サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. シャムスカ・マジック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シャムスカ・マジック
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-215231-0
  • 国内送料無料

紙の本

シャムスカ・マジック

著者 ペリクレス・シャムスカ (著)

強豪とはいえない大分トリニータを、ナビスコカップで日本一に導いたペリクレス・シャムスカ監督。弱小クラブを日本一に導いたその手腕の源は、人心掌握力にあった。その秘密を自身が...

もっと見る

シャムスカ・マジック

907(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強豪とはいえない大分トリニータを、ナビスコカップで日本一に導いたペリクレス・シャムスカ監督。弱小クラブを日本一に導いたその手腕の源は、人心掌握力にあった。その秘密を自身が初めて解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

バランスと対話

2009/04/11 02:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2005年、J2降格の危機にあった大分トリニータの監督にシーズン終盤から就任し、その年のJ1残留、さらにその後2008年にはカップ戦で優勝も果たしたシャムスカ監督の著書。

 語られているのは、大分サポーターの人にとっては当たり前の話かもしれないけれど、就任後の大分の快進撃をいちサッカーファンとして見ている自分にとっては、興味深かった。

 特に印象的だったのは、「バランス」という言葉。この言葉がサッカー監督から発せられると戦術的な意味を想像するが、シャムスカ監督の場合はそれだけに止まらない。監督のサッカーに対する考え方のキーワードが「バランス」になる。
 もちろん、試合中の攻撃と守備のバランスや、相手チームの長所・短所に自分たちのチームを合わせる、というバランスもある。しかし他にも、チーム内での若手・ベテランの組み合わせや、チームの全選手に活躍のチャンスがある点もバランスのひとつだし、戦術・技術だけでなく精神面も重視する点からも、バランスを重視していることが分かる。試合中に監督自身が見せる感情のメリハリも、やはりバランスだという(p.29)。

 そしてもうひとつ、「対話」も重要なポイントになる。大分のチーム内の結束力が「シャムスカ・ファミリー」と呼ばれていることは、Jリーグのファンには知られているだろう。その結束は、単なる仲良し集団ということではない。事実、大分の「誰もがレギュラーになるチャンスがある」ということは、「誰がレギュラーを外れてもおかしくない」ということでもある。
 そのような厳しさの中でも、監督は選手へ意図を伝えるために対話をし、選手間でも話をする。それが信頼になり、結束になるのだろう。

 シャムスカ監督の話を読んでいると、大分はこれからもJリーグで結果を残していくだろうと想像できる。さらに、「シャムスカ・ジャパン」にも期待が広がる。監督自身も、この本で控えめながらその希望を表明している。世界の中で強豪とは言えない日本の戦い方は、Jリーグの中で中位のクラブである大分の戦い方と、通ずるところがあるのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/06 22:40

投稿元:ブクログ

2009/2/6 Amazonより届く
2009/6/4〜6/6
ウズベキスタン戦を前に移動用であった「シャムスカ・マジック」を読了。
降格危機にあった大分トリニータに着任後、チームを建て直しJ1残留を決め、昨シーズンはJ1リーグ4位とナビスコカップ優勝を成し遂げたシャムスカ監督の自伝。非常に論理的な文章で非常に頭の良い人である印象を受ける。(私の個人的感覚であるが、頭の良い人(テストで点をとれる、という意味ではない)は、大事なシーンにおける記憶力が優れている人であると思う。シャムスカさんはまさにそういうタイプに思える)今シーズンは怪我人も非常に多く苦しんでいるみたいであるが、何とか立て直して九州のJ1の灯を守って欲しい。(でも山形には勝たないでね)

2009/10/31 00:29

投稿元:ブクログ

「シャムスカ・ファミリー」「大分マジック」
の強さの秘密が垣間見えたかも。

しかし、二度目の「奇跡」は厳しいのかなぁ・・・。


【2009年7月16日読了】

2009/02/07 23:42

投稿元:ブクログ

 2009年の15冊目。弱小チームだった「大分トリニータ」をナビスコ杯優勝まで、導いたシャムスカ監督へのインタビュー本です。

2009/05/04 22:09

投稿元:ブクログ

2009年3月4日開始
2009年3月4日読了

 磐田に向かう新幹線車中で読了。

 題名通り、大分トリニータ監督の監督論・指導論などをインタビュー形式でまとめた本。
ためにはなったけど、今の大分の状況を考えるとねえ。

 気になったのは文末に(笑)が多用されている点。雑誌記事ならともかく、単行本にはふさわしくないね。

2009/04/10 20:27

投稿元:ブクログ

 う〜〜ん。ひとつ違いか・・・
 既にJの監督で、ゆくゆくはどこかの
 代表監督に・・・

 必要以上に他人を気にしてもしかたが
 ないが、同世代が常に前を向いて
 進んでいっていることは、洋の東西を
 問わず励みにしよう。

 敵である大分トリニータであるが、
 ナビスコを取ったり、リーグ戦で
 4位にまで這い上がっている理由が
 よく分かった。


 

2011/07/06 06:30

投稿元:ブクログ

大分トリニータ中興の祖といわれ、その後の崩壊のきっけかも作ったシャムスカの監督論。ちなみに本書は、解任前年にまとめられている。

結果論だが、この本が出たナビスコカップ制覇から、選手の固定、フィジカルの教科不足等など、チームが崩壊していった。シャムスカは守備面での連携や精神面はよい監督だが、逆に言えば悪くなったときの立て直しについては限界がある手法だったのではないか。

書籍に関しては非常にオーソドックスなことが書いてある。日本人を指導する上では日本人のメンタリティを大切にすることが確認できた。

2009/04/14 18:19

投稿元:ブクログ

シャムスカは、サッカーJ1の大分トリニータの監督。2005年のシーズン途中、降格の瀬戸際にあったトリニータの監督となり、見事残留させたばかりではなく、2008年のシーズンには、チーム最高順位の4位にチームを押し上げ、更にはナビスコ杯優勝、とチームに初めてのタイトルをもたらした。大分という大きな企業をバックに持たず、かつ、レッズのようには観客動員の期待できない地方都市の小クラブを率い大きな成果をあげた手腕は、「シャムスカ・マジック」と呼ばれている。私自身は中学校・高校時代を大分で過ごしたので、故郷は大分だと思っており、もちろん大分トリニータのファンであり、出張のついで等に、何度か試合を観戦に行ったこともある。サッカーにおいては監督の存在というのは、他の競技以上に大きいようである。例えばヒディング。日韓ワールドカップで韓国をベスト4に導き、ドイツのワールドカップではオーストラリアを率いてチームを決勝トーナメントまで導いた。ファーガソンがマンチェスターを、ベンゲルがアーセナルを長年に渡って指揮しているのも、その間ずっと結果を出し続けているからだろうし、例えばオシムが代表監督になった後のジェフの低迷は逆にオシムが素晴らしい監督であったことの証のようにも受け止められる。監督「だけ」の力によってチームが強くなったり弱くなったりするわけでは勿論ないけれども、監督の影響は随分と大きなもののように思える。それはクラブチームであっても代表チームであっても、である。日本代表の監督の話に強引に持っていく。岡田監督はインタビュー等を聞いても方針のしっかりした頭の良い熱心な監督だと思うし、コンサドーレをJ1に昇格させたり、マリノスを優勝させたり、という国内リーグでの実績も充分にある。人物的にも好感の持てる人だと思うが、それでも、本当に岡田監督で良いのだろうか、って思う。何よりも代表監督を率いての実績がない。フランスのワールドカップの予選のときに加茂さんの後を急遽引継ぎ、結果的に日本を初のワールドカップ出場に導いた実績はあるが、本大会では3連敗。オシムは素晴らしい監督だったと思うけれども、どうも、それ以前、オフト以来、ファルカン・トルシエ・ジーコ・オシム・岡田監督と手近なところで済ますというか、あまり考えていないというか、本当に誰が世界一素晴らしい監督なのかという検討をして優先順位を決めてから監督人選にあたっているようには思えない。日本のサッカー協会は外国の著名な監督を呼んで来れるだけの資金は持っていると思う。何故、「いちから」「白紙で」考えることをしないのか、ずっと不思議に思っている。いかん、いかん、サッカーの話になると、どうしても興奮してしまって。

サッカー・フットサル ランキング

サッカー・フットサルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む