サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

偽物語 下(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 154件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283702-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

偽物語 下 (講談社BOX <物語>シリーズ)

著者 西尾 維新 (著)

“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、西尾...

もっと見る

偽物語 下 (講談社BOX <物語>シリーズ)

1,404(税込)

偽物語(下)

1,404 (税込)

偽物語(下)

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「偽物語 下」が含まれるセット商品

<物語>シリーズ (講談社BOX) 23巻セット(講談社BOX)

<物語>シリーズ (講談社BOX) 23巻セット

化物語シリーズ 7巻セット

化物語シリーズ 7巻セット

  • 評価5.0
  • 税込価格:10,36896pt
  • 発送可能日:購入できません

化物語シリーズ 7巻セット

化物語シリーズ 7巻セット

  • 評価5.0
  • 税込価格:10,36896pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、西尾維新が今、“物語”を根底から覆えす—これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は、にせものだけでは終らない。【「BOOK」データベースの商品解説】

青春は、「にせもの」だけでは終わらない−。“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは? 「化物語」の後日談の完結。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

つきひフェニックス 7−321

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。「クビキリサイクル」で第23回メフィスト賞を受賞。他の著書に「傷物語」「刀語」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー154件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

放送が終わったアニメもよかったけれど、小説のほうも絶好調。維新の最高傑作?――私はキメ顔でそう言った。なんてね。そしてなにより、あとがきに素晴らしい言葉が・・・

2009/11/06 19:59

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化されたおかげで、随分売れているんじゃあないでしょうか、『化物語』シリーズ。勿論、この『偽物語〈下〉』も、字面の印象とおり、同シリーズの一冊です。一昨年に読んで、その面白さに驚愕し、『刀語』全12冊を買わしめた『化物語』については、なぜか書評の筆が進まず、メモのまま放置されていますが、その後、数多くの維新作品を読んだ私としては、このシリーズが今のところ彼のベストかな、って思っています。

小説もですが、アニメの質の高さも生半可ではありません。回によって手抜き気味のところはあるし、使いまわしはするし、CGは多用するし、普通だったら文句を言われるところが、シャフトの手にかかるとなんとも上質のテクニックにしか見えない。静止画を多用するので同じ長さでもデータ量は少ないという驚異的なもの。

その結果生まれた画面の美しいこと。戦場ヶ原ひたぎのクールビューティぶりの凄さ、まさに脱帽です。それにしても、あの画面構成はなんといったらいいか、静止画の美しさと斬新さ、深い色合いと相俟って、まさにタブローが連続しているような見事さ。あ、いかん、書評ではなくアニヒョウしてる・・・

というわけで、函の言葉です。
            *
“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。
             暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、
        吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?
VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、
        西尾維新が今、“物語”を根底から覆えす―――
これぞ現代の
  怪異!怪異!怪異!

青春は、にせものだけでは終らない。
            *
ついでにシャフト並みの手抜きをして、出版社のHPからコピペをすれば
            *
 ふたりめの妹は、世界の終りを宣告する。 
 「こんな偽物だらけの世界は滅んじゃっていいと思うんだよね、お兄ちゃん」。
 暦の妹である阿良々木月火がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の
 怪異とは!? 『偽物語』堂々完結。
            *
とあるように、今回の主人公は阿良々木月火です。シリーズ主人公である阿良々木暦の下の妹で、中学二年生。四月頭に誕生日を迎えて十四歳。髪型をよく変えて、外見が中身を裏切っている少女です。小柄な体躯で、ゆっくりとした口調でしゃべるものの、姉より攻撃的で、怒りっぽさはヒステリー的、暴力的トラブルをよく起こします。姉の火燐と行動をともにする“ファイヤーシスターズ”の参謀担当です。

ちなみに、歴の上の妹が阿良々木火燐、中学三年のジャージ女で高校生の兄より身長、体重、格闘技において勝っています。六月末に誕生日を迎えて十五歳。小学生の頃から、髪型はおおむねポニーテイル。ただし、造形的には可愛くないらしい。格闘技をしているために姿勢がいいものの、スカートをはかず、日常生活はおろか通学もジャージ姿。直江津高校二年生の神原後輩に憧れています。

維新の話に共通して言えることですが、全体の構成よりも部分が面白いです。個人的には火燐と暦が近親相姦寸前まで戯れてしまう003章が一番好きです。次は、007章の忍と暦のミスター・ドーナツ談義。次女に言わせると、維新は私が読んでいない他の作品で、同様の趣向を見せているそうですが、楽しみました。逆に会話のわりに面白くなかったのが、005章の八九寺真宵と暦のカミながらの会話でしょうか。

カワイイ新キャラでは、なんといっても

――私はキメ顔でそう言った。

と、毎回会話を締めくくる斧乃木余接がいます。一見小学生風ですが殆ど無表情な子どもというのがいいです。それと影縫余弦です。涼しい表情をした、ショートカットの女性で、容姿に関しては今ひとつはっきりしませんが、郵便ポストの上に直立して登場するというのは、アニメにしたら面白いだろうなあ、って思わせます。年齢は二十代後半で京都弁というのは維新にしてはレアな設定かも。

詐欺師の貝木泥舟についていえば、お、また出てきたか、っていう感じでしょうか。もっと悪いことするかと思っていたら案外フツーなので逆に期待はずれだったりして。ここらの読者心理は同じシャフトが手がけたアニメ『絶望先生』に詳しいです。あの、分析は見事だった。この小説に関係ないですけど・・・。

それと嬉しかったのが、あとがきの最後に
            *
 あと、すいません、この本、最終話って謳ってますけど、ごめんなさい、なんだかあと二話ほど書くことに今決めました。八九寺真宵と羽川翼のことが気になる方は、引き続きお付き合いください。さあ、何人くらいいるのかな?
            *
とあるのと、巻末の広告の
            *
2010年発売決定!!
西尾 維新 ILLUSTRATION/VOFAN
NISIOISN

蘇る武者と迷子の少女。はしゃぎ戯れ舞い踊り、終には傾く物語。
傾物語
第閑話 まよいキョンシー

それは誰かに禁じられた遊び。人が獣に至る物語。
猫物語
第禁話 つばさファミリー
            *
ですね。もう、買うっきゃない!

最後はデータです。

最終話 つきひフェニックス

BOOK & BOX DESIGN VEIA
FONT DIRECTION SHINICHI KONNO (TOPPAN PRINTING CO.,LTD)
ILLUSTRATION VOFAN

本文使用書体:FOT-筑紫明朝ProL

001~013の13章、あとがきという構成、書き下ろしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色々な意味で兄妹の一線を越えている

2009/06/14 08:30

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回は阿良々木月火が主役、のはずなんだけど、前半出ずっぱりなのは姉の火憐の方で、兄の暦と変態プレイを数ページに渡り展開してくれます。ああ、歯磨きって恐ろしい。。。
 基本的に、会話のテンポと、文章じゃなければ分かりづらいギャグ、本筋をすっ飛ばして脱線した先で展開される面白さ、何かを楽しむ作品だと思っているので、あんまりストーリー性は重視されない。でも、最終的には何かきれいにまとまる。
 最終話と謳っていましたが、八九寺メインの話と、羽川メインの話を追加刊行するらしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月火パート

2015/03/21 06:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

神原大先生考案のフェチ的アイデア。火憐の歯を暦が磨くという恥辱行為にすべて持っていかれました。実の妹に快楽を与えているという背徳感。あぶねえ!月火ちゃんよくぞ指摘してくれた、助かったぜ!ありゃりゃ、本編が頭に入ってこないぞ?一番怖かったのはデレまくる戦場ヶ原だったりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/27 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/17 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/02 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/03 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/02 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/19 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/15 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/19 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/18 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る