サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 女帝・龍凰院麟音の初恋 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女帝・龍凰院麟音の初恋 3(一迅社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 一迅社
  • レーベル: 一迅社文庫
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7580-4069-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女帝・龍凰院麟音の初恋 3 (一迅社文庫)

著者 風見 周 (著)

ぎこちなくもお試し期間の恋人ごっこを続ける月見里悠太と麟音。そんな二人の前に現れた少年の名は「天王寺翔」。顔も名前も文武両道な万能ぶりも、麟音の書いたライトノベル《かれむ...

もっと見る

女帝・龍凰院麟音の初恋 3 (一迅社文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぎこちなくもお試し期間の恋人ごっこを続ける月見里悠太と麟音。そんな二人の前に現れた少年の名は「天王寺翔」。顔も名前も文武両道な万能ぶりも、麟音の書いたライトノベル《かれむちょ》の主人公「カケル」にそっくりな彼は、麟音の元婚約者だという。命を助けられ翔に好意を抱いてゆく麟音はさておき、おっぱい大好きジョルジュ師匠の名にかけておっぱい勝負を挑んだ悠太は、意外な弱点を看破され…。本当にこのまま悠太と麟音は別れてしまうのか?!ハチャメチャ記憶喪失ラブコメディ、まさかの超急展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

あらすじに偽りあり

2009/05/22 16:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公を出し抜いてヒロインに手を出そうとする、いわゆる恋敵というのは、よほど上手に扱わないと読み手からかなり嫌われるものであり、時には読み手をナーバスにすらさせる存在でもあるが、今回登場する【天王寺翔】にその心配は無い。あらすじに書かれた『命を助けられ翔に好意を抱いてゆく麟音』は大いに間違っているので安心して読めると断言する。本編ではむしろ作者が読み手の心理を分かった書き方をしているように思う。ただ、今回の流れから悠太と麟音が共に過ごす時間はこれまでほど多くない。逆に悠太からヒドイこと言われたりして相変わらず不憫な(携帯のメアドなんて切な過ぎてキュンキュンする)麟音なのだが、こうした中でこれを補完するのが生徒会長【姫神美麗】である。意外に健気で可愛らしい一面を見せ始めた美麗が侮れなくなってきた。というか本当に結構可愛いのである。本巻だけで見れば麟音とのダブルヒロインのようにさえ思えてくる。それだけ美麗のキャラが立ってきたということであろう。今回の様々な悠太との関わりを通じて美麗の方が麟音に先んじて悠太への恋心を自覚したようで今後の本格的な悠太争奪戦が面白くなりそうである。あと、美麗のメイド兼生徒会書記の【宇佐見美雪】が何げに味のある存在感を増して物語を面白くしていることも見逃せない。しかし、麟音も美麗もホント不器用で素直じゃないけど、それより悠太クン、あんたも相当に素直じゃないね。麟音に対する想いや行動への言い訳がまんま男のツンデレだよ、とツッコミたくなる。クライマックスのいいところで誤植が数箇所あって水を差されるが、ヒロイン達の想いが随分鮮明になってきており、さらには三角が四角になりそうな引きもあって今後の展開への期待が高まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/24 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/08 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む