サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美丘(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 377件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-385402-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

美丘 (角川文庫)

著者 石田 衣良 (著)

美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美...

もっと見る

美丘 (角川文庫)

555(税込)

美丘

540 (税込)

美丘

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に急速に魅かれていく。だが障害を乗り越え結ばれたとき、太一は衝撃の事実を告げられる。彼女は治療法も特効薬もない病に冒されていたのだ。魂を燃やし尽くす気高い恋人たちを描いた涙のラブ・ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー377件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

ひどい・・・

2013/03/03 23:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこのドラマも観なかったし、書評やレビューも今まで見なかった。まったくのサラで初めて読んだ。

ハードカバーが出版された時から、その表紙の写真や作者などから、「きっとエロい話なんだろう」と思っていた(タイトルも"びきゅう"と読んでいた)。
しかし今回読み始めてすぐに、これはそのような話ではないとすぐにわかった。残念なことに、美丘はきっと若くして普通の人がかからないような病気で死んでしまうのだろうということまで、想像できてしまった。
まったく想像通りだったので、拍子抜けした。こんなに安直な話があっていいものだろうかと驚いた。作中で美丘自身も『セカチュー』らしき物語のことを悪しざまに言っていたにもかかわらず・・・。

『セカチュー』の時も思ったことだが、人が亡くなるのは悲しい。ましてや恋人がなくなるのは、さらに悲しい。さらに若い人がなくなるのはもっと悲しい。
それはわかる。
泣きもする。
でも、悲しいのと感動は違うと思う。
――『セカチュー』を読んだ時そのようなことを言ったら、弟に冷たい人だと言われたが、こんな安っぽいストーリーで「感動した」とか言うほうが不思議だ。先ほども書いたが、悲しいのは悲しい。でもそれとこれとは別問題だ。
だいたい人が死んで感動するなんてこと、実社会にはあり得ないと思うが・・・。身近な人でなくても、やっぱりかわいそうとは思っても感動なんてしないと思う。

ひとつ聞きたいのだが、こういうストーリーで「感動した」と言う人は、たとえばお年寄りが亡くなった時にはどういう反応をしめすのだろう?「人の死」=感動、なのか?それとも「若い人の死」=感動、なのか?

どんな年齢の人だって、亡くなれば、周りの人は悲しい。
どんな亡くなり方でも、周りの人は悲しい。
そのことをよく覚えておいて、物語を読んでほしいと思う。

著者の石田衣良さんに聞きたいのは、なぜ『セカチュー』の二番煎じをわざわざしなければならなかったのか、ということ。文庫が出てから丸3年も経ってからこんなこと言ったって、なんの意味もないんだけど、あまりにもしょうもなさ過ぎて書かずにはいられなかった。

評価は1点が最低だったのでそうしたが、できればゼロ点にしたいくらい。読むのにかかった時間を返してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣いた

2009/05/06 22:23

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく泣きました。
こんな女の子がいて、知り合いだったら絶対に泣いてしまいます。
恋人なら尚更…
石田氏は女性を描いてもアツいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしいとか凄いとか、それしか書評タイトルが思い浮かばない。

2009/07/16 11:24

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

悩みに悩んでも、全く書評タイトルが思い浮かばなかったのは初めて。何度書き直してもしっくり来ない。所詮私の稚拙な短い言葉で、この作品を一言で現す事など到底出来ないのだと諦めた。
二十歳の大学生、太一の独白で始まる本作品。ほんの2ページ程のそのプロローグを読んだだけで、素晴らしい作品で有る事を直感し、直後から物語に引き込まれてしまう。そして作品の最後の一行を読み終えた時。私はまたこの最初の2ページを読み返し、ぽかりと胸に空いた大きな穴を太一の言葉で埋めずにいられなかった。これはきっと、この作品を読んだ誰もがする作業に違いないと思う。

読書が好きという以外は、取り立てて目立つ所も無い大学生太一と仲間5人。その太一達の前に突然現れた女の子、美丘。美しい丘、とかいてミオカ。気に入ったら例え誰かの彼氏だろうと、例え女の子であろうと、手を出してしまうような破天荒な女の子。善だと思えば友達を差し置いても困っている老人に手を差し伸べ、悪だと思えば例え屈強な男だろうと、コンクリの塊で頭をカチ割り前歯をへし折ってしまう。どうしてそんな生き方が出来るのか。美丘は言った。「人生は永遠じゃないって、知ってるから。」だから自分の欲望に正直に真っ直ぐ、生きる。当たり前のように思えるその言葉には、実は深い意味があった。彼女は絶望的な病気の、感染者だったのだ。ミオカは流れ星が燃え尽きるように、命を削って輝いていた。次第に美丘惹かれて行く太一。大事な人を裏切っても、太一は美丘を選ばずにはいられなかった。そして二人は絶望に裏打ちされた幸せな日々を、共に過ごしていく。しかし絶望は恐ろしい速さで二人を追いかけて来た。病気の発症。薄れ行く美丘の記憶。太一の事さえ、分からなくなってゆく美丘。太一も美丘もただ涙する日々に、思い出された約束。そして太一は、忘れていた約束を守る為に、病床の美丘の元へと向かうのだった。あまりにせつない、その約束を守る為に。

石田衣良作品が好きです。池袋ウェストゲートパークに魅せられて以来、ほぼ全ての作品を読んできました。どの作品も完成度が高く、胸震わされる物ばかり。それはきっと人間の本質や、命を謳った作品が多いからのように思う。本当にどの作品も素晴らしいけど、しかし本作品の凄さはどうだろう。凄いというか凄まじいというか。そんじょそこらのお涙頂戴ストーリーとは一線を画す…どころかカテゴリさえ異にしたい。感動じゃない、感涙でもない。ココロが叫ぶ、「すげぇ」。あまりに命の物語、あまりにヒューマンな物語である。また細かな設定やふとした描写も素晴らしい。テーマもストーリーも素晴らしいが、細かい所でやはり石田さんの比類なき筆致が際立った一作だと思う。私的には氏の最高傑作、と評価したい。
終盤はダニエルキイスの名作、「アルジャーノンに花束を」に少しテイストが似ているだろうか。いやその先にあるのが確実な死であるのだから、本作品の方が残酷かもしれない。でもだからこそ、そこからは強烈なメッセージが送られてくる。

死んでも死にたいなんて言うな。みんな生きろ。
今日を一生懸命全力で生きろ!

ミオカのそんな声がココロが、頭に胸にガンガンと流れ込んで来るようだ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/13 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/30 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/16 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/05 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/14 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/07 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/30 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/22 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/11 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/25 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る