サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シネキャピタル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 洛北出版
  • サイズ:20cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-903127-10-1
  • 国内送料無料

紙の本

シネキャピタル

著者 廣瀬 純 (著)

シネキャピタルとは、普通のイメージ=労働者たちの不払い労働にもとづく、新手のカネ儲けの体制! シネキャピタル(映画=資本)体制が人々の力を掠め取って利潤とするその運動を、...

もっと見る

シネキャピタル

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シネキャピタルとは、普通のイメージ=労働者たちの不払い労働にもとづく、新手のカネ儲けの体制! シネキャピタル(映画=資本)体制が人々の力を掠め取って利潤とするその運動を、ダイナミックに分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

“映画の発明とともに...

ジュンク堂

“映画の発明とともに始まった20世紀はまた、「大衆」あるいは「群衆」の発見とともに始まった世紀でもあった。”
普通のイメージたちの労働から剰余価値を生み出させる=普通のイメージたちを搾取することに、ドゥルーズは映画と資本主義との間の密接な関係を「映画―資本」すなわち「シネキャピタル」として見出す。
さらに映画という「産業芸術」は、シネキャピタルの価値増殖プロセスのなかに観客という新たな生産者あるいは労働者を組み込むことで、「1=2」という一見したところ錬金術のようなこの定式を実現する。
“ドゥルーズによって指摘される監督/作品という二項関係から監督/作品/観客という三項関係への移行は、今日のいわゆる「経済の金融化」において見られる経営者/従業員という二項関係から経営者/従業員/投機家という三項関係への移行と同じものではないだろうか。”
ドゥルーズの「シネマ」に依拠しながら、広瀬純は、ポストフォーディズムの時代における資本の運動を、映画という分かりやすい具体例を通じてイメージ化することに成功、現代という時代のありようを見事に描き得ている。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

本書のご案内

2009/04/30 20:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:洛北出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る


シネキャピタル――普通のイメージ=労働者たちの
不払い労働にもとづく、新手のカネ儲けの体制!

搾取されてるっていうのに、
ぼくや彼女ら「普通の鳥」は、働くことに
やりがいや喜びさえ感じている。

それどころか、

観客=投機家として無数の企業のために、
いっそうタダ働きをしてしまっている。

どんなやり方でシネキャピタルは、
この剰余価値生産に
ぼくたちを組み込んでいるの?

こんな暮らしから身を引き、
「労働からの解放」、
「解放された労働」を
獲得するなんてできるの?

◆ 著 者
廣瀬 純
1971年生 龍谷大学経営学部教員
映画批評誌『VERTIGO』編集委員
著書として――
『美味しい料理の哲学』(河出書房新社)
『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(人文書院)
『闘争のアサンブレア』(コレクティボ・シトゥアシオネスとの共著、月曜社)など。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/26 01:00

投稿元:ブクログ

2008
まったく新しい映画論。必読書。そうか、おれたちは知らず知らずのうちに搾取されていたのか!

2011/12/31 17:42

投稿元:ブクログ

映画批評の本だと思って、読んでいたら、とんでもない。ドゥルーズの『シネマ 時間イメージ』を独自な形で読み直すことで、「シネキャピタル」=映画資本という概念を提出し、映画、労働、資本主義について批判的な考察を行う。

というか、本書は「労働」に関する哲学の本だと思う。

200ページ足らずの小論だけれども、非常に濃い内容。
この洛北出版の出す本は、ちょっと変わった内容のものが多くて面白い。京都の出版社らしい。

いずれにしても、シネキャピタルの話は、もう一度、ちゃんと読み直そう。

労働 ランキング

労働のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む