サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

贈与論(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-09199-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

贈与論 (ちくま学芸文庫)

著者 マルセル・モース (著),吉田 禎吾 (訳),江川 純一 (訳)

贈与論 (ちくま学芸文庫)

1,296(税込)

贈与論

1,134 (税込)

贈与論

ポイント :10pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すべてが与えられたのだとすれば

2011/01/16 21:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「幸運にも今はまだ、すべてが売買という観点から評価されているわけ
ではない。金銭面での価値しか持たないものも存在するが、物には
金銭的価値に加えて感情的価値がある。」

1920年代に本書でモースはこう書いた。今をときめくマーケティングの
手法の本を読めば、商品企画に必要なのは機能的価値の付加に加えて
情緒的価値の醸成である、などと書かれている。物と人間を巡る「思い」の
やりとりは、産業革命を経て、本書によって再び、神話の時代へと結び
付けられたといって過言ではない。人類の些細な歴史の流れを根本から
覆すような力を秘めた書物、それが本書『贈与論』だ。

贈与とは物を介して己を差し出すことであり、その贈与を受けた者は
返礼の義務が生ずる。モースは20世紀初頭の先進国において「未開社会」と
されていた北米原住民や太平洋の島々の贈与・交換の習慣の中に、今に
連なる経済の発芽を見出す。古代ローマやインドの法体系においても、
物を誰かにあげるという行為は、単なる受け渡しに留まらない人間の
文化的行為であって、特に物を受け取った側の義務は至るところで
見受けられる。貨幣による市場が発達する前の人間社会では贈与という
行いに一定のルールがあり、物に付随する感情的価値を重視しており、
それはつまり、その感情的価値というものが人間を人間たらしめている
何かなのだ。

とりわけ印象的なのが、古典ヒンドゥー法に見られる物の扱われ方。
土地、食物、贈られる物には全て人格が与えられており、それらは人と
話し、契約にも参加する生命を持つ存在であり、贈られたいと望んでいる。
そこでは己と物とが対称であり、扱うことは扱われることでもある。
その法は、道具が人体の延長であるという考え方を更に超えて、人という
物がやがて緩やかに地球につながり、己のエネルギーの源に気づくような
力を持ちえている。

レヴィ=ストロースやバタイユ、岡本太郎にも影響を与えたといわれる
モースの思想は、贈与という軸を通じて、「やがて自分が返すべき物」を
喚起してやまない。否、いま自分に出来ることはなんで自分は出来る
ようになったのか、まで考えさせてくれる。すべては与えられたのかも
しれない。それはどこかで精一杯返さないといけないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/07 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/31 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/29 05:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/08 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/11 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/24 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/24 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/16 05:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む