サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電波女と青春男(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/283p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867468-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

電波女と青春男 (電撃文庫)

著者 入間 人間 (著)

宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子と甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。「地球は狙われている」らしい。同居する布団ぐ...

もっと見る

電波女と青春男 (電撃文庫)

594(税込)

電波女と青春男

594(税込)

電波女と青春男

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「電波女と青春男」が含まれるセット商品

電波女と青春男 (電撃文庫) 全8巻完結セット(電撃文庫)

電波女と青春男 (電撃文庫) 全8巻完結セット

商品説明

宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子と甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。「地球は狙われている」らしい。同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオからの引用だ。俺の青春ポイントが低下する要因であり、本ミッションを阻害する根源でもある。天然癒し系な爽やか健康娘・リュウシさんや、モデルさんもびっくりの長身(コスプレ)少女・前川さんとの青春ポイント急上昇的出会いを経たにもかかわらず、俺の隣にはなぜか布団でぐーるぐるな電波女がいるわけで…。…俺の青春って、一体どーなんの。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都BAL店

最近一般の文芸書でも...

ジュンク堂書店京都BAL店さん

最近一般の文芸書でも著作のある注目度上昇中ライトノベル作家・入間人間によるラブコメです。
居候先の親戚の家で不思議な美少女イトコと暮らすことになって。。というベタな展開ながら、キャラクターの魅力と独特のクセのある文体で勢いよく読ませてくれます。軽快な掛け合いのなかに宇宙・時間・偶然と必然といったSF要素を絡めてくるあたりも、筒井康隆などから受け継がれるジュヴナイル~ライトノベルのマナーを感じさせます。
注目作家による王道ラノベ。是非御一読を。

京都BAL店コミック担当

みんなのレビュー69件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

劇薬投入

2010/01/03 17:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都会の高校に転校して来た丹羽真が叔母である藤和女々のお宅にお世話になることになる。叔母の一人暮らしだと聞いていた家には、何故か布団ですまきになって生活する娘、藤和エリオがいた。自分は宇宙人である!とのたまうエリオに困惑する真は、青春ぽさを評価する自分基準の青春ポイントが彼女により低下する気配を感じる。だが、転校先の高校では早速、御船流子と前川さんという二人の女子と知り合い、青春ポイントの高騰に期待を感じさせる展開も待っていた。

 布団に引きこもる従妹のエリオを適当に引っ張りまわしつつ、クラスメイトからほのぼの分などを補給して、自分の生活環境を改善していくのが真のミッション。クラスメイトや叔母を使って、明るく軽く回していくのだが、エリオが意外に重たいので、若干空回りしている様な感じも受ける。
 また、言い回しの誤用や、九版にもなって誤植が多いのは結構気になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/18 17:05

投稿元:ブクログ

みーくんまーちゃんより面白かった。文章の口当たりが全然いい。ただ既存のオタク関連のものに関するネタがばんばん出てくるのは私はどうだろうって思う。知ってる人だけ楽しませるのは物語を楽しむ人の数を減らしてしまうことに等しいよね。「前川さん」という女の子の存在意義が不明瞭。せっかく着ぐるみ趣味っていう超面白い設定があるのだから、物語の一番盛り上がるところでそれが生きてくると思ったのに、全然本筋に関係してこなかった・・・。もったいないー!!そのせいで彼女の存在が物語にとって不必要になってる。彼女とは大してフラグが立ってるようにも見えないから、「二人の女の子とフラグが立ってるのに!」という状況にも見えないんだよね。残念。でもそういうのを差し引いても結構面白かったです。なんやかや言って終盤がさわやかで美しい。みーくんまーちゃんを読んだとき、「この作者は過激なモチーフで読者の気を引くことに特化してしまっているのではないか・・・」と思ってへにょんってなってたのですが、そういうわけでもないみたいね。別の本が出たら読んでみる。

2010/06/24 22:06

投稿元:ブクログ

タイトルどおりのどこか変な電波を受信してるような少女と青春と思われる事柄にポイントをつけている少年のボーイミーツガールな作品。

引きこもり(?)な少女の更生話。
熱血というほどではないが自分の信念に沿ってつっぱしる主人公の様は嫌いではないのだが、妙にくどい語りの様相は少々うっとうしいw

2010/05/27 21:10

投稿元:ブクログ

 宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子との甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。

「地球は狙われている」らしい。同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオからの引用だ。俺の青春ポイントが低下する要因であり、本ミッションを阻害する根源でもある。
青春ポイント急上昇的出会いを経たにもかかわらず、俺の隣にはなぜか布団でぐーるぐるな電波女がいるわけで…。…俺の青春って、一体どーなんの。

2009/01/17 20:15

投稿元:ブクログ

“「ただいまー」
女々さんが靴をするすると脱ぎ、軽やかに家へ上がる。……ちょっと待って。
スリッパ履く前に、
俺の名を呼ぶ前に、
爽やか笑顔の前に、
気にかけることが、あんたの足下にあるだろう。

足下に一直線に引かれていたはずのスタートラインが、ぐにゃりと歪んだ気がした。”

んー…普通。
台詞が少なかったなぁとかなんとか。
青春ポイントをマイナス方向に稼ぎつつある丹羽真。
布団で電波で宇宙人の藤和エリオ。
黄色ヘルメットの御船流子
針金みたいな前川さん。
大人で子供の藤和女々。
宇宙人がいる都会の町での話。
記憶をなくした少女と飛べない自転車+宇宙人の話。

…次作あんのかなぁ。
あると、いいなぁ。

“「おい地球人、名を名乗れ」
「藤和、エリ……エリ、オ……藤和、エリオ!」
「おいっす。俺は丹羽真、ヨロシク」”

2010/07/18 19:35

投稿元:ブクログ

著者の作品はコレが初読みで、クセがある文体と言われてるのが多いみたいだけど、特に気にならなかったです。地の文が第三者的なものよりモノローグ形式の方が合ってるからかな。内容はなんだかとっても青春って感じがしました。主に後半。でも個人的にはリュウシさんが可愛い。

2009/01/25 19:16

投稿元:ブクログ

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~みたいな…
これで終わりでいいと思うが
続きそう



続くなら
今回主人公視点の話だったので
残りは二人のヒロイン候補の視点でやって
最後にメインヒロインの視点でエンディングを迎えて
ハッピーエンドしてください
記憶喪失ネタをサルベージして

2011/06/17 21:27

投稿元:ブクログ

完全にジャケ買いです。
ブリキ先生のリュウシちゃんの可愛さがなければ、読んでません。
最後の挿絵の可愛さに、最終巻も所持してますが、
この本読んだ感じでは全巻揃えたいとは思いませんでした。

好き嫌い分かれると聞いたので覚悟してましたが、
どっちかというと苦手な文章。
回りくどすぎて何が言いたいのかわからないというか…

ただ、そんな中お目当てだったリュウシちゃんは期待通りか
期待以上に可愛かったので★3つ。
このテのラノベは変な美少女+普通の少年パターンが苦手ですが、
この本の場合普通じゃない主人公+変な美少女+割と普通の子、でした。
リュウシちゃんは普通に可愛くてめさ好感度です。
しかも普通ぶってる普通、でなく、ちょいぶっとんでるのが
ナチュラルに普通、だったのでより可愛い。

なので、いわゆる「ラノベヒロイン」すぎる
前川さん&ヒロイン?・エリオ、女々さん
(これはヒロインじゃないか(笑)はちょっと好みでないです;

2010/07/24 04:16

投稿元:ブクログ

こっちは割と王道(?)なラブ度高めな青春もの...なのかな。
「みーまー」ほどカオスじゃないし、一般的にイメージする
ライトノベルって感じですね。まぁ、文体はこの人っぽく
一筋縄ではいかない読み難さですがw。
意外とこっちの方が人気あるのかもですね。
個人的な予想を上回るラブコメ(?)路線っぽいので
読み続けるのか...ビミョーだなぁ。

2010/05/16 22:54

投稿元:ブクログ

自分の作った青春ポイント制ルールを気にする少年が主人公。布団に包まり電波発言をする少女や、コスプレ(きぐるみなど)好きなクラスメイトなど、個性豊かな登場人物が揃う。文章に所々オタクネタが含まれており、元ネタが分かるとクスリとくる。

2011/05/22 19:38

投稿元:ブクログ

アニメのエリオちゃんがちょーきゃわいいキャロットジュースだったので原作も注入してみました。
やっぱりエリオちゃんはきゃわいいです。が、可愛さがアニメに負けている気がするので星4つ!

2011/07/30 06:10

投稿元:ブクログ

かの『涼宮ハルヒの憂鬱』がここら辺てきな何がしかを総ざらえした感のあるところに書かれるべきものって一体?かなんかチラチラ思いつつラノベの特性か知りませんけどぬべーと伸びちゃってるよな会話シーンにやや疲れつつも確かにくすぐられる甘酸っぱい感覚に牽引され217頁おしまいあたりのフレーズにたどり着き「おお!」と啓かれる、そう、××とは××であるべき!!そうかこれですか。

2009/05/13 21:12

投稿元:ブクログ

どこに向かって進んでいるのか!と読んでいる最中思いましたが、しっかり収集つけて終わらせてくれましたw
くせのあるギャグ路線と思いつつ青春を取り入れた王道的展開がとても良かった作品ですw

『「嘘つきみーくん」シリーズ』とはまた違った楽しみがある作品ですw

2016/12/16 21:51

投稿元:ブクログ

諸事情で叔母の家に居候する事になった主人公。
家について遭遇したのは、布団にくるまった、足。

そんなものが玄関に転がっていたら
聞きたいような聞きたくないような…。
ものすごくその心理は分かります!
宇宙人だと自分を紹介する従姉妹もすごいですが
ピザの食べ方の方がすごい。
そんなもの、どう布団の中で一気に…。
そもそも皮膚についたら、気持ち悪いかと。

クラスメイト(女子)との交流の横で
従姉妹の脱宇宙人を図ってみたり。
いっそすがすがしいほど、周囲には性別女、だけ。

2009/07/24 14:46

投稿元:ブクログ

物語がとても充実していて一般の方も楽しめる作品となっております。
一冊のページ数が多く、読みごたえもあるかと思います。
登場人物の心境の変化など、ストーリーが進むにつれて変化していく日常が見所。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む