サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

その街の今は(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-137641-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

その街の今は (新潮文庫)

著者 柴崎 友香 (著)

ここが昔どんなんやったか、知りたいねん—。28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトをしている。初めて参加したのに最低最悪だった合コンの帰り道、年下の良太...

もっと見る

その街の今は (新潮文庫)

432(税込)

その街の今は(新潮文庫)

475 (税込)

その街の今は(新潮文庫)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ここが昔どんなんやったか、知りたいねん—。28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトをしている。初めて参加したのに最低最悪だった合コンの帰り道、年下の良太郎と出くわした。二人は時々会って、大阪の古い写真を一緒に見たりするようになり—。過ぎ去った時間やささやかな日常を包みこみ、姿を変えていく大阪の街。今を生きる若者の日々を描く、温かな物語。芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞の三賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【芸術選奨文部科学大臣新人賞(’06年度)】【織田作之助賞大賞(第23回)】【咲くやこの花賞】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

いたって普通のお話。内容は特にナイヨーなんだけれど、そこがまた魅力かな。

2011/07/11 11:43

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪に住む28歳のカフェ店員歌ちゃん(女性)のお話。

どうってことはない日常と、歌ちゃんの趣味である「昔の大阪の写真を集めること」が合わさって、なんとも言えないやさしい雰囲気を醸し出している作品。

「内容は特にないよー」なんだけれど、それはそんなに悪くない。

ゆったりとした文章。
やさしいひとびと。
独特の雰囲気を構築している。


ただ、登場人物の描き分けが曖昧で――特に女性――その点が非常に読みづらかった。これは誰?これは誰の発言??と何度も立ち止まってしまう。やさしい雰囲気とのメリハリがあったら尚更よかったかな。

でも、その曖昧さがまたやさしい雰囲気に繋がっている、とも言えなくもないのだけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/05 12:58

投稿元:ブクログ

2015年によかった本10位以内に入れた本。もう一回読みたくなって。「おまえ……、おまえはぁ、一人でも大丈夫やけど、おれは、あいつのことはほっとかれへんねん、って言うねんやん」「ほんまにそんなこと言うんや」「あほや」。そう!それ!あほやって言ってたいのよ。あほや言うてても、いろいろよく見てたり大事に思えたり、よかったって思ったりするのよ。昨日読んでた本は、時間は命っていうのはいいなって思ったけどあとはきれいなことばっかりで疲れた。

2013/01/13 18:14

投稿元:ブクログ

きょうのできごとが好きだったので読んでみた。大阪の街がよくわからなかったから、歌ちゃんがその大阪に力を入れる理由とか(そんなのないかもしれないけど)大阪の描写はやっぱりわからなかったけれど、良太郎や鷺沼さんとのモヤモヤは万国共通であるね。そればっかりじゃ小説として成り立たないけど、そこに街を入れたところが新鮮であった。

2012/02/16 16:00

投稿元:ブクログ

ドラマ版の雰囲気にひかれて

昔と今がつながる時の、歌ちゃんのどきどき感わかる。大阪の街に馴染みはないのに、なんだか懐かしさを感じる!

2009/06/14 11:04

投稿元:ブクログ

大阪が舞台の小説。自分も行ったことのある場所も出てきて親近感がわきます。でも短い小説のわりに読みにくい・・・「きょうのできごと」はスラスラ読めたと思うのですが・・・。古い写真を集める趣味、なんだか良いですね。

2011/08/20 09:05

投稿元:ブクログ

帰省したきっかけで5年ぶりくらいに読み返した。柴崎作品の中では一番好きな小説。掲載された新潮を当時隣の席だった女の子に半ば無理やり読ませた記憶がある。
大阪で生まれ育った普通の若者が日常を過ごしている様子があまりに自然で、風景に溶けんこんでいく。自分も同じようにそうであったから。
街は少しずつ変化していって、自分も年齢を重ねるごとに変わっていく。お互いに変わらないつもりでも。

2009/07/29 00:25

投稿元:ブクログ

きょうのできごと(田中麗奈の関西弁はよかった)原作者の作品。
大阪の街、古い町並みの写真、あったことのない人々の顔。
去っていく人、やってきた人、出会った人、別れた人。
古い会社、残っているビル。つぶれた会社、残る会社。

2012/06/23 21:45

投稿元:ブクログ

柴崎友香 2009. 『その街の今は』新潮社,158p.,324円.

私が手にしたのは新潮文庫版で,単行本の初版は2006年とのこと。実はつい最近までこの作家の名前は知らなかった。映画好きの私は当然『きょうのできごと』は公開当時劇場で観ていたが,妻の書棚にその原作本が置いてあり,「ああ,あれって原作あるんだ」という程度でその場で読まなかったし,名前も覚えなかった。
さて,最近の私の会社の仕事はムラがある。そして,大半はいたって暇である。そんな時にサボってみられないのは,ネットでの検索。私の場合は当然遊びではなく,研究関連のネット利用だが,そんなときに引っかかったのが,この作者,柴崎友香しのインタビュー記事。
http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi091_shibasaki/20090528_4.html
こんな2009年のものである。そう,検索ワードは「地理学」で引っかかったのだ。彼女は私より年が3つ下で大阪府立大学(こちらはWikipedia情報)での専攻は「地理学」だったらしい。大阪府立大学には福田珠己さんという優秀な地理学者が勤めているが,私が彼女に初めて接触したのは,私が1994年に『地理科学』に掲載した論文の抜き刷りを送ったときで,その返信の手紙が残っていた。彼女は学部卒が修士修了後に徳島県立博物館に勤め,その後出身大学の関西学院大学の大学院に入り直した。その後大阪府立大学に就職するが,柴崎友香さんが在籍した時にいたかどうかは不明。ともかく,柴崎さんはインタビューに書いているように,卒業論文を「写真による都市のイメージの考察」というタイトルで書いていたらしい。私の卒論は1993年に『人文地理』に掲載され,都市イメージの言葉はあえて用いていないが,このタイトルで卒論を書くんだったら私の論文を読んでいる可能性は十分にある,と勝手に嬉しくなってしまったり。
そんなこんなで,その卒業論文をいかして書いたという『その街の今は』という作品を早速書店で購入して読むことにした。少なくとも,映画の『きょうのできごと』は非常に好きな雰囲気だし,私もその後写真を研究テーマに用いたり,インタビューのなかに出てくるポール・オースターも当然好きだし。
ということで,読み始めましたが,さすが都市と写真をテーマにした卒論を書いた人だけのことはある。非常に緻密な観察眼から成り立っている小説です。というのも,主人公に自分自身を重ね,古い大阪の写真を集めるのが趣味だという設定。昔の写真を集め,それを手に同じ場所を訪れることを密かな趣味にしている主人公。単に見た目の風景の新旧比較というだけではなく,上の世代の人たちにさりげなく昔の大阪について話を聞くという徹底振り。その代わり,ドラマティックな物語展開はありません。まあ,それは映画版『きょうのできごと』を観ていれば分かることではありますが。しかし,確かになかなか魅力的な作品を書く作家ではありますね。単に風景に対して鋭い観察眼をしているだけではなく,人物描写についてもいえます。
ところで,文庫版には川上弘美さんが解説文を寄せています。これがなかなかコンパクトながら鋭いところをついています。といっても,私はまだ柴崎さんの作品を2冊しか読んでいないのに対し,川上さんはこの解説のために,���んだものは読み返し,読んでいないものも読むという徹底ぶりで柴崎さんの作品世界の特徴を捉えたというから当たり前か。その解説文で,川上さんは柴崎さんを唯一無二の存在と表現していますが,これは有り体の表現としてではなく,柴崎さんであっても,ちょっとした日常の出来事の展開の違いで作品は変ってくるという。つまり,さまざまな偶然性がもたらすものが柴崎作品の特徴だという。柴崎友香という確固たるアイデンティティを有した作家としてではなく,自分の周囲に起こる日常のさまざまな出来事の影響のなかで,彼女はコンテクスチュアルに作品を生産するとでも言い換えることができましょうか。地理学的にもなかなか興味深い作品です。

2009/05/29 11:32

投稿元:ブクログ

『その街の今は』(柴崎友香、2009年、新潮文庫)

本作は作者のみずみずしい感性を活かした作となっています。
豊かな情景描写、さりげない気持ちの変化や人の顔の表情まで頭に浮かぶからすごい。

恋愛と変わり行く大阪の街なみがうまくクロスして、ストーリーが進んでいきます。

登場する男性は草食系が多い気がしました。

(2009年5月29日)

2009/11/11 03:26

投稿元:ブクログ

この小説の舞台となった街に住んでいるのでものすごく臨場感たっぷりに読む事ができました。
おしゃれなカフェでアルバイトをしている、この街ではよく見かけるタイプのおしゃれな(多分)女の子が主人公です。
その、普通の20代後半の女の子と友達との会話のトコロを読んでいると
あぁ、私も同じようなことを、延々友達としゃべり続けていなぁと思い出しました。
そしてそれがすごく楽しかった。
この女の子が、自分が居る街の昔の姿というのに興味を持つというのもすごくわかります。

2009/08/17 21:01

投稿元:ブクログ

なんだか西に帰りたくなった。
田辺聖子さんを思い出す。
嫌な出来事はもちろんあるけど、
嫌な人が出てこない。

2009/11/17 02:31

投稿元:ブクログ

柴崎さんの恋愛小説はリアルなんだ
恋愛小説だからって、恋愛の話ばっかしてるのはリアルじゃない
恋愛してたって、仕事もするし、ご飯も食べるし、電車にも乗る、四六時中すきな子のことばかり考えてる訳じゃない
ご飯食べてて、あ、これこないだあの子がすきっていってたビールだ、とか、電車乗ってて、並んで電車で立ってたときのあの子の背の高さを思い出してみたり、とか、そうゆう自然な感じ

酔った勢いで、良太郎にべたべたしちゃって、翌朝お互いほとんど覚えてなくて、でも知らんふりする訳にもいかず、気まずさと好意が入り交じったほどよい距離感を、心地良いと感じたり、会話がかみあわなくて少しさみしさを感じたり、ちょうリアル

あと、柴崎さんの夜の描き方がとてもすき
飲んだあとにコーヒーのみたくなるあの感じ

2009/11/28 23:16

投稿元:ブクログ

 内容を自分の言葉で書きたい気もするけど,「解説」がズバリ的を射ていて,うますぎ!
 たとえば,「出てくる人たちがいやな人たちじゃない.…いわゆる「いい人」でもない」とか,「都会が描かれていても「都会」っぽい都会に見えない.かといって「なつかしい匂いの町」というのではない」とか.
 なので,これでおしまい.

私的フレーズメモ:大学のとき,地理学の授業を取っていて,大阪の街の成り立ちを勉強したことがあった.

2010/04/19 14:34

投稿元:ブクログ

特に何がおこるというわけではないのだけれども、だからこそ、そのあたりまえさそのものに輝きがあっていとおしい日常、みたいな。

街角とか路上の情景がていねいに描かれていて、空気の手ざわりとか、湿気のおもたい加減とか、空の高さとか、そういう感触が伝わってくる。ちょうどおなじ季節のころに読んだこともあるのかもしれない。

2010/06/06 20:52

投稿元:ブクログ

大阪の街並みがテーマで、
心斎橋から本町、難波の街の話がたくさん出てきます。

20代後半の女の子の出会いの話。
ほんわかした大阪の日常をつづってます。

素敵な出会いを求めて合コンに行きたくなってしまいました。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む