サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. パララバ Parallel lovers

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パララバ Parallel lovers(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/282p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867518-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

パララバ Parallel lovers (電撃文庫)

著者 静月 遠火 (著)

遠野綾は高校二年生。平凡な日々を送る彼女の一番の幸せは、部活を通して知り合った他校の男子生徒、村瀬一哉と毎日電話で話すことだった。何度も電話をするうちに、互いを友人以上の...

もっと見る

パララバ Parallel lovers (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

パララバ ―Parallel lovers―

594 (税込)

パララバ ―Parallel lovers―

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遠野綾は高校二年生。平凡な日々を送る彼女の一番の幸せは、部活を通して知り合った他校の男子生徒、村瀬一哉と毎日電話で話すことだった。何度も電話をするうちに、互いを友人以上の存在として意識し始めた二人だったが、夏休みの終わりに一哉は事故死してしまう。本来であれば、二人の物語はそれで終わったはずだった。しかし一哉の通夜の晩、綾のもとに一本の電話がかかる。電話の主は死んだはずの一哉。そして戸惑う彼女にその声は告げた。死んだのはお前の方ではないのかと…。二人が行き着く真実とは!?出会えぬ二人の運命は!?携帯電話が繋ぐパラレル・ラブストーリー。切なさともどかしさが堪らない、第15回電撃小説大賞「金賞」受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞金賞(第15回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.8

評価内訳

代替可能なものと不可能なもの

2009/02/08 12:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村瀬一哉は高校二年生、北高合気道部の部長だ。南高合気道部との合同練習を企画した時に南高の連絡係となった遠野綾は、毎日帰宅後に携帯電話で連絡を取り合う友達だ。だが、夏休みの終わり、綾は突然いなくなってしまった。通り魔に殺されたのだ。
 彼女の通夜に参列した夜、いつものように電話をかければ彼女の声が聞けるのではないかと思って連絡すると、携帯の向こうから聞こえるのはいつも通りの綾の声。いつもの様に今日何をしていたかを話していると、突然彼女が言ってきた。「今日の夜は一哉の通夜に行っていたんだよ」と。電話の向こうの一哉は、北高の屋上で水たまりに足を滑らせて頭を打って事故死したらしい。でも、高所恐怖症の自分が屋上になんか行くはずがない。そう言うと、綾は犯人捜しをしようと言ってきた。自分の仇をとる、と。
 パラレルな世界で恋する二人がそれぞれ事件の謎を追う物語が、遠野綾の視点で描かれています。

 この物語、携帯電話の向こうの一哉の存在がなくても、成立させることが可能に見えます。経験上の現実でとらえるならば、パラレル・ワールドの一哉の存在は綾の幻想で、綾が一人で頑張って、それまでの自分の殻を破り、事故死の真相を暴いていく物語ととらえることも可能です。そんな見方はとても野暮で、一哉と綾の暖かなやり取りを汚すような気もするけれど、この見方は示唆的なものがあります。
 綾が死んだ一哉の世界と、一哉の死んだ綾の世界は、ほとんど違いがありません。それぞれの世界では違う人が死んだのに、でも世の中の出来事は大体同じです。作中でも一哉が言います。ピンボールでピンが1本抜けたとしても周りが変わらないなら他のピンがそのピンの代わりをする、と。しかし、綾にとっての一哉の代わりはいないし、一哉にとってもきっとそうでしょう。すべてのものが代替可能なわけではなく、作中でも二つの世界のずれが大きくなっていきます。
 本当にパラレル・ワールドがあったのか、あるいはなかったのかは、これから読む方がそれぞれ感じることであり、どちらが正しいのかは分かりません。学校と部活、高校生と小さな商店、そして携帯電話。描かれている世界はそれほど大きいものではないのに、まだまだ色々な人間の描き方があるんだなあ、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中途半端で甘い作り

2009/07/25 10:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

想像していたより重い話だったが、ネタもストーリーもかなり安直でありがち
そのせいで先の展開が読めすぎる
色々ミステリ的な要素があって、謎解き風だがこれでは台無し
情景描写が弱く、場面転換が分かりにくい
ミステリ的には甘い作りで、ラブストーリーとしても中途半端になってしまっています

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/23 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/17 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/20 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/14 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/08 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/16 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/22 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/26 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/09 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/27 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む