんどいない、ということを知っている。もしかしたら、天才と呼べるような人物を一人も知らないまま、人生を終えるかもしれない。けれどそれで「ああ、私は天才に出会うことなく人生を終えてしまった」と後悔する人はいないだろう。しかし、いつでも自分に何かしらの才能があればいいな、と人は誰しも思っているのだ。
要するに、それと同じことなのである。自分の人生が思い通りにはいかない、ということは当たり前のことで、他人がそんなことで嘆いていたってなんとも思わない。
しかし、どこかで自分の人生は、自分の思い通りにできるという思い込みが、私達にはある。まるで、実は何か自分には隠れた才能があるのではないか、と思うように。しかし、そんなことはほぼない。けれどその不思議な思い込みは消えない。だから、いざ自分の思い通りにことが運ばないとなると、絶望的な気持ちになるのである。

だからこの物語のヒロインであるアンナは、読者からすると「わがままだなぁ」と映るのかもしれない。絶望絶望って、それはあなたがわがまま言ってるからでしょ、となるのかもしれない。
本人にとっては地獄、しかし周囲の人間から見ればただの日常の一部。その極限とも言える状況を、誰の手にもゆだねることなく、登場人物に誰一人として確信を抱かせることもなく、冷酷なまでの寛大さで持って描かれたのが、この『アンナ・カレーニナ』なのかもしれない。

トルストイは恐ろしい人だなぁ。これだけ長い物語で、最後の最後まで「確信」を描かなかった彼の筆力、そして精神は驚嘆に値する。
そう、人生にゴールなんてものはない。どこからでもが始まりで、どこまでもが自由なのだ。
なんと茫漠とした世界。
まるで、広い宇宙に身ひとつで投げ出されたような。
私達はどこまででも赤ん坊で、どこまででも年を取れるのである。

余談なのだが、私がこの『アンナ・カレーニナ』を読み終わったのは、トルストイの没後100年から2日前だったため、読み終わったすぐあとにトルストイの記事をいっぱい見ることができた。タイムリーで、ちょっとうれしかった。

2010/03/05 07:30

投稿元:ブクログ

面白かった。当時のロシアの社会情勢(多分)と登場人物の恋愛物語がうまくからみあった,いろんな物がたっぷり詰まった話でした。アンナの心情の分析は,すごくリアルなところも興味深かったです。それにしても,やっぱり,アンナの話の結末はあーなってしまうのね。

2013/05/10 19:29

投稿元:ブクログ

これは愛の物語だったんだなというのが、読了後に出てきた感想。それはミクロ的には恋愛や結婚、家庭などを扱いながらもその副産物としての嫉妬や不倫といった側面も描き出し、そしてマクロ的には祖国愛や政治芸術を取り上げなら、最後には宗教愛へと結実させる。いずれにせよ、そうした抽象的観念は地に足の付いた、つまり日々の生活の中から見い出していくものなんだろう。だからこそアンナの最後は悲劇的になり、リョーヴィンの生活は続いていった。例え思想無き行動が存在するとしても、生活に基づかない思想が存在することは不可能なのだ。

2013/07/08 01:38

投稿元:ブクログ

さすがに4冊の大作となると、話が横に大きく広がりすぎてそれを全部追うのはつらいときもあったが、この終わり方に作者の新しい小説を模索する姿が感じられる。ところで、アンナ役にキーラ・ナイトレイはそぐわないと思う‥‥

2016/01/28 23:17

投稿元:ブクログ

4巻の長編だったけど、読み進めるほどどんどん面白くなった。またいつか読み返すだろう。

生き生きと描かれている。説得力のある心理描写や比喩が面白い。
それぞれの性格からはっきりと人生が分かれ、その人の個性と思考が露呈していく。

リョーヴィンの気持ちがその時あった出来事によってころころ移り、かわいい感じもする。素直と頑固。
義父のクラブの話で、ぶよぶよ卵というのを表現がおかしかった。

リョーヴィンは生きる意味とは何かと哲学的に考えようとしたりする。でも答えが出ない。そしてある時、知る。
リョーヴィンは生きる意味とは何なのかを知る。だからといって生活は今までと同じだ。だけど、知ったことでリョーヴィンは喜びを感じる。

アンナは自分が招いたことだけど、人のせいにして、自分のマイナス思考は被害妄想に近く、自分で自分を追い詰める。だからヴロンスキーなどが何か言っても全部アンナは気に入らないのだ。周囲が間違った考えを正そうとしても嫌がり、フォローしても疑ってかかる。つまり、周囲は全てはアンナのおっしゃる通りですよと否定なしに肯定のみ、愛を捧げなければならないのだ。周囲は間違っているし誤解を解きたいけど、それをするとアンナはまた被害妄想で怒るのだ。早く精神科に行くべき状態。
なぜそんなに追い詰められていくのか、その心理描写の移ろいがうまい。

それにしても、最後、了と文字があった時「あら!ここで終わりなんだ!」ってビックリした。

この小説でリョーヴィンの自分はいったい何なのかの考えを読んでて、私も「あぁ!なるほど!」と思った。そんな話は聞いたことがあるし、そう考えてる人には当たり前のことなんだろうけど、何だか実感したのは初めて。リョーヴィンがぱぁーっと喜んだように自分も同じ気持ちを共有した感じだった。
多分、リョーヴィンに好感がもてるからだと思う。

この小説は私の中でインパクトの強いものになった。
またいつか読み返そう!

ロシア ランキング

ロシアのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む