サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イスラムの怒り(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720493-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

イスラムの怒り (集英社新書)

著者 内藤 正典 (著)

サッカーワールドカップ決勝戦で、ジダンは何に激怒してマテラッツィに頭突きをしたのか。この問いかけから、イスラム教徒(ムスリム)は、何に怒っているのか、なぜ西欧はイスラムを...

もっと見る

イスラムの怒り (集英社新書)

756(税込)

イスラムの怒り

648 (税込)

イスラムの怒り

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サッカーワールドカップ決勝戦で、ジダンは何に激怒してマテラッツィに頭突きをしたのか。この問いかけから、イスラム教徒(ムスリム)は、何に怒っているのか、なぜ西欧はイスラムを執拗に嫌うのかをわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内藤 正典

略歴
〈内藤正典〉1956年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科教授。ユネスコ人文・社会科学セクター科学諮問委員。著書に「ヨーロッパとイスラーム」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

弱者救済のシステム。いいなぁ。コーランも人間性豊か。

2009/10/02 21:45

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 コーラン、気に入っちゃった。キリスト教の聖書は何をいいたいのかわかりづらいし、原罪がなんとも暗すぎて、おどろおどろしい。でも、コーランって、わかりやすいし、人間性が豊か。なので、先ずは一夫多妻について。
 『孤児に公正にしてやれそうもないと思ったら、誰か気に入った女をめとるがよい、二人なり、三人なり、四人なり。だがもし(妻が多くては)公平にできないようならば一人だけにしておくか』  「複数の妻と結婚した場合、「平等に扱え」というのは、遺産の相続、子どもへの平等な処遇、果ては、ベッドを共にする回数にいたるまで、原則的に「平等」でなければならないということだ。そんなご苦労なことをあえてする男は、よほど奇特な人物か、大金持ちである」。プフッ。ちなみに婚外交渉は厳禁です。
 「では尋ねるが、西欧はキリスト教道徳のおかげで一夫一婦制をとる国が多いが、ホントに守っているのかね」。
 ラマダンについても、厳しいと思いのほか、できない時やサボった時の対処法がちゃんと書かれている。「人間性」を愛してくださる神様のようよ、こんなエピソードも。糖尿病を患った著者に、トルコの医者である友人が「おまえのような甘い(いい)男からは、糖が出るものさ」「この一言は、私の頭を覆っていた鬱陶しい霧を吹き飛ばしてくれた。私は、久しぶりに心の底から笑った」。患者が摂生しなくならないかと問うと、「私だって、西洋医学を学んだから、何が原因で、どういう病気になるか知っている。だが、弱っている患者さんを眼の前にして、因果関係をくどくどと言ってきかせるのは、非人間的だろ」」
 いいねぇ。ちょっと昔の日本人同様、ムスリムは、家族や共同体を大事にします。そして性に対しては、「秘め事」なんだな。だから、サッカーのジダンが頭突きをしたのに、その理由を口にしないのは、多分お姉さんについて性的なからかいの言葉を相手が言ったのではないかと著者は推察する。そして以下のジダンの主張が、ムスリムの今の心境を代弁しているのではないかとも。
 「インタビュアーが、「では、頭突きを後悔しているのですか?」と尋ねると、ジグンは、「後悔していない」ときっぱり答えた。
 「このような事件が起きると、いつでも、自分のように(暴力的に)反応した者が罰せられる。だが、悪意の挑発をした者は罰せられない。それは不公正だ。挑発した側も罰せられるべきではないか」
 イスラムの側はキリスト教に悪意は持っていない。なんせ、兄弟宗教で、自分たちの方が優れていると思っているから。逆にキリスト教は、世界中に広がったのに、中東だけは広がらない。ムハンマドは生身の人間で、キリストの神性がいかにも嘘っぽく見える。さらに、
 「頼れる神様を失ってしまうと、生きていくことの辛さを味わうことになる。近代以降、理性の人をめざすことが進歩だと思い込んでしまった西欧人は、いまさら後戻りすることもできない。こうなると、楽に生きられる人に対して、一種の妬みを抱くものである」。なんかうなずけるね。
 フランスではムスリムの女学生がスカーフをかぶって学校に通うのを禁じられた。「二〇〇四年に、フランスは公立学校での「宗教からの中立」を厳守させる「宗教シンボル禁止法」を新たに制定した」から。これも、一種のスケープゴードのようだよ。サンコンさんが言っていたように「理解の前に相手を尊重すること」が大事なんだ。
 ヨーロッパでは、今、排外主義が台頭しているそうだ。オイルショック後に
 「「遠くからやってきて、厳しい労働環境で仕事をしてくれる奇特な人たち」だった外国人労働者は、「ドイツ人の仕事を奪うし、失業したら失業手当で遊んで暮らしている邪魔者」に変わった。
 受け入れ国の社会は身勝手なものである。この態度の急変は、ドイツだけでなく、外国人労働者を戦後の高度成長に利用した、西ヨーロッパ諸国に共通する」。多文化主義も底が浅いねぇ。
 「辛い思いをしている人は、イスラムでは弱者とみなされる。弱者を助けることは、ムスリムの義務、それも神の定めた義務であるから、周囲の人間は弱っている人のために善行を積まなければならない。つまり弱者は、いわば周囲の人間が善行を積むために、神の意志でそこに存在するわけであるから、それほど悲嘆に暮れる理由がない。過度に嘆き悲しまずに済む思考回路が、イスラムには存在するのである」、って。経済的弱者に対しても同じこと。新自由主義が吹き荒れた国は、ぜひ見習ってほしいシステムだね。
 「何を言われても、暴力を振るった方が負けだ、と言う言説は、私のように戦後民主主義の興隆期に子どもだった世代は、耳にたこができるくらい聞かされてきた。
 ・・・しかし、この種の平和主義を、数世紀にもわたって理不尽な暴力と抑圧のもとに置かれてきた世界のムスリムに向かって説いても有効性はない。右の頬を殴られたら左の頻を差し出せという平和主義を象徴するような話が、新約聖書のマタイによる福音書(五二一九)に出てくる。しかしキリスト教化した西欧の、いったいどの国が、こういう平和主義を実践したというのか。実際、パールハーバーで右の頬を殴られたアメリカは、左の頬を差し出すどころか、殴った当事者である日本軍のみならず、膨大な数の市民を原爆や空爆で殺戮した。」
 「中東地域のムスリムはいまのところ、産油国の一部の人々を除いて経済的な豊かさを享受してはいないし、不公正な状況も改善されていない。
 にもかかわらず、暴力を止めろと非難され、民主化を説かれ、表現の自由を守れと批判され、女性抑圧の宗教だと非難され、欧米のスタンダードをグローバルスタンダードとして受け入れることを迫られるのでは、平和は実現しない。過激なイスラム組織に若者が吸い寄せられていくこと自体、希望のない現実においてのオルタナティブであることを、忘れてはならない。」
 中東の平和のために、はたして鳩山民主党政権がオバマさんとどんな尽力をしてくれるのか、しっかり見ていかなくては・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

構えなくて大丈夫

2013/08/06 10:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ジダンはなぜ怒ったのか」に惹かれて読みました。イスラム教・ムスリムについて、自分がいかに無知であるかを痛感しました。少しムスリム贔屓な箇所もありますが、読みやすく、理解しやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 16:50

投稿元:ブクログ

自分たちの持っているイスラムへのイメージが偏っているものであることを感じることができる本だ。
トルコに行くとき、関西空港の中の本屋で買い、行きで読み切ってしまった。
私にとっては、ぼんやり見聞きしている話の真相を、この本で理解するようなエピソードも多くあった。
作者の名前に見覚えがあり、手にとった一冊だったが、読んでよかったと思う。いろんな人に読んでほしいなと思った。特にトルコに住んでいる友人たちに読んでほしいと思った。この本に書いてあることがすべてトルコで当てはまるというのではないけれど、知っておきたいような話もたくさん載っていたように思う。

2010/09/20 19:51

投稿元:ブクログ

イスラム教、というか日本人にとって宗教ってなんかピンとこないものだと思うんですけどたまにはこういうの読んで理解くらいはしておきたいな。

2015/03/16 23:17

投稿元:ブクログ

最近の世界情勢から、さすがにもうちょっとイスラムのことも知らねばな・・・という気になってきて、とりあえず読んでみた本。入門書として、非常に分かりやすく読みやすかった。勉強になったー。

2012/06/22 21:51

投稿元:ブクログ

ジダンの頭突きや江頭のトルコでの話とかからムスリムが命に替えても守ろうとする一線に迫る。ムスリムがいかに物事を考えているかを知り、非ムスリムの傲慢さに気付かされる。ムスリムと一夫多妻や性について、中東地域で十字軍まで共存していた三つの一神教、現代のムスリム欧州移民たちとイスラムの関係、スカーフを被る女性側の考え、楽天的な性格のイスラムなど、違った角度からものが見えるようになる。

2009/07/12 23:52

投稿元:ブクログ

イスラムについての考え方が変わると思うよ。
ただ講義の内容を前提にせず文面だけで読むと、
かなりイスラムに肩入れしているように見えちゃうかも?

新書なんで、言いたいこと言い尽くせてない感じです。

2013/03/27 23:37

投稿元:ブクログ

ムスリムが何に怒っているのか、分かりやすく読みやすく解説されている。スカーフ問題の矛盾など、興味深い点が沢山あった。この本を入口に、さらにイスラムについて理解を深めたい。

2014/07/13 11:32

投稿元:ブクログ

欧州に暮らしてきた移民たちは、字sン種差別や民族差別発言には日ごろから慣れている。
家族や親せきの女性の性的なことを発せられると、暴力に発展し殺されかねない。

欧米にいるムスリム系の若者にとってビンラディンの言葉は響いた。
キリストやユダヤがイスラムを嫌っていた。一神教で後から登場してきたから。

2010/02/16 15:52

投稿元:ブクログ

ムスリムの中の一部の過激派は、何に怒りテロを起こすのか
テロを少なくするためには、
1.弱い者いじめ(特に女性・子供・高齢者の殺害)をしない。
2.聖典コーラン・預言者ムハンマド・神を、侮辱・嘲弄・揶揄・不適切なかたちで使用しない。
3.イスラムに由来する価値観や生活習慣を「遅れている」と侮辱しない。

アフガニスタン侵攻、イラク戦争において非戦闘員である女性や子供を数多く殺したアメリカ。
日本ではほとんど流されることのない血まみれの死後硬直した子どもの遺体、子どもの遺体を抱え茫然とたたずむ傷だらけの親の映像、それらを目にした世界の5人に一人の割合でいるムスリムの感情は。

著者の見解
アメリカ大統領 バラク・フセイン・オバマ
バラクは、アラビア語のバラカ イスラムで言う「神の恩寵」を意味する
フセインは、預言者ムハンマド直系の後継者に由来する
父親はケニア出身、名前から見てもムスリムの家系。
母親はクリスチャン
(男性がムスリムで 妻となる女性が他の一神教であるキリスト・ユダヤ教徒でも結婚には問題はないが、妻がムスリムで夫となる男性が他宗教の場合夫となる男性はムスリムに改宗しないと結婚は認められない)
イスラム法上では父親がムスリムの場合自動的に子どもはムスリムとなる。
両親は離婚、オバマ大統領は母親に引き取られ、キリスト教の洗礼を受けた。
みかたによればムスリムであったろう、オバマ大統領は棄教したともみられる。
イスラム法においてイスラムを棄教したら死罪。
オバマ大統領を、ムスリムは棄教として断罪するか、はたまた問題ないとするか、それはこれからの中東に対してアメリカ大統領オバマの出方次第で決まるだろう。  だって。

今後もアメリカが「イスラエル寄りの姿勢」を変えるとは、私には毛頭思えないけどなぁ。


幽霊の正体見たり枯れ尾花
知らないから恐れるのです
拒絶する前に、排除する前に
理解しましょう
理解する努力をしましょう
父を母を子を お隣の席にいる人を 海の向こうにいる人を

2010/05/08 20:33

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
06年サッカー・ワールドカップ決勝戦で、ジダンは何に激怒してマテラッツィに頭突きをしたのか。
この問いかけから、イスラム教徒(ムスリム)は、何に怒っているのか、そして我々のイスラム理解はいかに間違っているか、なぜ西欧はイスラムを執拗に嫌うのか、をわかりやすく解きほぐす。
ムスリムに対してしてはいけないこと、そしてそれはなぜいけないか、なども豊富な実例つきで解説。
異文化交流への道を探る。

[ 目次 ]
序章 ジダンは何に激怒したのか
第1章 「テロとの戦い」の失敗
第2章 隣人としてのムスリム
第3章 西欧は、なぜイスラムを嫌うのか
第4章 すれ違いの相互理解
終章 ムスリムは何に怒るのか

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2015/02/16 15:17

投稿元:ブクログ

ムスリムの人たちのことを全く知らなかったので入門書として読んだ。浅くわかりやすく書いてくれてるので読みやすかった。

2010/08/18 20:15

投稿元:ブクログ

なぜジダンは06年ワールドカップ決勝戦で頭突きをしたのか?あのシーンを見ていたムスリムには、彼が何に怒ったのか見当がつくのだという。それは人種差別発言でもなくテロリスト呼ばわりでもない。では、いったい何が?
イスラムの教えがどんなものか、ムスリムが大切にしているのがどんな価値なのか。「イスラム原理主義」という造語やテロリズムとの連想が、いかに誤解と偏見に基づいているか。自分の無知を痛感せざるを得ない。前提の違う相手との対話は、相手をよく知り、尊重することから始まるということを、豊富な事例が実感させてくれた。

2010/08/26 22:55

投稿元:ブクログ

【キーワード】イスラム、ムスリム、政治、宗教、中東

「ジダンがなぜ06年ワールドカップ決勝で頭突きをしたのか?」という目を引くフレーズで買ってしまいました。

なぜムスリムはテロを起こすのか、イスラム原理主義とはなんなのか、イスラム女性は差別されているのか、ムスリムの怒りに触れるものはなんなのか。以前からモヤモヤしていた疑問を一気に解決してくれます。

本書を読んでイスラム教やそれを信仰する人のイメージがすごく変わりました。イスラム教はとても合理的で人を許す宗教なんだなと。

欧米が数百年も前からイスラム圏の人たちにしてきた悪行もここに描かれています。知らないこともたくさんありました。911以降のテロでアメリカが悪い、イラクが悪い、イスラムが悪いと言う前にまずは本書を読んで対象についての知識を得てから非難しましょう。

2011/01/08 18:19

投稿元:ブクログ

この本を何故読んだか?

それは
ジネディーヌ・ジダン(サッカー選手)が
ドイツワールドカップの決勝で
何で相手選手に頭突きをして
退場になったか?

普通は試合中に頭突きをしません。

しかも大舞台のの決勝で!

そこには何かがある!

でもジダンは多くを語らなかったし、
理解できませんでした。

だから、そのままになっていました。

その疑問を解決してくれたからです

彼が頭突きをした理由は
彼がイスラム教徒(ムスリム)で
あった事にあったようです。

彼は純粋なフランス人ではありません。
アルジェリアからの移民です。

彼が移民であった事は
知っていましたが、
イスラム教徒であった事は
知りませんでした。

イスラム教は
厳しい宗教です。

神や家族、性にに対する冒瀆は
許されません。

その境界を破った者に対しては
暴力を持って制裁を与えることも
あるようです。

ムスリムという人々は
「自分の命を捨てても
守らなければならない何か」を
イスラム生誕以来、
1400年間にわたってきっちり守っている(p.19)

相手選手は
家族(姉)に対して
暴言を吐いたようです。

私達日本人は
仏教徒であることが
多いですが、
ある意味無宗教です。

宗教に無関心であり、
厳しい宗教観がわからないことが多いです。

でも、異教徒に対して理解を示す事や
知る事、認めることは大事ですよね。

彼らが
どんな世界観を持っているか
少しずつ学んでいきたいと思います。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む