サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぐらシャチ(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.11
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868147-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぐらシャチ (電撃文庫)

著者 中村 恵里加 (著)

ぐらシャチ (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぐらシャチ

616 (税込)

ぐらシャチ

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

モヤモヤ

2009/11/17 20:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒロインのボケボケした感じは悪くないですが、ストーリーは薄い
同じネタを繰り返すばかりでもうひと展開入れるスペースがなくなり、捻りなくそのままのオチ
クッションが効きすぎてモヤっとした印象でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

警戒しながら読まないと辛い

2009/11/08 12:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校入学前の春休み。秋津島榛奈は近くの浜辺にオカリナの練習をしに行き、ウクレレを持った少年、黒田剛典に出会う。さわやかな外見ながら、それに似合わないマイナーな楽器を持った彼に共感を抱いた彼女は、同じ高校に進学すると知り、高校での再会を楽しみにしていた。
 それから2週間ほどたったある日、オカリナの練習に来た榛奈は、高波にのまれてしまう。あわやの所で彼女を助けたのは、額に青い宝石をつけた、英語をしゃべるシャチだった。次の日は日本語をしゃべるようになっていたシャチに請われて、グラボラスという名前をつけた榛奈だったが、それが混乱と恐怖の始まりだった。

 さわやかにはじまりながら、バッサリと切る様に落とす展開。共通体験をほとんど持たない生物同士のコンタクトであるから、猜疑と不信は当然の様にあるはずなんだけれど、主人公である榛奈が警戒心の低い人格なので、それに合わせて読んでいると、かなりクるものがある。
 途中までじっくりと話を積み上げておいて、最後はパタパタと折りたたんでしまった感があるので、終わり方はさわやかに見えるんだけれど、取りこぼしてそのままの問題は結構大きいんじゃないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/10 23:05

投稿元:ブクログ

どうしてもダブルブリッドのイメージがちらつくんだけど、
主役同士の関係の捩れは同じ雰囲気があった。
時折出てくるグロさも変わらず。

キャラと設定が良くて、
話に引き込まれました。
ただ背景やキャラの紹介って感じが強いので、
続編に期待。
設定も一回で収集がつくようなものでもなかったし、
もっと長く関係性を見ていきたい。

そういう意味で星3つ。
中村先生の小説をまた楽しみにしてます。

2010/10/30 14:46

投稿元:ブクログ

中村先生のファンではあるけど、時代に乗り遅れないように?何萌え系書いちゃってんのさ!なんて題名とカバーを見た時に思ってたところ、半ばに差しかかって、あまりの萌えとのかけ離れっぷりに吹いた
ぶっ飛んだ話だなぁと読み終わって帯に「“かなり奇抜な”ボーイミーツガール」となっていてとても納得。
軽めの話

2009/12/12 15:25

投稿元:ブクログ

12/12読了。いっきに読んだ。
家族の描写がライトノベルらしくなくていい。
そこだけ取り出せばラノベっぽくない普通の家庭のようだから、メインエピソードの異質さが際立つのかもしれない。

2010/05/16 03:41

投稿元:ブクログ

内容そのものは驚きなどは特にないものの、作者の色は出ているなと感じた。

ただ、主軸となる2人を除く登場人物の描写不足は否めず、その部分への疑問に対するフォローもさしてないのはちょっと不親切かなと思った。

題材はソコソコ面白いものの、それをうまく料理しきれなかった印象。ダブルブリッド読んだ時ぐらいの強烈な印象が欲しいところ。

2012/01/27 09:16

投稿元:ブクログ

おもしろかったです。
作者的にほのぼのした話のわけがない、と序盤を読んでいたのですが案の定でした。
気色悪いけどいい話。たぶん。

2012/02/24 23:08

投稿元:ブクログ

 高校入学をすぐそばに控えた少女、秋津島榛奈(日本うっかりランキング推定10位以内:弟・孝雄談)は、近所の浜辺にいたところ、急な高波に飲まれて危うく命を落としそうになり――そこで「ある生き物」に救われる。
 しかし、それからというもの順風満帆だったはずの榛奈の新しい生活は少しずつ、しかし大胆に様相を変え、そしてついに――。
『ダブルブリッド』の中村恵理加が贈る、異色のボーイミーツガール&ファーストコンタクト・ストーリー登場!

2011/07/23 14:10

投稿元:ブクログ

高校入学をすぐそばに控えた少女、秋津島榛菜(日本うっかりランキング推定10位以内:弟・孝雄談)は、近所の浜辺にいたところ、急な高波に飲まれて危うく命を落としそうになりーーそこで「ある生き物」に救われる。
しかし、それからというもの順風満帆だったはずの榛菜の新しい生活は少しずつ、しかし大胆に様相を変え、そしてついにーー。
『ダブルブリッド』の中村恵里加が贈る、異色のボーイミーツガール&ファーストコンタクト・ストーリー登場!

2012/12/09 17:27

投稿元:ブクログ

ダブルブリッドの作者の新作(と言ってもだいぶ前の話だが)ですね。
ダブルブリッドではなかなか楽しませてもらったので購入。

言葉を喋る巨大シャチという強烈なインパクトで始まり、最初は榛名とシャチ(グラボラス)のどこかずれた会話を楽しむという表紙相応のボーイミーツガールなのかと思っていたらそこは流石中村さん、徐々に不穏な空気が漂ってきます。
榛名の感情を丁寧に掘り下げていたので感情移入しやすかったのは良かった。

ただ、もうすこしヒトとシャチという異なる生物だからこそ生まれる切なさとか、そういうのが欲しかったですね。
後、唐突に最後に宇宙まで話が広がって「?」という感じだった。いくらなんでも突拍子が無さすぎるw

一巻完結みたいだけど、少し物足りない感があるように感じました。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む