サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

静野さんとこの蒼緋(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/333p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867480-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

静野さんとこの蒼緋 (電撃文庫)

著者 水鏡 希人 (著)

「お前に紹介したい人がいる」—そう父に言われ、蒼介が引き会わされたのは、可愛くも凶暴なひとりの少女だった…というか、今まで存在すら知らなかった双子の妹・緋美子だった!!?...

もっと見る

静野さんとこの蒼緋 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「お前に紹介したい人がいる」—そう父に言われ、蒼介が引き会わされたのは、可愛くも凶暴なひとりの少女だった…というか、今まで存在すら知らなかった双子の妹・緋美子だった!!?押しかけ的に同居することになった緋美子に終始やられっぱなしの蒼介。家だけでなく同じ学校に通うことにもなってしまっていよいよ息つく場所もなくなり…。そうまで蒼介をやり込める緋美子の真意とは?そして双子ともども巻き込まれてしまった、学校で起こる妙な事件の真相とは!?口も達者、腕っぷしも強くて、でもとってもかわいい双子の妹の登場から始まる、ドタバタ学園コメディ登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

最近ハヤリ(?)の押し掛け同居モノ+α

2009/01/12 00:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は表紙買いである。買った後でアノ作品の作者と判って期待したが、結果はまずまずというところか。第一章は主人公【蒼介】の双子の妹として突然現れた【緋美子】とその父【優太郎】が秘密を共有しながら蒼介だけカヤの外という場面が目立つため、不貞腐れ気味に意気がる蒼介と強気な緋美子との衝突が何とも釈然としない気分にさせる。第二章から流れが変わり、次第に緋美子の素顔が垣間見え、蒼介との仲もこなれて始めてから面白くなってきた。(よく見ればバレバレだが)表紙にヒントがあるように、蒼介の家族には特殊な能力があり、今まで蒼介がその能力を自覚しなかった理由、そもそもなぜ母と離れて暮らしていたのかが後半で明らかになってくる。直接ではないが13年振りという蒼介と母との邂逅は、本作の家族パートでのクライマックスである。

本当は「お兄ちゃん大好き!」な感情もありながらツンケンしている緋美子は、蒼介が密かに慕うクラスメイト【優奈】が気になるようで、蒼介と優奈が2人でいるところをさり気無く邪魔するところなどは結構可愛らしい。兄の恋の行方なんてどーでもいいんだけどなんか面白くない、みたいなところが出ていて良かった。ただ、この「気になる」にはもう1つの意味があり、それが学園パートの結末に繋がっていく。

学園での事件も解決し、蒼介と緋美子の仲も随分改善された形で終わりを迎えるが、本作に続きはあるのだろうか。今回の騒動の元凶となった科学部にも未活躍のメンバーはいるので、話を膨らますことも出来なくはないとは思うが、蒼介と緋美子の能力を発揮する場面を設けるのが難しい気がする。あとがきにある「次回」というのが本作の続編なのか別作品なのかも判然としないので、蒼介達のその後は読んでみたいのだが、本作は完結の可能性もあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当に書きたいものを書くべきか、売れることが大事か

2009/01/11 11:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 静野蒼介は高校二年生。物心ついたころの記憶には母はなく、父と二人で暮して来たのだが、ある日突然、双子の妹である緋美子を紹介される。しかし、全く妹の記憶がない蒼介は混乱してしまうのだが…。これだけ書くと、蒼介はどんだけ記憶力がないのか、という話になってしまうが、その理由は後ほど明らかになる。

 何か少しちぐはぐな印象を受けてしまった。家庭内の問題を旋律A、学校で起きる事件を旋律Bとすると、最終的にAとBはまとまって一つになるのだけれど、途中、Aが激しい時はBはゆるやかに、もしくはその逆に、とペースがばらばらという印象を受ける。それでも、AとBが上手くつながれば良いのだけれど、それが微妙にずれていると感じてしまったので、すっきりしなかったのだと思う。
 今回は機能しなかった意味のない伏線的なものもあるので、そういうものを排除して、2/3くらいに圧縮した方が、中だるみ感を感じさせないと思う。キャラクター的には、科学部部長の宴堂や、新聞部の浅井など、色々と面白そうな人たちがいるので、部分的にそれらを突出させると、メリハリがついたような気もする。
 とにかく、続編がありそうな書きっぷりなので、それを待ちたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/14 20:20

投稿元:ブクログ

この前の電撃大賞で金賞だった「君のための物語」の水鏡さんの新シリーズ。
筆力は流石のもので、地の文の上手さは保証しますし、分厚さの割に展開が早く中身が濃いのも○。


しかしなんというか表紙の影でだいたい話が読めるというwww
これは意外性の減少という意味でマイナスではないのか?と少し思ったり。


内容的には良くある(あるのか?実際あまり見ない気もするw)「実は双子の妹がいてその妹は××××ででもって事件に巻き込まれて…」みたいな話。


ただイマイチこう妹とのドタバタでニヨニヨする部分と学園内の事件でシリアスする部分の噛み合わせに違和感が。
2つの内容を強引にくっ付けた感じを受けなくもないですねー、そのせいで展開が早すぎる気もする。
上にも書いたように中身が濃い=1粒で2度おいしいっちゃあおいしいんですが。


××××の部分もちと唐突で「涼宮ハルヒの憂鬱」での長門のカミングアウト部分的な印象を受けなくもない。




この人は「君のための物語」みたいな透明感のある切ない話の方が向いてるように思えたんだが果たしてどうなるかな。


まぁ脇キャラも顔見世程度でこれから色々深く描かれることでしょう、ひとまずは次巻に期待。

2011/05/10 23:40

投稿元:ブクログ

「お前に紹介したい人がいる」――そう父に言われ、蒼介が引き会わされたのは、可愛くも凶暴なひとりの少女だった……というか、今まで存在すら知らなかった双子の妹・緋美子だった!?押しかけ的に同居することになった緋美子に終始やられっぱなしの蒼介。家だけでなく同じ学校に通うことにもなってしまっていよいよ息つく場所もなくなり……。そうまで蒼介をやり込める緋美子の真意とは?そして双子ともども巻き込まれてしまった、学校で起こる妙な事件の真相とは!?口も達者、腕っぷしも強くて、でもとってもかわいい双子の妹の登場から始まる、ドタバタ学園コメディ登場。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む