サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

道徳の系譜学(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75185-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

道徳の系譜学 (光文社古典新訳文庫)

著者 ニーチェ (著),中山 元 (訳)

道徳の系譜学 (光文社古典新訳文庫)

842(税込)

道徳の系譜学

756(税込)

道徳の系譜学

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ニーチェがもっともよくわかる新訳です!

2016/06/12 09:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニーチェを理解することはとても難しく、なかなかニーチェの著作を最後まで読了することができません。本書は、彼の『道徳の系譜学』の新訳です。ニーチェは単に道徳的な善と悪を転倒させることではなく、西洋文明の根本的な価値観を転倒させることを主張していたことがこの新訳でようやくおぼろげながらわかりました。これまでニーチェにてこずった方々は、再度、この新訳で挑戦されてはいかがでしょうか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新訳は読みやすくていいですね。

2016/02/16 02:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かわうそ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この新訳シリーズは読みやすくて最後まで挫折知らずで読み通せるので、
有り難いですね。他の書籍も順番に読んでいきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/02 20:42

投稿元:ブクログ

「系譜学」。「良い」と「悪い」の起源について、「禁欲」をよしとしている西洋社会全体への批判、な感じ。しかし論文という形式を取っているものの言葉遣いは限りなくアレである。

2011/10/04 07:53

投稿元:ブクログ

「諸君、心を動かす最初のものには用心したまえ、いつでも善良なものだからだ」

人間は何も意欲しないよりは、むしろ虚無を意欲することを望むものである・・・。

西洋、キリスト教VS個、人間>既存の枠組みを解体するエネルギー
が素敵に表出されてるとは思うのだが、聖書は上手な物語、と思っているから、なんだか小さい?マッチポンプ?と感じました。>読み方が浅すぎるか。

2012/04/19 14:13

投稿元:ブクログ

善悪の起源、良心の起源、禁欲の起源、それらが如何に倒錯的に現れ、人間を支配してきたか。それは近代科学のような学問の領域においてさえ。

2014/02/17 22:01

投稿元:ブクログ

西洋文明のキリスト教的な価値観の起源を探り転倒を試みる。現代思想の源流がここにある。ニーチェが暴露する、西洋社会が隠蔽した人間の弱さというものは、つまるところ社会的諸関係のなかにあってあらゆることを覆い尽くし目を背けなければ生きていけない人間の哀しみそのものであり、弱さを抱えながら生きるにはどうしたらいいのか、という根本的な問いかけに他ならない。目を背けるなというニーチェのメッセージは重く、逃れ難いこの社会というものの強固さを思い知らされる。

2016/11/07 23:27

投稿元:ブクログ

人は欲望を満たすために社会を形成したが、その社会によって人は欲望を抑制されることとなった。社会における善は、自己肯定から辛抱強さへとその価値観を奴隷により逆転された。良心は自分の自由な本能を外ではなく内に向けざるを得なくなり、疚しい良心、として成長した。その良心は、禁欲的な生に高い価値があると解釈し体現する司牧者によって点検される。学問もまた価値を生み出す権力を必要とし、自らは価値を創造することが出来ないため、禁欲的な理想を求めるものである。禁欲的な理想の果実たる、真理の価値を問い直そう、というのがニーチェの主張だ。
神に罪を被せたギリシアと神に罰を背負わせたキリスト教との対比が興味深かった。また、純粋な理性、への批判。見るとは能動的な力が無ければ出来ないという指摘。統計など科学的なデータの裏にも意図があることを忘れてはならない。

2009/10/14 23:44

投稿元:ブクログ

キリスト教=奴隷道徳

弱者は現世での善行を通じて天国にいけるという信仰にもとづいている
これはただのルサンチマンでしかないんだって~

神は死んだ=従来の虚構の価値観崩壊って意味なんですね

2011/06/10 23:56

投稿元:ブクログ

読み物としては、善悪の彼岸のほうが面白かった。テンポも良かったし、語り口にキレがある。とはいえ、ルサンチマンやニヒリズムといったニーチェ用語に生で接することができて嬉しい。どこまでも冷徹な目で世界を眺める様子はさすが。
論文形式といえど、結局はニーチェ節が満載で、敵対者に対して恐ろしいほどの語彙力であらん限りの悪口雑言を尽くすさまは、つい笑ってしまった。
結論を小出しにしつつコネコネ、ネチネチと語る語り口で、途中でちょっと飽きた。でも解説が秀逸で、結論を一息で語ってくれる。

2010/08/15 07:55

投稿元:ブクログ

2010.8.14

ユダヤ教・キリスト教が生み出した「善悪」の概念。
キリスト教の禁欲的な理想=虚無への意志である。

しかし、キリスト教自信が育んできた誠実さが、その起源を暴き、その虚偽を告発する。

ルサンチマンの存在を。

そしてニーチェは言う。

「生を肯定せよ。」


入門書で読んだこと以上のことはわからんかった。
再読が必要

2012/12/11 21:44

投稿元:ブクログ

西洋文明批判というニーチェの畢生の課題を、道徳の価値を問うという方法から遂行する。一応論文集という体裁はとっているが、中身はアフォリズムが敷き詰められた独特の文体である。しかしその中にも、道徳の起源を古き時代の支配関係、種族、生理学的反応などに見出そうとするニーチェの苦心が読み取れる。全てを混ぜっ返してしまうニーチェの筆法がよくわかる作品である。

2012/07/27 08:59

投稿元:ブクログ

善悪の価値の起源など。
道徳の生まれ方。弱い人間の生き方としての疚しい良心、禁欲的な生き方。いかに内面化されたか。そこに貢献する司牧者的な存在。禁欲的な生き方が内面化された科学的な生、真理への意志。
道徳の問題は弱さの問題ではないかという問題提起は常に心に留めておきたいし、これに真摯に向き合わないといけないようだ。フロム的なヒューマニズムと、こういった徹底的な懐疑?系譜学的な思考との間に揺れていこう。

2013/06/15 20:05

投稿元:ブクログ

この本では、禁欲、疚しさ、罪、悪の意味についてお話している。
愉快だったり、イライラさせたり。
ニーチェは重要なことをいうのを後ろのほうにとっておいたりするので、途中、言及の意図がわからなくて、読むのが辛かったりする。
いやむしろ、なんども読み返して欲しいがゆえにそうしているのだろうか。

2013/12/20 00:59

投稿元:ブクログ

さまざまな事柄に関して思いの丈を打ち明けているような印象を受けました。

論文を読んでいるというよりは戯曲などの文学作品を読んでいるように思えてくるほど、言い回しがドラマチックで、滾るような情熱を感じます。

ニーチェ自身が自分の到達した境地を公の場に示すためには、文学の力を利用することが不可欠だったのかもしれないなと思いました。

2013/01/30 23:33

投稿元:ブクログ

人には二種類あって、物事を良い・悪いで判断する人と、善・悪で判断する人。
ってことが書いてある本らしい。(byたち)

就活終わったら読みたい。