サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 天使から百年 魔人と主人と廃棄物

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使から百年 魔人と主人と廃棄物(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天使から百年 魔人と主人と廃棄物 (富士見ファンタジア文庫)

著者 野梨原 花南 (著)

「あたしはカイの魔人で力。あなたの敵は、あたしがやっつける」魔人・フジシロユイカは、カイに笑ってそう告げた。「今すぐ理解して欲しいのは、あたしは、あなたのものだってこと」...

もっと見る

天使から百年 魔人と主人と廃棄物 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

天使から百年1 魔人と主人と廃棄物

463(税込)

天使から百年1 魔人と主人と廃棄物

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あたしはカイの魔人で力。あなたの敵は、あたしがやっつける」魔人・フジシロユイカは、カイに笑ってそう告げた。「今すぐ理解して欲しいのは、あたしは、あなたのものだってこと」この世界にはロードリーという、敵がいる。異形の彼らに対抗する適性が認められ、ターヴィス学院に強制入学させられた、英雄の末裔の少女・カイ。戦うために、彼女は別の世界の魔人と契約した。光と共に現れた自分の魔人を見て、カイは思う。人を殺す敵に立ち向かうなんて、こわい。本当は逃げたい。ここよりマシなどこかへ行きたい。でも、できることがあるなら。—それをやるしかない。これは、世界に立ち向かう方法が見つからない、少女たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/01/03 11:47

投稿元:ブクログ

面白いけど、「ちょー」シリーズ等に比べると些か書き方が粗い感じがするので今ひとつ乗れない…。少女小説ではなく、少年系ラノベを意識されてるのかもしれませんが。後、個人的にイラストが苦手系…。

2010/06/17 21:24

投稿元:ブクログ

なんとなくハリーポッター読んでる気分になりました。続きが気になります。
あとユイカは破廉恥だと思います。

2010/07/28 00:00

投稿元:ブクログ

戸惑いながらも段々仲良くなっていくユイカとカイ、そして二人の負担を少しでも軽減しようとする周囲の人々ににやにやする。ただ、終盤の展開が唐突すぎて大分混乱した…あれ、2巻はタイトル的に過去話なの?

2011/04/12 10:18

投稿元:ブクログ

人生の半ばを過ぎた人間がカバーをかけずに読むにはなかなかに表紙が辛い。

野梨原花南の物語の中には《大人》が存在しないな、とふと思った。
けなげに頑張る少年少女とすべてを悟りきった老人だけで世界がまわっているように感じる。
もちろんまったくもっていないわけではないのだけれど、大抵は、主人公たちに都合のいい脇役として登場する。
(例外は『マルタ・サギー』の探偵事務所所長くらいか)
物語にがっつりからんでくる《大人》を見てみたいなと思う。

2011/02/01 19:46

投稿元:ブクログ

11.02.01購入

いきなりハードなシーンから入って、
置いていかれちゃったかも、どうしよう・・・と思ったけど大丈夫だった。

痛々しくて見ていられない。
早く解決してみんな幸せになってほしい。

野梨原先生の書く大人はいつも素敵だなあ。
今回だったらソンダース先生がすごくいい。
(11.02.10)

2010/12/02 22:02

投稿元:ブクログ

今までにも読んでました野梨原先生の、少年レーベルからのシリーズ。
と、言っても結構受けた印象は「ヘブンリー」の焼き直しに近い
印象だったんですが。
今回のほうが断然好きですが。

この先生の作品は他のファンタジー系ラノベに多い「作品OR作者依存用語(勝手に命名)」が
あまり無い代わりに、極端に説明不足。
なのに納得は妙に出来る。
今回だと、もう1人の主人公・フジシロユイカが何者かは
名前からもある程度想像がつきますが、
彼女が(色々な意味で)何でああなのかは
全く解らないし、この巻の時点では説明もされません。

とりあえず、現実世界と逆軸からリンクしてるという設定は
凄くツボですが、次巻以降を読むかは未定です。
最後の3巻まで出てからかなぁ。

とりあえず、凄く普通の子な主人公・カイと、
ヒーローというには完全に他のキャラに負けているジャスラス君が
お気に入りです。

2010/05/22 21:18

投稿元:ブクログ

 一度発売予定が出てからものすごく時間が空きました。シリーズ1巻目としては、東京レイヴンズよりもこちらのほうが好きかな、って感じでした。だってハイパーグッドラック…! 妙にツボりました。ばかだなー。設定がアホっぽいぜー。大好きだー!(笑)
 しかしなんか、最近の富士見って碧陽生徒会以降こういうのが多いのですか? 誰かに聞きたい…。

2010/10/04 16:15

投稿元:ブクログ

謎だらけですが、普通に面白かったです。
イズシール先輩が結構好きかも。何気にユウキもいいかな(笑)。ただのファンタジーかと思ったら、現代日本と交錯していくようなので、ちょっとびっくりしたけど、面白い。出たばかりの二巻に手を出そうと思います。

2010/09/30 20:10

投稿元:ブクログ

野梨原花南さんは初めてだったんですけど、楽しめましたね。
最初はゼロの使い魔みたいな異世界召喚ものかなーと思ったら、最後の方に召喚士も混ぜて召喚された側の世界にいってしまった。カイとかユイカとかジャンセンとか中心人物も良いし、脇役の先生の設定なども面白いと思う。あとがきを見る限り、全3巻で終わりなのかな?

・主人公のカイとジャンセンの初々しい会話とか普通の学校の風景とかの描写の時でも、なにか暗い雰囲気があったような気がする。作家の文体?設定のせい?
・地の文で流れるように視点が変わって、これまた面白い。野梨原さんの独特の文体なのかな?

2010/05/23 21:13

投稿元:ブクログ

とりあえず3巻完結のこと。
ちゃんと続きが出るのが保障されているってのはいいね☆
2巻早く出ないかな!

2010/06/03 00:20

投稿元:ブクログ

新シリーズと言うことで一気にグイッと引き込まれて読んでしまいました。ユイカとカイのやり取りが可愛い。
主筋の方はまだ断片だらけなので次が楽しみです。

2010/10/27 14:43

投稿元:ブクログ

三巻完結ものの、第一巻。

主人カイ・ハイ・パーグッド・ラックと魔人フジシロユイカ。

天使を用いての代理戦争と、廃棄された100年。



なにはともあれ、三巻ものをどうぞというのは、うれしいだろうなあ…!
あたしはヘブンリーとかも、三巻までくらいは読んでみたかった。うう。ちょっと温度が似てる。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む