サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おとうさんのちず
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:26×26cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-7515-2521-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

おとうさんのちず

著者 ユリ・シュルヴィッツ (作),さくま ゆみこ (訳)

戦争で故郷を追われたぼくたちが命からがらたどりついたのは、夏は暑く、冬は寒い東の国。食料はとぼしく、土をかためた床の上で眠る毎日に、あるとき、おとうさんは…。1枚の世界地...

もっと見る

おとうさんのちず

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦争で故郷を追われたぼくたちが命からがらたどりついたのは、夏は暑く、冬は寒い東の国。食料はとぼしく、土をかためた床の上で眠る毎日に、あるとき、おとうさんは…。1枚の世界地図がぼくにくれた魔法の時間。絵本作家シュルヴィッツが子ども時代を語る感動の自伝絵本。2009年コルデコット賞銀賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【コルデコット賞銀賞(2009年)】【日本絵本賞翻訳絵本賞(第15回)】戦争で故郷を追われたぼくたちが命からがらたどりついたのは、夏は暑く、冬は寒い東の国。食料はとぼしく、土をかためた床の上で眠る毎日に、あるとき、おとうさんは…。絵本作家が子ども時代を語る感動の自伝絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ユリ・シュルヴィッツ

略歴
〈ユリ・シュルヴィッツ〉1935年ポーランド生まれ。「空とぶ船と世界一のばか」でコルデコット賞金賞受賞。他の作品に「よあけ」「ゆき」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

はるか とおくで、まほうのじかんを過ごした少年の話

2009/08/21 11:01

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ちずのおかげで、ぼくは ひもじさも まずしさも わすれ、
 はるか とおくで、まほうの じかんをすごしていた。」

絵本の『よあけ』や『ゆき』などで知られているユリ・シュルヴィッツさん。彼の小さいころの話が絵本になりました。

ポーランドのワルシャワで生まれ、ソ連、フランス、イスラエル、そしてアメリカへ。戦争で故郷を追われた親子三人は、住む場所を転々と変えながら、その日の食べものにもありつけないような貧しい日々を送っていました。
あるとき、市場へお父さんが食料を買いに出かけました。
お父さんの帰りがあまりに遅くて待ちくたびれていた少年時代のユリ・シュルヴィッツさんとお母さん。市場から帰ってきたお父さんは食料ではなく、一枚の地図を買って帰ったのです。

お父さんは誇らしげに「ちずを かったぞ」と言い、
お母さんは「パンは?」と聞いた。

「あの かねじゃあ、ほんの ちいさな パンしか かえない。
おかなを だますことさえ できそうになかったよ」とお父さん。

少年だったユリ・シュルヴィッツさんは
「ひどい おとうさんだ! ゆるせない!」と怒りました。
しかし、次の日、お父さんが壁に貼った地図に、うっとりし、心を奪われてしまうのです。

少年が地図の世界で遊ぶ姿が、実に楽しそうでした。
思いっきり心の翼を広げて、顔つきもみるみるうちに変わっていくようでした。

想像力を働かせるということ、心が満たされるとは、こういうことなのだとしみじみ思い知りました。美しい地図の世界にも魅了されました。

「やっぱり おとうさんは ただしかったのだ。」
一番最後のことばが、心に残ります。

巻末に、ユリ・シュルヴィッツさんが10歳のころに描いたアフリカの地図が紹介されています。これが素晴らしくうまく描けていて驚きました。当時の彼が、絵本作家となった将来に想いを馳せることはあったでしょうか?当時の彼の願った夢はいくつ叶ったのでしょうか?

先日放送のNHK「週刊ブックレビュー」で紹介された一冊、でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

語られなかった父の気持ちは

2010/04/21 00:30

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の本を探しに来ていたときに、
平積みになっていた本書が気になって手に取った。

惹かれたのは、タイトルと表紙と帯の言葉。

  1枚の世界地図が
  ぼくにくれた魔法の時間。

たぶん、私は、魔法に弱いんだろうな・・・。

絵本は、その場で読めてしまうから、
連れて帰るか帰らないかは、読んだあとに
この本について語りたいという思いが強くあるかどうかで決まる。

読み終わった本書を持って帰る気持ちに迷いはなかった。

本書の原題は、"How I Learned Geography"である。

この中に「おとうさん」という言葉はない。

そして、本書は、少年時代の著者の目線で語られる。

主役は少年であるが、底に流れる父への思い、
言葉にしては語られなかった父の息子への思いをくみとり、
訳者がタイトルとして「おとうさん」という言葉を入れたのではないかと感じた。

本書は、戦時中に過酷な運命に巻き込まれた
子ども時代を描いた作品であるのだが、
絵が全体として明るいのが特徴だ。

まず表紙に描かれた島の絵と飛んでいる少年の絵に
伸びやかな気持ちが感じられる。

戦争の現実を赤々と映し出すのはまずは最初のページ。

  せんそうで あちこちが ひの うみに なり、
  たてものが くずれおちると、

  ぼくの かぞくは 何もかもうしなって、
  いのちからがら にげだした。

「せんそう」の文字だけが、赤く強く大きい。

少年の家族は、「ひがしの くにまで やってきた」。

その後の絵は、ところどころ現実を映しつつも全体として明るい色調だ。

白の余白が効果的に使われているように感じられる。

少年は、小さな部屋でよその夫婦と一緒に暮らすことになる。

  ねるのは、つちを かためた ゆかの うえ。

  おもちゃも ほんも なかったし、

  たべるものも たりなかった。

ある日のことお父さんは、パンを買いに市場に出かけていったのだが、
夕方になっても帰ってこない。

日が暮れる頃にようやく帰ってきて一言。

  「ちずを かったぞ」

絵のお父さんは、とても明るい笑顔だ。

お母さんと少年はお腹がすいて待ちわびてげっそりとしている。

お父さんは、地図を買ってきた理由を
あのお金ではほんの小さなパンしか買えなかったからと語った。

お父さんはその日なぜ地図を買って帰ったのだろうか。

偶然そこに地図が売っていたのか、
それとも、本当は地図を夕方まで探し求めて歩いていたのか。

この語られない物語が私は気になっているのだが、
そこはお父さんが息子に語っていないため、わからない。

想像の余地が残されている。

お母さんは地図は食べられないから晩御飯は抜きだと語り、
少年はひどいお父さんだ許せないと思う。

ところが・・・。

次の日壁一面に貼られた地図の何と色鮮やかなこと。

著者は、当時の地図はとっくになくなっていたため、記憶をたどって、
コラージュ、ペンとインク、水彩を使って地図の絵を再現したと語っている。

単純な地図の絵なのに、今まで見たどんな世界地図よりも
美しいと思ってこの見開きに見入ってしまった。

少年は地図にうっとりして、書き写し、
様々な地名で詩を作って魔法の呪文みたいに唱えた。

         フクオカ タカオカ オムスク、

         フクヤマ ナガヤマ トムスク、

         オカザキ ミヤザキ ピンスク、

  ペンシルバニア トランシルバニア ミンスク!

口の中で転がすと本当に飛べる気がする。

少年が飛んでいくところ飛んでいくところの絵が素晴らしい。

この著者の絵のチカラは、父が買ってきたこの地図が
源泉であるといえるのではないか。

その日、お父さんが少年に与えたのは、
1回食べるとなくなってしまうその日の糧ではなく、
一生幸せに生きていけるだけの想像力や
のちのち少年の実際に生きるチカラとなる画力を
生み出す基だったのだ。

日々糧ももちろん大切だけれど、
父が息子に残したのは、何よりも五感を刺激する
まるごとの世界だったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貧しさひもじさを忘れる豊かさ

2016/11/25 19:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

ないないづくしの難民生活の中で、
お父さんがパンを買う代わりに、買ってきた地図。
空腹を抱えた家族は腹をたてるものの、
少年は壁に張られた地図を見て空想の世界旅行をする。

地図を見て、いつでもどこでも、飛んで行ける、
心の豊かさ。
どんなに貧しくひもじくても、心の豊かさは誰にも奪えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地図

2015/10/29 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争という過酷で悲惨な時代の中でも、こどもたちは夢と希望にあふれているんだということを感じさせてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/23 12:16

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第五部 書評 4.5.15
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto05/bunsho/kabe.html

2010/05/29 23:39

投稿元:ブクログ

ポーランドから戦争で家を追われ、ロシアにいった子供の頃の実話を本にしたもの。まずしくても、地図を食べ物に優先して買ってきたお父さんの気持ち、あとになって本人がよかったとおもえたのは、いいことだ。

2011/01/17 09:27

投稿元:ブクログ

NHKのラジオビタミンで柳田邦夫さんが紹介、ゆうこおねえさんが朗読されてて、すっかり感動した本です。
こういう本を読むと世界にある喜びも悲しみも、人種を超えて分かち合えるのだと思えます。
想像力の素晴らしさに圧倒されました。
朗読も良かったんだろうと思いますが。

2010/04/29 23:05

投稿元:ブクログ

4月の一冊。
ごはんのかわりに買ってきた地図。

それはせかいをひろげる地図だった。

自分も地図を見てワクワクするからなんか共感できる。

こんな風に自分の世界を広げていって欲しいなぁ。。

2009/11/05 14:22

投稿元:ブクログ

戦争が終わり、ろくに食べ物も買えない生活。そんな中お父さんが買ってきたのは、なんと世界地図。その1枚の地図が僕に魔法をくれた…。大切なことは何なのか、あらためて教えてくれる。ユリシュルヴィッツの自伝的絵本です。

2011/05/30 15:41

投稿元:ブクログ

S太郎5歳9ヶ月で出会った本。戦争で食べ物の確保もままならない時に、お父さんはパンを買わずに地図を買ってきた。最初は怒ったが。。。

2010/05/17 11:10

投稿元:ブクログ

ぼくたちは戦争で国を追われ、夏は暑く冬は寒い東の国にやってきました。狭い家に2家族で暮らし、固い床で眠り、日々食べるのもやっとの生活。そんなある日、おとうさんは食べ物を買わずに1枚の大きな地図を買ってきます。おかあさんとぼくはがっかりし、怒りすら覚えるのですが…。
その日からぼくには魔法がかかったように素敵な時間が訪れるようになったのです。

絵本作家シュルヴィッツの自伝的絵本。
1枚の地図がひもじさを忘れさせ、ぼくを世界旅行に連れ出します。
戦争や貧しさを表した暗い前半と、世界中の国々を表現した鮮やかですてきな絵が並ぶ後半。同じ生活を送っていても、世界がこうも変わるのか…と思います。
戦争の辛さだけを表現した絵本ではなく、想像力によって美しい世界をともに共感できるので、子供も読みやすかったようです。

2010/07/13 08:07

投稿元:ブクログ

ユリ シュルヴィッツ  作
    さくま ゆみこ  訳
     あすなろ書房 (2009/05)


「ねむいねむいおはなし」「よあけ」など情緒的で静か でもワクワクするような絵本作家ユリ シュルヴィッツ  
彼の原点のような作品でしょうか
最初のページに「せんそう」だけ大きな赤い字で書かれています
痛いような想いが感じられます

厳しい戦争の過酷な暮らしの中で作者は大きく羽ばたいていくのです
おおらかな絵は読み手を引きつけて離しません


≪ パンよりも 地図で ひもじさ 忘れ去り ≫ 

2012/12/13 23:41

投稿元:ブクログ

戦争の後、とても貧しい生活をしていた家族。
そんな時に、お父さんは食べ物を買うためのお金で地図を買ってきた・・・。
その時はひどいお父さんだと思ったが、その地図を壁にはると、何時間でもうっとりと眺めていることができた。
そして、その地図を通して、世界中の色んなところに旅に出れるのだった・・・。

作者の幼少期の実話です。
お話としては、とても素敵なお話だったけど、R君のウケはいまいちでした。

2011/10/01 19:56

投稿元:ブクログ

静かな詩のような、美しい絵本を描くシュルヴィッツ自信のこどもの頃の実体験。
ワルシャワの空襲を逃れ、東の国までやってきた。
どろやわらでできた小さなへやで、食べるものも、本も、オモチャもなく、貧しく暮らしていた。
ある日パンを買いに市場へ出かけたおとうさんは、ちずを買ってきた。

貧しい暮らしの中で、父がくれたこの地図の中にある世界で、ぼくはどこにでも飛んでゆけた。

地図をながめて、灼熱の砂漠に降り立ち、雪山で冷たい風をかんじる。
こんな創造力、シュルヴィッツ少年だからこそ、なんだろうな…
と、思わずにはいられないのだけれど。

聡明な父への誇りを感じるお話し。

2011/03/06 08:12

投稿元:ブクログ

このような状況下で地図を買ってくるお父さんの考えがすごいです。これが実話であるということをしり感動しました。

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む