サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 剣の女王と烙印の仔 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

剣の女王と烙印の仔 1(MF文庫J)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-2755-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

剣の女王と烙印の仔 1 (MF文庫J)

著者 杉井 光 (著)

周囲の者の命運を喰らう《獣の烙印》を、両手と額に持って生まれた少年クリス。彼は傭兵としてひとり戦場を放浪していたが、一人の少女との出逢いがすべてを変える。彼の前に舞うよう...

もっと見る

剣の女王と烙印の仔 1 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

剣の女王と烙印の仔 I

626(税込)

剣の女王と烙印の仔 I

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

周囲の者の命運を喰らう《獣の烙印》を、両手と額に持って生まれた少年クリス。彼は傭兵としてひとり戦場を放浪していたが、一人の少女との出逢いがすべてを変える。彼の前に舞うように現れたのは、白い衣に身を包み大剣をふるう少女、ミネルヴァ。未来を予見する力と圧倒的な剣技を備え、死神と怖れられた伝説的な剣士であった。「おまえが、わたしを殺す者か」その夜、クリスに殺されるはずだったミネルヴァの運命は、烙印によってねじ曲げられることになる—。さまざまな作風で活躍する杉井光が満を持して贈る、星の流れと運命に立ち向かう少年少女の王道ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

読みやすくてストーリーが良い。

2012/07/27 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:giwatake - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて苦痛を感じないので良い。
ページをジックリ堪能できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自らの死を見る少女と、死をまき散らす少年の出会い

2009/04/25 19:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 西洋風ファンタジーということで作者の最近の傾向とは少し違う作品なのかな、と思い読み始めたのだけれど、キャラクター的な面では「さくらファミリア!」などの近作を踏襲している。
 戦場にあって鎧も身につけず、踊り子の様な服装で大剣を振るうミネルヴァと、獣の烙印による殺戮衝動に怯えるクリストフォロ。そして彼らを保護下に置く、フランチェスカやその近衛たち。無意識に勘違いさせるような発言をすればそれに過敏に反応し、彼らにちょっかいを出して楽しむお姉さん役がいるという構図は、まさに「さくらファミリア!」そのもの。

 一方で、託宣を下す女王の下で貴族や神職が実権を握るという政治体系や、女王の力をめぐり争いが起きるという構造は、「火目の巫女」に通じるものも感じる。人気作の良いところを取り入れつつ、あえてこの道を進もうということは、異能ファンタジーを書きたいという強い希望が作者にあるのかも知れない。
 問題は、そういう方面の作品を書くと何故かダークサイドに落ちる確率が高いということだろう。今回は何とかバランスを取り、プラスマイナスゼロに止めた感じだが、今後はどちらに傾くのか分からない。最近の、プラス思考、ハッピーエンド思考に傾きつつある流れの勢いを借りて、このシリーズも完結まで突っ走って欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/10 05:32

投稿元:ブクログ

1巻まで既読<1〜2>いい恋愛ものだった。ヒロインと主人公の関係いいなあ。ヒロインがずっと夢に見てたという設定は、最近読んだ少女小説のイリアディスの乙女を思い出して尚キュンキュンきた。あっちは殺してしまう方だけれども。ヒロインの格好が女の子らしい格好で戦うのは素晴らしいんだけど、挿絵がもっとファンタジーっぽかったら最高だったのに。ミニスカニーソがどこか制服っぽい。

2010/02/07 17:36

投稿元:ブクログ

杉井光さんの本は初めて読んでみた。
毎年、気になってはいたのだけれど読む機会がなかった。
何かファンタジー系が読みたかったので、これを機に購入。

面白いw
主人公クリスとヒロインミネルヴァの、
切ない心情がリアルに描かれて行く。

うっかり夜更かしして読みそうになりました。
翌日も仕事だから、我慢しましたが。

まだ3巻ぐらいまでなので、揃えられそうです。

読了 12/9

2011/01/12 09:07

投稿元:ブクログ

杉井光さんの作品は他にも多数読んでいるのですが、今まで読んだ杉井光さんの作品にはファンタジー系は無かったので、新鮮な感じで読めました(*^^*)
とても面白かったです。

2012/05/21 15:47

投稿元:ブクログ

後半読めなくもない展開だったけど、なかなか面白く次が気になるところ。

ただ・・・コルネリウスは誰に殺られた?
何度か読みなおしたんだけどよくわからない・・・。

流れではクリスと思うんだけど・・・・
クリスの刀は
”二人の両眼の間にある虚空を刺し貫く”

虚空って何もないよね??
って事は何も刺してないよね?

虚空が無かったら繋がるんだけど虚空の一言で混乱。
運命を断ち切ったからその影響で死んだ?
”透き通った刃”って見えない運命っぽいの?

一番の見せ場が混乱・・・


残念。

2012/10/29 18:48

投稿元:ブクログ

 主人公が力に振り回されて、世界がーry。で大体合ってたはず・・ そんなことはさせないために、ヒロインに寄生させているような主人公に見えてしまう・・。

2013/01/28 11:49

投稿元:ブクログ

まだ序盤も序盤だが、文章的には期待感はある。
剣と魔法、というか剣と剣の戦争ファンタジーなのかな?ラノベ版ベルセルク(傭兵時代)的な舞台仕立て。
キャラについてはまだほとんどわからないけど、大剣を振り回す伝説的な強さの17歳美少女ヒロインとかラノベすぎて困る。
主人公は超不幸な生い立ちの、片親魔性タイプ。男なので期待はしたいが、思ったよりも台詞がへたれてて心配。
それなりにまだ期待は続いてるんだけど、ラノベの宿命か、状況説明が大急ぎだなぁ。
ゆっくり時間をかけて伏線を張る余裕がないのか、かなり展開がわざとらしい。
「まさかこの未来を予見する力は・・・いやいやそんなばかな」的な思考を主人公が取るんだけど、いかにもヒロインは王族でござーいってストレートすぎるんだよね。
ではどうすればよかったかといわれると困るんだけど・・。限られた配分の中、どこでどれだけ「匂わす」ってのは難しいのか、乱暴なのか。
まああれだ。デレるのが早いなぁ。なんで命がけで戦った捕虜相手にいきなりデレデレなんだよラノベすぎる・・。
うーん、いきなり捕虜を先に逃がし、自分が矢面に立つヒロインとかわけがわからんなぁ。
そこまでにたいした交流があったわけでもなく、あくまでも捕虜と敵の関係なのに。さっそく馬脚をあらわしたか・・ざんねーーん。
・・それにしてもなんで大剣なんだろう。大剣が好きなのか、それともやっぱりベルセルクのリスペクトなのか・・
傭兵、大剣、烙印、たぶん他にもキーワードは有りそうだしなぁ。
でもやっぱヒロインに大剣持たせてハードファンタジーは難しいんじゃねーか?
順番が乱暴だなぁ。導入こそハードな戦争ものっぽかったのに、急激にラノベっぽさが全面に出てきちまった。
いきなり近衛に入れるとか、荒っぽいなぁ。もうワンステップツーステップ挟めばいいのに・・何をそんなに急いでるんだろう?
面白がって試す、くらいのイベントはあってしかるべき。お約束過ぎるから飛ばすという判断なのかもしれないけど、安っぽく見えるなぁ。
急速に萎えてきたなぁ。どうせリスペクトするならガッツくらいツンツンしてればよかったのに。主人公へたれすぎ。
最初の山場で主人公が解説役に堕してるのはダメだなぁ。ヒロインにも負け、続く戦闘で解説役かよ・・。巻末の山場まで引っ張る気か?構成もいまいちかもなぁ。
こういう、特殊な生まれを持つ特殊能力持ちの主人公なら、まわりのキャラが驚くような能力を序盤から発揮してていいと思うんだよね。
その方が痛快だし、爽快。これじゃ、特に何のとりえもない一般主人公の立ち回りと変わらないじゃない。
運命を食らう獣とか言ってるくせにごちゃごちゃと色々なことを考えすぎなんだよなぁ。獣に解説約は似合わない。
なんだろうなぁ、途中まではそれなりの構成力を予感させたのに、キャラがしゃべりだしてからはガッタガタに感じる。
キャラ(パオラ:小娘)の台詞、洞察力が不自然に鋭すぎたり。そこでその台詞は順番がおかしい。物語の構成的に必要でも、そのキャラがその場面でその台詞を言うのは不自然だろう、と感じる場��が度々ある。
つまり、全体の構成が下手、と感じてしまう。物語構成が上手い実力派のラノベ作家ではこんな風に構成が下手だなぁと感じることは少ない。やっぱこの杉井光とやらがダメなんかなぁ。
退屈しながら読み進めてるけど、びっくりするほど萌えがないな。MF文庫か?といぶかるほど。
ラノベで、特にMFで萌えがないってのがここまで退屈に感じるものかと思わされた。シリアスで暗すぎて面白くないなぁ。
萌えに傾きゃひめパラみたいになっちまうし、シリアスに傾けばイコノクラストみたいになっちまうんだなぁ。
一巻読了。まあこんなもんかなーって感想。とにかく、萌えが足りない。
どう考えても妹の方が不幸なのに、あっさりそのまま帰すし。かと思えば、妹の託宣の相手、つまり次の夫が主人公になってるし。
普通の萌えラノベなら姉妹でうはうは、きゃっきゃうふふなんだろうけど、この話だとどうかなぁ。無理っぽいなぁ。
あんまり続きに期待できない上に、重いから読むのがめんどくさいんだけどどうしよう。

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む