サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ライトノベル研究序説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライトノベル研究序説

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/04/01
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:21cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7872-9188-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ライトノベル研究序説

著者 一柳 廣孝 (編著),久米 依子 (編著)

具体的な作品読解を交えながら、ライトノベルにアプローチする方法をレクチャー。ライトノベルの歴史をたどり、オタク文化・ゲーム・児童文学等との関係性を解説するとともに、ライト...

もっと見る

ライトノベル研究序説

2,160(税込)

ライトノベル研究序説

2,160 (税込)

ライトノベル研究序説

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

具体的な作品読解を交えながら、ライトノベルにアプローチする方法をレクチャー。ライトノベルの歴史をたどり、オタク文化・ゲーム・児童文学等との関係性を解説するとともに、ライトノベルを読み解くための多様な視点を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ラノベキャラは多重作品世界の夢を見るか? 川崎拓人 著 18−32
受容と供給の欲望 山中智省 著 33−50
表現のパイオニア 佐藤ちひろ 著 51−72

著者紹介

一柳 廣孝

略歴
〈一柳廣孝〉和歌山県生まれ。横浜国立大学教員。専攻は日本近代文学、日本近代文化史。
〈久米依子〉東京都生まれ。目白大学教員。専攻は日本近代文学、日本児童文学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本論が出版されなければ価値はそれほど高くないと思う

2009/05/10 14:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ライトノベルの起源やメディアミックスの状況等に関する論説を束ねた作品。研究会の機関誌というのが正確な気がする。
 内容もレベルは様々で、ほとんど引用・紹介で構成されているものもあれば、自らの仮説を検証すべく、(簡単に集まるものだけとはいえ)データを収集して分析している論文もある。しかし、総じて目新しい見解はほとんどなく、値段に見合うほどの価値はないというのがボクの意見。ただ、序説というからにはいずれ本論が出版されるはずで、それを見ずに評価を固めるのは時期尚早だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/12 08:49

投稿元:ブクログ

入荷先:府中市立中央図書館

とてもじゃないが評価できる代物ではない。あいた口がふさがらないとはまさにこのことか。
確認するが、本書は体裁として「ライトノベル」を文学批評してみようというノリで一貫しているのだろうと推測する。本書をとても評価できない理由もまさしく「推測する」ことしかできない点に集約される。

以下の文章ではかなりの悪態をつくのでそのつもりで。


評者自身、「批評」という地点に達することはおそらく困難な営みになっていることを自覚してはいるのだが(むしろここのところ、ネット上での「ぶっくれびゅー」がレビューなのか、書評なのか、「どくしょかんそうぶん」なのかの区別がつかなくなる時がある)、そうした苦悩が執筆者たちのノリでは一切見ることができない。ただの自己満足に成り下がっている。コミケ3日目の「評論サークル」のどうしようもない同人誌の羅列と言い切ったほうがてっとり早いし、もはや結論になってしまっている。

とりわけ評者をカンカンに激怒させたのは、ライトノベルのジェンダー分析という8章(久米依子)と木原音瀬の分析をしたという13章(山田健一朗)。全体的にテクストを満足に扱えていない印象がある中で、13章の読みの杜撰さにはどうコメントすればいいのだろうか。一読者そして一評者としてコメントすれば、もし木原を取り扱う以上、極北作品といわれる『Will』の分析なくして木原の分析は成立しない(私が木原を分析できないのもこれによる。逆説的な意味では、作家のばらつきという問題を考える好例かもしれない)。ある作品だけをピックアップするときに必要な動機付けがまったくと言っていいほど見られないし、しようとする努力の痕跡も見られない(すくなくともシロウトレビューアーの私だってするときはする)。
また久米の言説にはジュディス・バトラーがいないのだ(久米のあの程度の言い方ではバトラーをまともに読めているとは到底言えない)。あなたは80年代のアクティビストで思考停止しているのではあるまいか?

また執筆者たちの意識や見方もどことなく「なんちゃって文学分析」・「なんちゃって社会学」という批判が免れず(一覧にすると、クロスメディア・オーディエンス文化とオーディエンス・マンガ・版元・ゲーム・児童文学・SF・「しゃかいがく」・「じぇんだー」・などなど批判や多角化を要求される分野からしかものが言えていない)、そのような分析をしたからといって何になるのか。御用学者になって鼻天狗になるのが関の山だ。

主編者である一柳についても、本務校である横浜国立大学出身者から「こっくりさんしかできないダメな人」という声を聞く(だから『我が家のお稲荷様』というおバカな三流ライトノベルにハマれるのね、あれもキツネが絡むから!)。そしてこれではっきりと明確なものになったようだ。ライトノベル(ボーイズラブでもいいけど)から早急に足を洗わないとわが身も危うくなるのだということを。

とてもじゃないが、この現状ではお粗末すぎる。ライトノベル分析以前に、執筆者たちの分析様式そのものが奈落の底に落ちているという事実(と言うにはあまりに情けな��惨状っぷり)だけを読まされているようなものだ。

2011/09/12 23:12

投稿元:ブクログ

2011 9/12読了。文学フリマ(2011春)で購入。
買ってからずいぶん積読してしまっていた本。
出版から購入までにも間があるので、出てから読むにはかなりの期間があいていることに。

中身は正しく文学フリマで売っていそうなライトノベル批評をいっぱい集めた感じの本。
「ライトノベルとは何か」とか激論飛び交うところに突っ込んでいく本かと思ったらそういうことは特になく、使われる道具としても割と馴染みのあるところ(大塚/東/新城etc...)が多い感じ。
学部生・院生が集まって作った本、ということでもあるので、これはまあこういうノリでいいんじゃないかと思う・・・が、「研究」っぽいものを期待しているとちょっと肩透かしかも?(そういう意味ではコラム的に入っている情報工学の人が本気で情報工学的にライトノベル研究してくれたりすると面白い)

佐藤ちひろ論文のライトノベルはイラストだけでなく、本文もマンガ的な表現(顔に青い縦線、など)を事実のように描写することで取り込んでいる、というところは言われるまで気づいてなかったので面白い。

2011/02/04 16:00

投稿元:ブクログ

(2010年:清水均先生推薦)ライトノベル研究書としては『ライトノベル文学論』『キャラクター小説の作り方』『ライトノベル「超」入門』『ライトノベルよ、
どこへいく』が傑出しているが、本書は『ライトノベルよ、どこへいく』と並び、ライトノベルの「現在地」を見定めるために
は欠かせないものである。ただし、いまだにイラストの機能について正面から論じたものがないことは問題である。

2012/09/10 04:08

投稿元:ブクログ

『児童文学』の教科書だったので読んだ。ラノベにおいてストーリー性<キャラクターなのが、よくわかる。 
文学少女の記述が好き。

2013/02/08 15:30

投稿元:ブクログ

斜め読み。同好会的な団体で行われた議論や研究が内容の母体となっており、寄稿しているのも大学院生や会社員だったりするので、学術的に参考にする際は配慮が必要。ラノベを語りつつ、本書自体も「ライト」なテイストで書かれている。

2015/08/30 22:50

投稿元:ブクログ

良く言えば多角的、悪く言えば雑多にまとめたライトノベル論説集。出色は「<読者>としての<ヤングアダルト>」か。ありがちな空理空論ではなく、実際に高校生にライトノベルを読ませ、その感想を分析している。サイレント・マジョリティの声を集めている点が重要だろう。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む