サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

鴨川ホルモー(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 772件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/02/25
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-393901-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鴨川ホルモー (角川文庫)

著者 万城目 学 (著)

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)...

もっと見る

鴨川ホルモー (角川文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

鴨川ホルモー

540(税込)

鴨川ホルモー

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ボイルドエッグズ新人賞(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 舞台は京都。貧乏で...

ジュンク堂

 舞台は京都。貧乏で腹を空かせた京大生が、あるサークルの勧誘を受ける。それは「ホルモー」という競技を行うサークルらしいが……はたしてホルモーとは何ぞや。そんな疑問をのらりくらりとかわしつつ、先輩達が指導しはじめたのは、なんと鬼語の練習だった。恋あり、友情あり、ライバルもありなキャンパスライフは、思わぬ方向に進んでいく。そして試合の敗者が自らの意図と関係なく「ホルモォォォーッ」と叫んだ後には、とんでもない悲劇が待ち受けていた。京都が舞台だからか、こんなハチャメチャな話も意外に有りな気になるのは、まさにマキメマジック。バカバカしくて、最高に笑えて、ハラハラドキドキ。鹿男もいいけど、ホルモーも面白くておすすめ。やっぱりマキメはいい!

みんなのレビュー772件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

一体、作者の頭の中はどうなっているのか?

2010/01/09 14:00

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぜのぱす - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとは、本を買う時に、どう云う基準で選んでいるのだろう。手に取って、ページをパラパラめくった時にたまたま何かの言葉に眼が奪われたり、解説を眺めていて書かれている内容に興味を惹かれたり、或いは単純にタイトルに惹かれたり、更には、この作者の本は全て読む、と云うような自分に課したルールに従った結果だったり、一冊、一冊、色んな理由があって選ばれているのだろう。

私が『鴨川ホルモー』に惹かれたのは、ひとつは、どうやら私がかつて暮らしたことがある京都が舞台なようなので、作中で描写された世界を具体的に想像し易いだろうな、と思ったのと、作者の『万城目』と云う、一見、変わった名字に見覚えがあった—と云っても私の知っていたひとは『まんじょうめ』で、本作者は『まきめ』と読むので、何等関わりはなかったのだが(笑)—から。更に云えば、ホルモーって何?とタイトルにヤラレた、と云う様に全くの偶然が重なって購入しただけで、正直、内容に関しては、さほど期待して居らず、まぁ、暇つぶしになれば良い、と云う程度の買い物だった。

私は寝付が悪いので睡眠導入の為に寝る前に本を読むのが常なのだが、本作はその目的には最悪。面白過ぎて、眠るどころか、読むが止められなくなり、眼が冴えてしまった。

本作は、万城目 学のデビュー作である。軽妙な文章で、テンポ良くストーリーが展開して行く。そもそも『ホルモー』とは何か?どうやら一種の競技のようである。京都の東西南北に位置する京都大学、立命館大学、龍谷大学、京都産業大学の学生のメンバーに依る対抗戦である。と云っても、実際に戦うのは学生ではなく、学生に操られた『鬼』なのだが。ストーリーは、主人公の安倍が、この競技のメンバーに勧誘され、知らない間に鬼との契約を結ばされ、次第にホルモー競技にのめり込んで行く過程を縦糸に、それに絡まる様々な人間関係を横糸に、話が織込まれて行く。

仮にジャンル分けするならば、本作は広義のSFとも云えるし、青春小説と云う様な青臭い呼び方も出来るだろうし、無理を云えばミステリィでも良いかもしれない、と云うような分類が全く当てはまらない、一言で云えば、ハチャメチャな小説である。平凡な云い方であるが、一体、作者の頭の中はどうなっているのか?この発想の源は何なのか?

今後は『この作者の本は全て読む、と云うような自分に課したルールに従っ』て、 万城目 学の作品に注目して行くことになるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホルモォォォ~~の叫びは魂の宿る懺悔の叫び

2011/10/02 15:19

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「痴漢は犯罪です」
最近、電車の中にはこういう警告ステッカーがはってあります。
私は、それを見るたびに、「うん、そうだ」と思います。
思えば、学生の頃、若い頃っていうのは「電車の痴漢というのは男の出来心」でいいところ
お説教であって、ほとんどがやられっぱなしで被害にあった女性は嫌な思いをずっと持ち続け、
通学、通勤に恐怖と憂鬱を感じていたはずです。
しかし、最近は「犯罪」だもんね、現行犯の手、つかまえて「痴漢っ!!!」と叫べば・・・?
そしてこの本を読んだ後は、もし、出来心とかで痴漢やってつかまった男は即座に

「ホルモオオオオォォォォォ~~~~ッッ」

と雄たけびをあげよ、と警告ステッカーに加えていただきたい。

 さて、本題。
ホルモーとはなんでしょうか?
京大に二浪して新入生となった安倍くんは、「京大青竜会」というサークルのコンパに誘われ
あまり深く考えず京大青竜会に入ってしまう。
ホルモーとは、先輩スガ氏の言葉によれば
「十人と十人で対戦を行う集団競技のようなものである。
なかなか言葉では内容を伝えにくいが、戦国時代の合戦屏風絵などに描かれている、わらわら
としたイメージ」
まさに、ホルモーとはそういうものなのです。
そして、降参した側、負けた側は絶叫する・・・・・「ホルモオオオオオオオ~~~~」。

 この物語は、大学生スポ根ものと言ってもいいし、青春ものと言ってもいいのですが、なんといっても
ばかばかしい・・・・も、ここまでくればすがすがしい物語につきるでしょう。

 伝統あるホルモーには儀式やしきたりがたくさんあるけれど、それがいちいち、何も知らない
安倍くんたちが、「ぎょっ」とするようなものばかり。
気になる女の子目当てで入ったという、もう、いかにもありがちな大学サークル事情にしても、
だんだん、安倍くんたちが、真のホルモーに目覚めて行く成長物語なのです。

 安倍くんは、そこそこの大学生であっても、恋に挫折したときの落ち込みぶりなど大変な苦悩。
人間ブラックホールとでもいいたくなる大げさぶりは、結構、若い時ってそうだったわーと
新鮮さすら感じます。

 大体、学校の先輩から後輩に伝承される「伝統」なるものは、ほとんどがばかばかしいものなのですが、
吉田神社における「吉田代替りの儀」は、大学生の青春物語だから、10~20代向けでしょ?
と思わせておいて、40代以上を、心底、たまげさせるシロモノです!
なぜ、あの歌?なぜ、あの歌に春夏秋冬の替え歌があることを、若いはずの作者は知っている??
そういえば、この物語、現代、とは書いてないんです。
喫茶店に流れる、ビリー・ホリデイ。安倍くんの思わず言う「ラブイズブラインドか?」などという言葉。
Love is blindは、私が中学生くらいの時のジャニス・イアンの大ヒットした名曲であります。

 さて、十人・・・とはいえ、皆が団結というわけにはいかず、色々もめごとがでてきます。
そしてホルモーの対決の行方は?
という大変、アイディアが斬新というより、どうしてこんな隙間から、にょろにょろアイディアが
しみだしてくるの?という面白さです。

 学生時代の学校の伝統というのは、お勉強やスポーツだけではありません。
私の高校は旧制中学だったこともあって、体育祭には伝統があり、とんでもないばかばかしい
ことをやりました。
今の後輩たちもあの体育祭の「ファッションレース」とか「ゲキメ~ン」とか「アーチ」とか
やってるのかなぁ。まぁ、やってて欲しいですね。
若い時にしか、経験できないことを、経験できた安倍くん他部員10名は、うらやましいとすら
言える「選ばれし者」なのです。

 「ホルモオオオオ~~~」という叫びはただの敗北宣言ではありません。
魂の宿る言葉、言霊であり、この言葉を発した者にはペナルティがつく。
だからこそ、私は、痴漢男には、説教、罰金だけでなく
「ホルモオオオオオォォォォ~~~ッッ」と、叫ぶべきだ、とひとり鼻の穴をふくらます者なのであります。

 ・・・・・でもね、安倍くん、いくら「俺のまさし」だからといって、コンパで初対面の女の子の前で
さだまさしを熱く語るのはやめたほうがいいと、私も思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ホルモー」とは、一体何なのか。

2009/06/15 21:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化された青春小説。

「ホルモー」とは、一体何なのか。

たぶんすべての読者が、その問いから興味を持ちはじめるはず。

ストーリーは京都大学に入学した主人公が、あるサークルに誘われるところから始まります。

普通のサークルだと信じて入ったにもかかわらず、「ホルモー」をめぐり物語は進みます。そして、ストーリーは徐々にその正体を明らかにしていきます。

大学生活の懐かしいにおいと、奇想天外なストーリーが絶妙です。

ホルモーの正体は、予想を超えるものですが、読んでいくと妙に現実感があります。

また、文章の展開が分かりやすいのと、豊富な知識に裏付けられた書き口のため、どんどん読み進んでしまいます。

恋愛感情も相まって、作品全体を親しみやすいものにしています。

ラブコメディともいえるストーリーですが、古都京都を舞台としているところがどこか怪しげで雅な雰囲気を醸し出しているのです。

久々の純粋に楽しめる小説でした。

万城目氏のほかの作品も読みたくなりました。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

拍手喝采雨霰、あぁ青春よ、ホルモーよ!

2009/12/20 22:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

兎にも角にも、楽しい読書時間を過ごせた!
まずは、落語か講談のような日本の話芸からの流れを汲むとおぼしき会話体の文章が良い。

全体のリズムが和風なので、無理せずともスイスイ読み進められる。つまり、それだけ面白いのだ。
はじめにと題された冒頭部分を読めば、語り手である主人公の安部に果して何が?

ホルモーとは、それほど迄にドラマ性を湛えた某かなのか、と知りたくなる。
これは極、自然な成り行き、天の為せる業とでも呼べるものであろうか、

読み手をグイグイと異世界に誘い込むだけの物語力があるのだ。
鼻の形フェチな主人公安部が、秘かに熱烈な、さだまさし信者だってのも、

好感が持てる青春の自爆装置じゃぁないか。次に登場人物の造詣が秀逸である。
安部の親友である高村くんは何故だか近藤勇のTシャツを着てるし、

大木凡人そっくりな楠木さんは超が付く位の無口で、
たまに口を開けば毒舌極まりない辛辣な女性な訳だし。

学生物の出来、不出来を左右すると言っても過言ではないのが、

主役に勝るとも劣らない存在感を発揮する狂言回し達を如何に魅力的に描けるか、
である様に考えるのだが、その点でも、「こんなにブッ飛んだ学生たちは居ないだろ…!?

いや待て、自意識過剰の結果、出鱈目な風になる破天荒を、
地で行く奴が現れるのが学生時代だったっけか…、ふっ。」(表紙イラストのちょん髷青年を参照のこと)

ニヒルに笑い飛ばしたくなる程、作中の人物、1人、1人に心当たりを見出だせるから、
感情移入しまくりで、彼らの青春を全力応援したくなる。

ホルモーについては、神秘的な競技であるとしか言いたくない。ネタバレは極力したくないのだ。
実際に、この興奮は、読んで確かめて欲しい。大丈夫。人知を越えたものの存在を語る時にも、

『全国に八百万おわすとされる神の一人くらいが、てるてる坊主を見つけて、
少しだけ明日の天気をいじっちゃおうかな、と思い立つ』的に、重苦しさもなければ、

軽々しく扱う訳でもない、そんな匙加減が小気味良いから。陰陽道や安部晴明、と言った、
夢枕貘先生や京極夏彦先生が扱う内容を、噛み砕きに砕いた、単純明快さも、読んでいて更に、

心地良さを覚える筈だし。もっと付け足しても良いならば、この小説は根本的に、愉快、痛快、爽快、
軽快で明るく「ガハハハハ!んな阿呆な!」大笑いしながら読むのこそ、

ふさわしい読み方な気がするのだ。学生時代、サークルならではの、一方的な片思いや、
喧嘩や、悩み事、頼りなさそうだけれど、やるときはやる先輩の存在等などの、

ピリリと小説を締める要素も抜群で、まるで先の展開を読ませない緩急自在の書き分けが、
後半に向かうに連れ、爆発的に加速していく。恐るべし、ホルモーの吸引力!くどいようだが、

この小説の良さを知る為にも、是非手に取り、ホルモーが醸し出す雰囲気に酔って欲しい。
天晴れな小説を是非アナタに!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

千葉の鴨川でもなく、ホルモンでもなく。

2009/07/08 22:50

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

鴨川ホルモー 万城目学(まきめまなぶ) 角川文庫

 千葉県の鴨川で、ホルモンだと思っていました。この本を書店で見かけたのは、かれこれ5年ぐらい前のような気がします。同作者の「鹿男あをによし」を読んで、この本を読んでみることにしました。たいへん驚いたことは、最初にある絵の風景が、どこかで見た景色であり、すぐに京都下鴨神社へ行く途中に渡る橋あたりと気づき、鴨川は京都の鴨川であったことです。とても身近に感じました。数年前にこの本を読むことなく、最近、京都巡りを始めてから読むことになったことに縁を感じました。
 ホルモーは小鬼たちを使った戦いを指し、主人公は京都大学学生の安部くんです。今年、奈良市へ二月堂のお水取りを見学に行ったとき、場違いな若いカップルがわたしたち夫婦の後ろにいました。有名企業の就職試験を受けたらしく、その話しぶりから京大生だなと推測しました。これは作者の体験なのか、作者は京大卒なのでしょう。
 ばからしいといえば、ばからしい。学生さんたちのお遊びといえばそうだし、反面、新趣向を切り開いたとも評価できる。この本を読んでいると読者にも鬼が見えるようになります。ホルモーという叫びは、敗者にとっては、神さまー助けてーの意味だし、勝者にとっては、勝利の意味になります。勝負事というのは、勝つために勝ちを目指すのではなく、負けたらみじめだから、つまり負けたくないから勝ちにいくのです。
 隠れたヒーローが楠木ふみさんです。糺(ただす)の森での戦いは、そこを先月訪れたばかりなので、読書しながら場面が目に浮かびます。同じく訪問した三十三間堂での戦いにも縁を感じます。Goodです。青春時代の人間同士のぶつかりあいを鬼たちにやってもらっています。見えてくるのは、女は強い。そして、正しい者は救われるということです。テレビゲームっぽいかな。いつか吉田神社にも行ってみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都を舞台に学生たちが恋愛そして青春をファンタジックに演じます。若い時ってくだらないことでも貴重なんですね。正直、ホルモーという架空の小説上の競技に関してはそんなに面白く感じなかったですが、後半に明らかになる恋愛模様が楽しいですね。ああ、青春って感じです。逆にホルモーも楽しめた方はこれ以上の小説はないと感じるのでしょう、そうです本作は“極上いや究極の泣き笑い小説”なのです。

2010/05/04 19:06

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都旅行にお土産として買ってきた初万城目作品。
予想よりもずっと読みやすくって面白い、タイムリーな読書となりました。
この作品はやはり自由なイメージの強い“京大の人が書いた京都の良さを最大限に披露した作品”と言えるのでしょう。
裏返せば、京都だから許される作品だと断言したいです。

さて私はホルモー競技の可笑しさよりも純情な恋愛物語として堪能しました。
前半はホルモー競技の内容で読者をひきつけ、後半は友情と恋愛の物語ですね。
個人的には前半は少し間延び感は否めなかったのですが、後半はドップリと嵌れます。
前半の出来事が結構伏線となっております。

京大に二浪の末に入学した主人公の安倍。
男性読者には自分自身の分身として、そして女性読者はちょっと野暮ったい男としての印象でページをめくるのでしょう。
少し若者的な読み方かもしれませんが、私は一人の男性読者として2人のヒロインを比べて読んでみました。
どうしても比べてしまうのですね。
そうです、早良京子と楠木ふみです。

安倍が盲目的に恋に落ちた早良京子、一方の楠木はお互いが避けているように見受けれたのですが次第に変化してきます。
早良京子は魅惑的な女性として、楠木ふみは逆に野暮ったい女性(まるで安倍の女性版)として描かれています。

この対照的な女性2人が作品全体を支配し、いわんや読者の感受性を刺激します。
私が思うに早良さんが嫌いな読者(大抵の人はそうだと思いますが)はきっと作者の術中に嵌ったのでしょうね。
そうですね、この作品は恋愛の指南書と言っても言い過ぎではありません。
とりわけ若い男性読者には。
なぜなら本当の賢い女性の選び方を教えているのですね。
そしてある程度の年齢の方が読まれれば、作者の指針は正しいと認識するのでしょう。

最後に読者の中に京都の大学出身で自分の出た大学が登場しない人もいると思います。
私もその一人なのですが、何か少し寂しい気持ちがします(笑)
その気持ちって、そうですね万城目さんに対するリスペクトの表れなんだなと認めざるを得ないでしょう。
たとえ京都で学生生活を送らなかった人でも、この作品の内容のような波乱万丈な学生生活はなかったけど、そんなに悪くはなかったと昔を思い出した人もいるのでしょう。
設定は荒唐無稽のようでも、構成は実はそうでなく結構緻密。

本作は、ほろずっぱさ(主人公の恋愛模様)の中に適度にスパイス(ホルモー競技)を効かした“極上いや究極の泣き笑い小説”なのです。

それはそうと、万城目さんの頭の中っていったいどうなってるんでしょうね。
次は『プリンセス・トヨトミ』読もう、その前に葵祭り行って来るか。

そして未読のあなたも是非恋にも友情にもそしてホルモーにも長けた本作、是非ご一読あれ。
たとえキャンパスで読めなくても、読んでいる最中はホルモーいや青春出来ますので(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

鴨川ホルモー

2016/10/19 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:香味ペースト - この投稿者のレビュー一覧を見る

万城目さんの他の本も読んだけれど、
どの本も読み終わった後
にその物語の舞台となったところに行きたいと思ってしまう。
うまく説明できないけど、とりあえず読んでほしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勢いで読もう

2016/01/16 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか面白かった。万城目さんって文章上手だねってきっと学生時代から言われてたろうな。言葉選び、そして勢い、とても若々しく感じる。話はとっぴょーしもなく、それこそ勢いに乗らないと読めないかも(笑)。凡ちゃんがかわいかったのは、なんとなく感じていたよ。ふふふ。せっかく大学生になったんだもん、彼女と楽しんでねー。そしてホルモーを伝えていくのもお忘れなく!映画も、見てみようかな。この勢いがどのように映像化されているか、とても気になる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

狂った面白さ

2015/12/28 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の面白さは読んだ人にしかわかりません。他の人に内容を説明したところで、ひかれるのがおちだと思います。とにかく言葉で説明できない本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思ってもみない話でした。

2015/03/21 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう話だとは題名からは想定もしていませんでしたが、とても面白かったです。そして、破天荒な設定にも関わらず、京都ならありえるかも、と思わせてくれる本だと思いました。映画にもなっていましたが、本の方がより細かく、楽しめるのではないかと思います。夏に読み返したくなる本だと思いました。番外編もあるのが嬉しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかのバカバカしさです

2015/05/07 02:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都の大学生たちが小さいオニを操ってひたすら闘うお話です。

ではなぜ「ホルモー」なのか。読めば分かります。非常にアホなルールに基づいています。しかし、このルールがこの物語全体のキモになっているので、あなどれないバカ設定です。アホ、バカとこきおろしていますが、それこそがこの青春物語の醍醐味だと思います。

サイドストーリーを収録した「ホルモー六景」と併せて読むことをおススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/13 00:33

投稿元:ブクログ

よくある感じの私の苦手な京都小説…これもまたそうなのかと思ってました…。
なにこの面白さ!青春としか言いようがない!笑
コメディとは違うけど確実に青春、そんなオニを使役させてバトルするそんな話です。

2010/01/28 18:00

投稿元:ブクログ

もうなんなん?これなに?
日本人の大好きな魑魅魍魎系にくわえ、青年版クララ白書チックなところも加味されて、懐かしさの残るバンカラムードはやはり昭和なのであった。

2010/12/12 03:19

投稿元:ブクログ

 馬鹿な本。← (褒め言葉です)
 よい意味で本当に「馬鹿」。

 今時の言葉でまとめると「陰陽道ファンタジー」とでもいうことになるのだと思う。
 京におわす神様たちの無聊を慰めるため、京都の選ばれた大学生たちが「オニ」を使役し戦わせる――― という、ある意味、ものすごく正しく日本神道の考え方や、日本の八百万の神さまたちの嗜好を再現している小説なのに、とにかく馬鹿で面白い。
(いや、日本の神様ってみんな、馬鹿で明るくて大騒ぎが好きだから……と突っ込まれると反論できなくって困ってしまうのだけど)

 なんにも裏や含みのない、ただ、笑って面白い小説が読みたいときに。

2013/07/26 16:23

投稿元:ブクログ

初、万城目学。

面白かった。
京都が舞台の、そんなのねーよ!的小説。

でも京都ならどこかであるのかも!?って思ってしまう。
よくもまぁ、こんな競技を…しょーもないけど、必死よな。
高校生じゃなくて、大学生がやるってとこも、すごくシックリくる。

よく知っている交差点や通りや神社。
「ホルモォォォォォォォォーツッ!」
いつかこの叫びに遭遇してみたいものです。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る