サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 対話する力 ファシリテーター23の問い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

対話する力 ファシリテーター23の問い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-49056-0
  • 国内送料無料

紙の本

対話する力 ファシリテーター23の問い

著者 中野 民夫 (著),堀 公俊 (著)

対話の場を促進するちょっとしたコツからファシリテーションの本質論まで、「対話する力を育むファシリテーション」のさまざまな課題について、2人のプロが対話形式で語る。【「TR...

もっと見る

対話する力 ファシリテーター23の問い

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

対話の場を促進するちょっとしたコツからファシリテーションの本質論まで、「対話する力を育むファシリテーション」のさまざまな課題について、2人のプロが対話形式で語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中野 民夫

略歴
〈中野民夫〉1957年東京生まれ。ワークショップ企画プロデューサー。会社員。
〈堀公俊〉1960年神戸生まれ。堀公俊事務所代表、組織コンサルタント。著書に「ファシリテーション入門」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/20 23:32

投稿元:ブクログ

色んな面で、バランスの取れた本だな、と思った。
ファシリテーターという立場でありつつも、自らも参加者となって体験しながら場をつくっていく中野さんと、あくまで参加者とは違う立場で常に全体を見守ることを大事にする堀さん。
中身についても、具体例もありつつ、まとめもきちんとされている。
ファシリテーターの役割としても、全体の場をしっかりホールドしつつ、コントロールしすぎることなく時には参加者に場を委ねる。ある程度の落としどころは持ちつつ、それとは違う方向に行っても、参加者の納得感が得られるものであればそれをちゃんと尊重する。
他人ごとにはなりすぎず、かといって当事者として入り込みすぎない。
そういう、何につけてもバランス感覚が優れているかどうか、がファシリテーターとして大事なことなのかなぁ、ということを感じた。

2009/07/11 19:15

投稿元:ブクログ

■ファシリテーション
?ファシリテーションとは、「関わる一人一人の経験や思いを尊重し、円滑なコミュニケーションと相互作用の中で、より深い理解や創造性へと開花させる手法」のことである。
?チェックイン(会話の導入時において、みなをしゃべらせ、会話を数人が独占しすぎないようにする方法)

2014/03/22 22:08

投稿元:ブクログ

図書館で偶然みつけたのだが、最近の自分の興味に合致していて面白く読んだ。

二人のファシリテーターの方が、それぞれの経験談に基づきファシリテーション実践の際の課題等について対話している。

さまざまな課題に対し結論を出そうとしているわけではなく、それぞれの率直な意見が交わされるおかげで、ひとつの意見に固執せず幅広い視野を得られると思う。そういった意味で、この1冊自体が、対話のありようの模範となっている気がした。

ファシリテーションの手法は、ビジネスでも教育・学習でも役立つと思うので今後勉強していきたいなと思った。
末尾に参考文献や関連団体の一覧あり。

2011/01/26 13:51

投稿元:ブクログ

ファシリテーターとはどんなことを考え、実践して行くのかをわかりやすくまとめたものだと思います。
対話を促進する場の作り方、参加者への関わり方の具体例も参考になしました。

2011/02/21 20:07

投稿元:ブクログ

ファシリの本に
ノウハウ本はないよね。
やっぱり。。
そういう本を求める方が問題なのか?

様々なファシリ論を知るのには
参考になる1冊でした。

2012/07/16 12:59

投稿元:ブクログ

一つのリーダーの形として、「ファシリテーター」という役割があります。
2人の著名なファシリテーターの対話形式で、「ファシリテーターとはどうあるべきか、そもそもファシリテーションとはなんなのか」ということを語っています。

対談形式だけあって、とても読みやすいです。

この本を読んで思ったのは、ファシリテーターというものは、その場に存在するけれども、極力影響を与えず(意見の押し付けをせず)、けれども、その人がいることにより、グループ/コミュニティ内の意思疎通がスムーズになる、そういう存在なのかな、ということでした。

メンバをぐいぐい引っ張っていく、いわゆる「リーダー」ではないけれども、全体最適というか、組織内円滑化というか、そういう素養が評価されていく世の中になっていくのかな、と思いました。そうであるとうれしいですね。

2012/11/05 21:56

投稿元:ブクログ

何度か目を通している。ファシリテーションの本で一番好きな本である。ファシリテーションの方法論の本ではなく、堀さんと中野さんのファシリテーターの経験からファシリテーターのあり方を述べている。だから、真剣に気軽の読みやすい。

対話(ダイアログ)は、意見を壊し合う議論(ディスカッション)とは違い、メンバー同士で対等に話し合う。それにより、物事に探求できて、納得のいくアイディアや結論を見つける。対話しやすい場づくりして、対話のプロセス(経緯)を見守り、メンバーの自律的思考に触発するのがファシリテーターと役割と私は思う。

ファシリテーションとワークショップの実践をたくさん積んで、学んでいこう。ファシリテーションとワークショップ、いずれも正しい答えはない。答えは、メンバーが作り納得する。そして、メンバーのフィードバックのより、ファシリテーターは成長する。

読書状況は、読む機会がすぐにありそうなので、いま読んでいる状況にする。

2013/11/30 14:31

投稿元:ブクログ

実際にファシリテーターとして活動する2人の著書。学術的ではなく、具体的にどうするかという視点で書かれているため、今まさに何か困っている人には大変役に立つ内容であると思う。

2015/09/23 16:11

投稿元:ブクログ

ワークショップデザイナーとしてファシリテータのことをかじり始め、知識伝達型の講師との違いなどを理解した段階で、ファシリテーターとしてどのような働きをすべきかまだよく分かっていなかった。今回ファシリテーターとして経験豊富な、しかし参加者への接し方のスタイルが異なるお2人の話し合いが興味深く聞けた。おそらくかなり深いことを言われている気がするが経験も少ない今の自分では感応するポイントもそのレベルだ。今後いろんな経験を積んで再読すると響くポイントもまた変わってくることだろう。何度か読みたい本の1つとなった。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む