サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蒼穹のカルマ 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蒼穹のカルマ 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 橘 公司 (著)

蒼穹園上空、高度二千メートル。抜けるような青さ、絨毯のように敷き詰められた層積雲が広がる空に突如現れた不純物—空獣。その不純物を駆逐し、飛空するひとつの騎影。長い漆黒の髪...

もっと見る

蒼穹のカルマ 1 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

蒼穹のカルマ1

626 (税込)

蒼穹のカルマ1

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「蒼穹のカルマ 1」が含まれるセット商品

商品説明

蒼穹園上空、高度二千メートル。抜けるような青さ、絨毯のように敷き詰められた層積雲が広がる空に突如現れた不純物—空獣。その不純物を駆逐し、飛空するひとつの騎影。長い漆黒の髪を踊らせ、空を舞う鎧を身にまとい、空獣の血で空を彩る騎士・鷹崎駆真。「任務完了だ」落ち着き払った声を発し、いかなるときにも狼狽えることのない彼女の鉄仮面。ある日、彼女に空獣警戒の緊急任務が言い渡される。蒼穹園の空を護る彼女の返答はもちろん…、即座に拒否!?えっ、ええ!!その日、駆真には任務よりも大事なことがあった!!第20回ファンタジア長編小説大賞準入選作、暴走し、駆ける。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ファンタジア長編小説大賞準入選(第20回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ライトノベル的設定と発想の「走れメロス」

2010/05/16 23:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

このタイトルに「挿絵:森沢晴行」で、この表紙を目にしたら『追憶』から『恋歌』に連なる『飛空士』の世界観にバトルあり、メカも出るかな?みたいな作風を期待することだろう。これは半分アタリで半分ハズレである。もちろん良い意味で。舞台は空、敵も空、バトルあり、メカも少しあり、異能的要素にRPG的要素もある。ここまでは「アタリ」だが、恋する乙女的なラヴはなし。その代わり、物凄い偏愛を小学生の姪っ子【在紗】ただ1人に向けるヒロイン【駆真(カルマ)】の振る舞いが著しく痛快に「ハズレ」る物語である。冒頭、所属する蒼穹園騎士団での駆真を端的に示す一文から始まるが、こうした冷静沈着な鉄仮面とは異なる、在紗の前限定の変わり様、そのギャップは凄まじく、口絵はもとよりP.25やP.85の挿絵でも確認できて笑える。しかも、駆真は正義の味方でも何でもなく、途中で訪れたいろいろな場所や様々な状況にあっても、ヒロインにあるまじき言動で登場人物だけでなく読み手までも愉快痛快に裏切ってくれるのである。常識に対して否定も反抗もせず、ただ在紗のためだけに超然と無視していく固定観念とのズレが天晴れに見えてくるのは、これが唯我独尊の自己中に見えながらも、その実が猛烈に「在紗中」だからであろう。そして、そんな駆真が在紗のために駆け付ける、傍から見ると「何もそこまで」という意気込みで駆け付けようとするのが本作の骨子である。最初に目的を明示し、そこへ一直線に向かいたいのに邪魔が入って上手くいかないドキドキを感じながら、駆真と一緒にゴールを目指すスタイルは、その想いの種類こそ異なるものの、まさに『走れメロス』であり、所々の紆余曲折に今後の行方も含めて結末までの道程を楽しむ作品と言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

様々な世界観がカオスに混じりあう

2010/05/30 18:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 空獣が高空を支配する世界。彼らがもたらす被害を防ぎ、彼らを資源として利用するため、蒼穹園騎士団は空獣を狩る。鷹崎駆真は17歳の女性でありながら、近接戦闘で圧倒的な実力を誇る騎士の一人だ。そんな彼女が何よりも尊重するもの、それは国でも騎士の誇りでもなく、ただ一人の姪、在紗だ。

 解説でやたらとギャップを強調しているのでもっと堅い部分があるのかなと思ったけれど、ほとんど初めからテンション高くストーリーが繰り広げられる。
 在紗のシーンと駆真のシーンが交互に繰り返されながら、互いの出来事が微妙にリンクする。これが偶然でなければ、どちらかには世界にとって重要な人物がいることになるんだけどね。

 様々な世界観がカオスに混じりあうので、次の展開に向けての実験的手法という見方もできるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/06 00:28

投稿元:ブクログ

友人の息子さんのデビュー作。
ゲーム好きな中高生あたりにはとても面白いと思います。よかったらぜひ。

2010/03/18 20:52

投稿元:ブクログ

表紙詐欺ってのがよく分かりました(笑)駆真さんがいろんな意味でステキです。任務拒否など行動が不純な動機だけどある意味純粋。在紗もええ子だから分からんでもないけど。ラストの展開は燃える。

2009/02/25 17:42

投稿元:ブクログ

17歳っていう若い設定のはずなのに、叔母で少尉だからそんな感じがまったくしない男前な女主人公。
2巻で百合方面に進むかどうかがわかるようなので期待中。

2009/12/14 11:27

投稿元:ブクログ

良く言えばファンタジック、悪く言えば
都合主義のこの設定...というか世界観に
入り込めれば楽しく読める...か?

自分は入り込めました(笑)。
主人公カルマのキャラ設定もしっかりブレがなく
まさに神憑り的な活躍と、姪っコに対する無条件な
ラブ度のギャップも微笑ましい。

空獣〈エア〉の描写が物足りない為、
騎士団そのものがイマイチ分かり難い部分が残念ス。

2010/01/31 01:43

投稿元:ブクログ

表紙やカラーからは想像のつかない展開に。買った当初は正統派ファンタジーかと思ったら全然違った。それを割り切れば面白いかな。ってわけで評価は3.5なんだけど無いので4で。
ってか作者は20歳なのね。俺と同い年か。

2010/01/13 23:02

投稿元:ブクログ

カルマの妹であるアリサへの愛情はもう、異常者としか言えないくらいの境地に達してるなww
適度のシスコンはいいけど、そこそこでお願いします
画とキャラとしては、ウタがよかったかな
これ読むなら、ユリ要素が入ったストライクウィッチーズのほうがお薦め

2010/06/18 08:06

投稿元:ブクログ

これはかなりブッとんだ作品(いい意味で)
いろいろと詰め込んでいるが他の作品と比較しても詰め込みすぎてる感が出てないのがいい。

それにしても主人公であるカルマの行動はめちゃくちゃすぎるw

2013/09/19 14:28

投稿元:ブクログ

評価:☆3.5

第20回ファンタジア長編小説大賞準入選作、暴走し、駆ける!

ということで読み終えました本作。
いやーもっとギャグ寄りの作品だと思ってたんですが、予想以上に真面目でした。
ギャグを期待してたぶんここはちょっとガッカリ。
その内容も唐突でまとまりがないように感じた。あとがきで作者自身も言ってるように具だくさんの鍋のよう。

ただ、姪の在紗のことが大好きすぎるカルマは見てて面白かったww
もっとこの路線で攻めてくれると個人的には嬉しい。

2014/03/06 17:34

投稿元:ブクログ

空から現れる空獣と呼ばれる怪物。蒼穹騎士団最強の騎士、カルマに緊急の命令が下される!

みたいな堅苦しい内容かと思ってたら、姪の授業参観に急ぐ話でした。
姪のためなら、魔王だろうが魔神だろうが、神だろうが恐れないカルマが面白かったです。

2015/10/01 13:00

投稿元:ブクログ

そこそこ面白い。空戦ファンタジー作品……の皮を被った何か、みたいな。好みが分かれそうな作品ですね。/表紙とタイトルからてっきりシリアス路線の空戦ものだとばかり思ってたら、突如異世界に召喚されて勇者様!とか言われたり、古代遺跡で動く人形のマスターになったり。かと思えば神様の迷宮を攻略し始めて……、と。非常に混沌としてますね。個人的にはこういう作品も嫌いじゃないです。/【星3★★★☆☆】

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む