サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630467-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 アサウラ (著)

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける高校生・佐藤洋。ある日、佐藤は自分に凄腕の『狼』の証である二つ名がついていることを知る。しかし、その名は理想とはかけ離れた悲惨なものだった...

もっと見る

ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

637(税込)

ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円

497 (税込)

ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円

ポイント :4pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ベン・トー (集英社スーパーダッシュ文庫) 12巻セット

  • 税込価格:8,11975pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける高校生・佐藤洋。ある日、佐藤は自分に凄腕の『狼』の証である二つ名がついていることを知る。しかし、その名は理想とはかけ離れた悲惨なものだった—!同じ頃、戦場に圧倒的な力を持った双子の沢桔姉妹が現れ、次々と弁当を奪取していく。彼女らには訳ありの過去があり…!?さらにHP同好会に迫る死に神の魔の手に槍水が最大の危機を迎える!—半額シールが舞う時、『狼』たちの咆哮が上がる!空腹を力にただ前へ!力の限りその手をのばし、弁当と勝利をつかめ!庶民派シリアス・ギャグアクション、人気もうなぎ昇りの第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

気高き狼達の信念と暗黙の結束

2009/01/25 17:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは佐藤洋クン「素敵な二つ名の襲名おめでとう」と言わねばなるまい。今回も安定した充実振りである。地域密着だからからこそ生まれる、お互い語らずとも理解し合う暗黙の結束みたいなものをテーマにしたことが変化球で良かった。新登場のキャラもいれば前巻からの引き続きもいてバラエティ豊かになりながら、主力メンバーの役割分担も明確になりつつある。白粉さんは、もぅ思う存分好きな世界に没頭していてください。ええ。著莪あやめの、洋だけに見せる甘えんぼ振りも本シリーズの重要なスパイスになっている。前半でお役御免とばかりに後半の登場機会を失ったが、それを補ったのがまさかの槍水仙先輩。今回は先輩が超カワイイ!健気な一面を見せたり、思わぬプライベート公開といったサプライズもあって良かった。

本編は、強過ぎたがために受けた辛い過去を清算しようとする双子の解放の物語である。実は今も昔も無くならない社会問題が背景に隠された、ややシリアスな側面があり、その醜い仕打ちのトラウマに苛まれる双子(姉)の姿には狂気を感じるほど。当初はこの双子の意図することが分からず、何とも言えないもどかしさと一抹の焦燥感を覚えるのだが、少しずつ明らかになっていく過程の面白さを感じながら、クライマックスで一気に解決して盛り上がる展開を楽しめた。逃避と対決、拒絶と寛容が描かれ、かつてと正反対な行動で双子が受け入れられていく怒濤の展開がミラクルながらアツイ。今回も最後で胸がスカッとする心地よい結末である。

余談だが、本巻でもやっぱり出てくる佐藤(父)の武勇伝。今回も○○○○絡みの強烈なエピソードである。このお父さん素敵過ぎ。あと表紙裏の主要登場人物にある最下段の人物に限り頭に『筋肉刑事の』との注釈を要する。これだけ笑える本編以外にもネタが仕込まれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死神をネタに佐藤と著莪はくっつき過ぎ

2009/03/21 20:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前半は著莪と戯れたり、風邪をひいて先輩に見舞ってもらったり、佐藤のまったり生活が見られます。代わりに白粉の出番がめっきり減って、あの妄想も数えるほどしか聞けません。バトルもマジじゃないし。
 一方、後半戦はかつてないほどの激しい展開。氷結の魔女を沈めたオルトロスを相手に、佐藤が月桂冠のうなぎ弁当を賭けて勝負を挑みます。風邪で寝込む先輩への手土産のために闘う佐藤はかなり強気。次巻は映像的に華やかな展開になるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/07 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/24 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む