サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. グレート・ギャッツビー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グレート・ギャッツビー(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/09/01
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75189-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫)

著者 フィッツジェラルド (著),小川 高義 (訳)

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのそ...

もっと見る

グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫)

821(税込)

グレート・ギャッツビー

702 (税込)

グレート・ギャッツビー

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。過去は取り返せる—そう信じて夢に砕けた男の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.8

評価内訳

2013/07/02 01:01

投稿元:ブクログ

映画を観る前に読んでみた。映画はほとんど原作に忠実で、なおかつ要所要所にメリハリをつけた脚色があり、分かりやすかった。フィッツジェラルドは他に同文庫「若者はみな悲しい」しか読んでないが、やはり短編作家という印象がある。

2012/02/01 13:30

投稿元:ブクログ

この物語を初めて読んでいた頃、巷では「シンデレラ・シンドローム(もしくはシンデレラ・コンプレックス)」な~んていう言葉が流行っており、ここに描かれている世界こそその心理の神髄だ!と思ったものでした。  と、同時に西部出身者であったニックやギャッツビーが東部の文明社会に強く憧れて出てきたのと同じように KiKi 自身も静岡県の田舎町から東京の文明社会に憧れて出てきたことに思い至り、「これは自分なりの明確な立ち位置というか、羅針盤のようなものをしっかりと持たないとギャッツビーの二の舞を踏むことになるかもしれない」という危機感を感じたりもしました。

そういう意味では「都会に出てきて浮かれ気分の KiKi に初めて冷や水を浴びせかけてくれた物語」と言っても過言ではありませんでした。  正直なところ、さほど面白いプロットのお話だとは思わないけれど、読むたびに「何か」を考えさせられる物語であることは事実です。  自分の手が届きそうにないものを目指し、精一杯手を伸ばし、何とか届かせる方策を必死で模索しあれこれ試してみる。  そうこうしているうちに、それが現実に手に入りそうに感じられるようになり、さらに頑張ってみる。  そんな努力の過程は本人にとっては充実感に満ちた時間であり、ある意味では幸せでもあるものです。  でも、実際にその「何か」を手に入れてみたらそれは己の憧憬の念が創作した「何物か」とは実は異なっていたりもする・・・・・。

初読の時からこの物語のタイトル「グレート・ギャッツビー」の「グレート」とは何なのか、ず~っと考え続けています。  昔はそれが「華麗なる」だっただけに絢爛豪華に見えた中身のないギャッツビーの暮らしぶりを皮肉的に指した言葉なのかとさえ思ったほどだったけれど、今の KiKi にはこの「グレート」はギャッツビーの上昇志向、楽観主義を貫いた生き様を形容する言葉だったのかなぁと感じられます。  言ってみれば「よくやった!」「あっぱれ!」ぐらいの意味合いで・・・・・。  葬儀には誰も来てくれなかったギャッツビーだったけれど・・・・・。

(全文はブログにて)

2013/08/25 11:52

投稿元:ブクログ

映画を見て原作が読みたくなった。
ニックの視点で描かれているので、直接見聞きしていないところはやや説明的だった。

2011/01/19 21:18

投稿元:ブクログ

再読すると、更に深い意図が読めそう

家柄を始めとする古い権威を象徴する馬と、革新と新時代を象徴する車など、伏線の絡まり合いが物語の深みを増す

過去をなかったことにしようとしたギャッツビーは未来までも失ってしまうことになった

2011/08/21 12:06

投稿元:ブクログ

なんかちょっと…よくわからないというか…。妙に文学チックで感傷を引き出そうとする気取った文章が気になるのと、話運びが悲劇というよりかは不運だったねっていう感じで、主人公ギャッツビーがとりあえずかわいそうな人っていう印象しかない。村上春樹がこの本好きらしいんだけど、村上春樹を読む気なくしてしまう感じだ。ただ、デイジーみたいな人っているよね!大事にされているからすごくキラキラしているんだけど、そういう人本気で好きになると相手から得られる愛と自分から捧げる愛とのバランスがおかしくなるし結局対等に見られていなかったりナチュラルに算段で値踏みされていていつ捨てられてもおかしくない事に気づく。でもそういうのって、悲劇っていうよりは相手にとっては傷つけたとも思っていないから、それくらいで取り乱すんだったら最初からそこに行くなって話なんです。

2009/11/15 00:03

投稿元:ブクログ

金持ちのきらびやかかつ悲しい物語だと思い込んでいたら、ずいぶん印象が違った。

語り手含め、登場人物は皆心の内をさらけ出さないし、皆神話的でさえある。舞台や小道具、物語の構造もすべて何かしら象徴的である。
世紀末感ただよい、良いSFを読んだときのような切なさを覚えた。

2011/03/11 09:33

投稿元:ブクログ

アメリカ西部に引っ越してきたニックは、隣に住むギャッツビーという謎めいた男からパーティに招待される。偶然出会ったギャッツビーと親しくなったニックだったが、彼には怪しい影もあって・・・。絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。過去は取り返せる――そう信じて夢に砕けた男の物語。

ところどころいい加減な設定もあるし、勝手気ままな人間たちばかりの舞台にはウンザリしなくもないのですが、それでも後世まで評価されているのは、捨てがたい魅力が流れるような文章自体にあるからなのかなーと思います。特に綺麗なものを描写する表現が上手い。様々な比喩を駆使して読み手に想像力を働かせる感じはとても好きです。結果としてはバッド・エンドなんだけどあんまり深刻に感じないのは、ニックよりも私の目が冷めてるから・・・?どっちにしろ、結婚してから違う誰かを愛するような女にはなりたくないなぁ。お互いにとって不幸だとしか思えない。

2011/01/29 20:48

投稿元:ブクログ

本の内容についての感想は他にもあるのでここでは割愛。
読みなれたせいかこの本はとてもわかりやすい感じでした。
大貫三郎さんの訳を一冊目に読んだときの印象とはやっぱりまた違う感じがします。表現はそれの方が好きかなとは思います。ただ、こっちの方がわかりやすいのでは、と思うので初めてだとこちらをおすすめします。人物関係がいきなり名前で読んだりするのでごちゃごちゃになってしまうので注意が必要です。

2010/07/17 21:10

投稿元:ブクログ

前半はいかにも当時の外国文学らしいどうでもいいようなパーティだの食事だのの描写ばかりでこれがすこぶるつまらない。それを乗り越えて後半、主人公がドキュメンタリー調で語る場面になると急加速で面白くなる。愚直を体現するようなギャッツビーの生き様に拍手。

2009/11/01 12:03

投稿元:ブクログ

ギャッツビーは恋に恋したまま大人になったみたいな人だと思った。なんだか憎めない人。
人間の心ってほんとに頼りない。

2013/07/24 23:51

投稿元:ブクログ

村上春樹がご執心の小説というぐらいのイメージしかなかったが、映画化されたので、読んでみた。

アメリカらしい大味な小説だと思うが、どこまでいっても交わらない人々のやるせなさがある。解説にも繰り返し出ているが、ギャツビー邸、ブキャナン邸、そして下町(というか下級階層の町)とのコントラストが鮮やかであり、それゆえ、ハイソサエティーな登場人物たちの気だるさがより引き立っているように感じる。

2009/10/03 00:40

投稿元:ブクログ

ギャッツビー

アマレット 1/4 27.5 7.7 15.0
カカオ・リキュール・ホワイト 1/4 27.5 6.9 15.0
生クリーム 2/4

シェイク

2009/12/09 15:40

投稿元:ブクログ

20091209
衝動的に借りて一気に読む。
村上春樹の訳が有名だが、こちらの方が新たしいので。
読むたびに変わる、そこはかとない味わい深さは、この文学が青い証拠なのだろう。

成り金男は、滑稽なまでに夢を追いかけ、それを叶えた。
それこそ悲劇だったのだ。
1920年代にアメリカで起きた悲劇は、2000年代最後のいたる国で起きているのだろう。

語り手のニックが、ギャッツの親父さんに「親友でした」というシーンが頭から離れない。

やはり買ってこなければ。だが、村上春樹訳を読んでからにしよう。

2014/12/14 11:07

投稿元:ブクログ

栄光というのは本当にはかないと思います。
それがある種の社会への復讐という
想いがあったギャッツビーにとっては。
(純粋な愛の裏には復讐もあったことでしょう)

そして、終盤には美しい文体から
人間の醜さを浮かび上がらせてくれます。
そう「金の切れ目は縁の切れ目」
所詮それが人間というものなのです。
だけれども、これはあまりにもさびしすぎる。

名作で、静かさと華やかさが
素敵だけれども、デイジーは大嫌いです。
ただの尻軽でしょ。
空っぽの女なんか遊びにしかならない。

でもジョーダンはかわいいですね。
あの後、どうなったのかな。

2010/09/12 10:15

投稿元:ブクログ

2010.9.12

旅行に持ってこうと思ったけど、あっという間に読み終わりました。

東部と西部。
名門と成りあがり。

暑さにうだる場面があって、あれ、クーラーは?と思ったら、1925年の作品だった笑。

キャラウェイの淡々としながら、現実を受け止めながら、まっすぐさを失わない感じが好き。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む