サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月見月理解の探偵殺人(GA文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-5671-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)

著者 明月 千里 (著)

「どうしたんだ、暗い顔して。またちゅーでもしてやろうか?」「全部君が原因だよっ!」都築初のクラスに車椅子の少女が現れた。唯我独尊な態度で周囲を圧倒する、その美しい少女の名...

もっと見る

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)

659(税込)

月見月理解の探偵殺人

648(税込)

月見月理解の探偵殺人

ポイント :6pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「月見月理解の探偵殺人」が含まれるセット商品

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫) 全5巻完結セット(GA文庫)

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫) 全5巻完結セット

商品説明

「どうしたんだ、暗い顔して。またちゅーでもしてやろうか?」「全部君が原因だよっ!」都築初のクラスに車椅子の少女が現れた。唯我独尊な態度で周囲を圧倒する、その美しい少女の名は月見月理解。彼女は、ネット上のチャット参加型推理ゲーム“探偵殺人ゲーム”の伝説的なプレイヤーにして、大財閥・月見月家の探偵でもあった。「この学校に、人殺しがいる」理解は、初に調査の協力を求めると共に、無視できない、ひとつの勝負を持ちかけてきた!第1回GA文庫大賞・奨励賞、一番の問題作が登場!「ならば今度も俺様を殺してみるがいい。それでは—“探偵殺人ゲーム”を始めよう」。【「BOOK」データベースの商品解説】

【GA文庫大賞奨励賞(第1回後期)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

嘘つきが嘘を暴く

2010/05/03 23:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都築初のクラスに転校してきた車椅子の少女、君筒木衣梨花=月見月理解は、自己紹介でクラスメイトに暴言を吐き、その言動は他者の感情を逆なでするが、初のことをれーくんと呼び、妙になれなれしくしてくる。彼女とは一面識もないはずの彼だが、実はかつて二度だけ、ネットゲームで対戦したことがあった。
 そんな理解が転校してきた理由、それは、初の父を殺した犯人を暴くこと。彼女は特殊能力を持つ探偵なのである。

 初の妹、遥香を犯人と目し、かつてのネットゲームでのリベンジを口実として、初に賭けを持ちかけてくる理解。理解が遥香が犯人であることを証明する前に、初が真犯人を見つけるか、理解の特殊能力を暴けば、遥香から手を引く。そんな条件で対決することになった二人だが、理解の言動は周囲を逆なですること著しく、不必要な感情対立も巻き起こしていく。
 呼吸をするように嘘をつく、とうそぶくくせに、人間関係を穏やかにしておく潤滑油として必要な小さな嘘や隠し事も許さないかのように断罪する理解。校内一のお人よしと称されながら、何かをじっと隠し通しているかのような初。
 幸せでいようとして嘘をつき、誰かを護ろうとして嘘をつき、それなのに嘘をついたことで自分が傷つく。真実だけが人を救うのではなく、ほんの小さな優しい嘘が人を救うこともあるのに、嘘は嘘というだけで断罪されなければならないのだろうか。

 タイトルを見るとミステリーっぽいけれど、ミステリー風味なだけでミステリーというほどではない。読んでいるうちに何が本当だか良く分からなくなっていくけれど、最後の優しさだけは本当なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/04 08:06

投稿元:ブクログ

「どうしたんだ、暗い顔して。またちゅーでもしてやろうか?」「全部君が原因だよっ!」
都築初のクラスに車椅子の少女が現れた。唯我独尊な態度で周囲を圧倒する、その美しい少女の名は月見月理解。彼女は、ネット上のチャット参加型推理ゲーム“探偵殺人ゲーム”の伝説的なプレイヤーにして、大財閥・月見月家の探偵でもあった。
「この学校に、人殺しがいる」
理解は、初に調査の協力を求めると共に、無視できない、ひとつの勝負を持ちかけてきた!第1回GA文庫大賞・奨励賞、一番の問題作が登場!
「ならば今度も俺様を殺してみるがいい。それでは―“探偵殺人ゲーム”を始めよう」。

(読了:2011/03/04)

2012/01/21 03:15

投稿元:ブクログ

設定面白い。
従来のミステリとは違った魅力かつラノベっぽくてよい。
でも説明長くてしんどい部分も。
気軽にばーっと読めるタイプではないんだよね~

2010/09/10 20:46

投稿元:ブクログ

思っていたより微妙におもんなくない…

面白そうな要素は揃ってるのだけど

あっさりしすぎてる…同時進行で人狼系のゲームをしてるのに

ぜんぜん劇中では語られてないし…

ふむ…

2009/12/25 15:20

投稿元:ブクログ

ゲームそのものをある程度理解していないとなかなかその
ルールが分かりにくいという難点があるものの、「真実」と
「嘘」という他人が表面上は見抜けないことを題材にした
部分では充分作品を通して伝わってくると思います。
乾燥してない瘡蓋を強引に引っぺがされるような嫌悪感を
撒き散らしてくれる「月見月理解」のキャラクターも
読み手の感情を上手く引っ張ってくれるし、なかなか面白いと思います。

所謂「犯人当て」という部分では中盤くらいからボンヤリと
分かってしまいますが、主人公のラストで流す涙と感情の
起伏の表現など、それをリカバリーして余るくらいに熱があります。

この辺りの作品になるともはや講談社ノベルスとかの作品と
あまり違いがないような気すらしますねー。ドンドンこういった
ライトノベルからジャンルレスで面白い作品が出ると、もっと
面白いのになー。

2010/07/17 07:55

投稿元:ブクログ

 都築初(高校2年生)のクラスに転校生としてやってきたのは、近未来的なデザインの電動車椅子に乗った美少女だった。しかし美少女――月見月理解は、自らの態度と言動により、美少女から電波女へと周囲の第一印象を変えてしまう。
 もちろんこんな変な少女のことなんて、初は知らない。しかし理解は初をれーくんと呼び、文字通り押し倒して唇を重ねて舌まで入れた。
 昼休み。初は理解に連れ出され、屋上へ。その時には薄々、初は理解の正体に気付いていた。
 れーくん……初は一回だけ、そのハンドルネーム(0)で「探偵殺人ゲーム」と呼ばれるオンラインゲームに参加したことがあった。そのゲームに、理解も探偵Rの名でログインしていたのだ。
 探偵Rは当時負けなしで有名で、その連勝を止めたのが初だった。理解は自分を負かした初を気に入り、またその時の借りを返すため、転校してきたのだと言う。初に助手になれと誘い、オンライン上ではなく現実でゲームをしようと持ちかけてきた。
 理解が持ちかけてきたゲームは、初の父親を殺した犯人捜し。初の父親は借金地獄に耐え切れず、昔に自殺していた。しかしそれを自殺と思えない依頼人が理解に真犯人探しを、自分の命と引き換えに依頼してきた。……そう、理解はネット上だけでなく現実世界でも探偵だったのだ。
 依頼人が理解に真犯人ではないかと捜査を以来したのは、初の妹、遥香だった。もし遥香が犯人なら、理解は彼女を殺すと宣言。殺されたくなければ、妹の無実を立証しろともちかけられる。
 理解は妹の周りの人物や初の周りの人物が犯人ではないかと周りを固めていく。そしてついに、理解は真犯人を見つけた――初たちの母親だった。
 理解は依頼通り、犯人を殺害。また、予想を外した依頼人までも殺した。依頼人――遥香だった。
 血まみれの遥香を前に、初は心臓が締め付けられるような発作を起こす。初はうすうす依頼人が遥香ではないと感じ、遥香が犯人と匂わせる行動に出た。本当の、本当のところの犯人――自分が犯人だということを隠すために。死にたくないがために。理解はしかし、そんな初の化けの皮をはがしていく。
 初は家族を借金地獄に追いやった父を一瞬でも憎み、いなくなってしまえばいいと思ってしまった。父が自殺した日、母が父を飛び降り自殺した現場まで連れていったのを、初は目撃。その時止めていれば、父は死ぬ事はなかった。対照的に遥香は、どうしようもない父とまたがんばって家族で生活していこうと希望を捨てなかった。そんな遥香と自分を比べ、初はますます事故嫌悪。同時に、父が好きだった遥香に母が犯人だと悟られないために、初は自らが犯人だとほのめかした。そして初は自分が犯人だと思いこむようになり、鬱状態になっていった。
 真犯人が初だと知っていた理解は、もちろん母と遥香を殺していない。遥香の血は輸血パックをぶちまけたものだった。
 事件を解決した理解は、初の前から去る。初は自分の罪を認め、また乗り越えて、学校生活を続けていくのだった。

2011/01/12 14:08

投稿元:ブクログ

<>かなり面白い推理系ラノベ!新人の処女作とのこと、新人だからこその渾身の一冊というかんじが素晴らしい!あとヒロイン理解の容姿がかなり好き。

2011/06/02 00:59

投稿元:ブクログ

ずっと気になってた作品。理解のキャラが凄まじくブレナイのがいい。ラストがちょっと「それで終わり?」って感じだったけど、2巻への期待も含めて☆4つ。

2010/08/11 23:20

投稿元:ブクログ

複雑怪奇なギミックで振り回しながらも筋はシンプル。内容の割に読みやすく、要所の演出が尖っていて一息に読み切れた

2015/09/22 16:10

投稿元:ブクログ

全5巻完結。『殺人』の看板どおり巻が進むにつれ凄惨になってゆく。緊張感がたまらない。
そのなかで、交喙(いすか)の可愛いらしさと、理解らの主人公を弄ぶ、桃色トークが良いスパイスでした。

2010/08/10 12:50

投稿元:ブクログ

すごく性格の悪いヒロイン。
委員長がかわいそうのような。
妹もキレてるし、女性の性格が……。
主人公の叫びが耳に残る。
おもしろかった。
主人公はやはり善人ではなかろうか。
まあ、ゲームで勝ち残るぐらいだから、ウソつきではあるのだろうが。

2011/01/09 17:01

投稿元:ブクログ

久々の大ヒット。超面白かった。読む側を引きこむ伏線の張り方といい、ラストの怒涛の展開といい、キャラと言い、どれもすごい。一気に読んでしまえる面白さだった。
このキャラがかわいい、とかそういう事がないけど、そういう要素があんまりなくて、話で読ませる感じ。そこがまた良い。ミステリーっぽいんだけど、純粋なミステリーじゃない。すごい謎解きはあるけど、ミステリーじゃない。絵が綺麗で、特に後半の絵はぞくぞくした。

2012/08/13 12:39

投稿元:ブクログ

大変に好ましい黒さ加減。(^^;
特に終盤の酷さ加減は西尾と比べてもそう遜色のない良いできですね。
メフィスト賞に出ていてもおかしく無さそう。
……ま、実際に賞を取るにはエンディングにもう少し工夫がいるのかもしれないけれど。

評価は★三つだけど、四つに近い感じで。

2010/12/06 15:15

投稿元:ブクログ

僕を助けてくれた本。というと少し大げさだが、ヒロイン"月見月理解"の他者に対する態度の理由には強い共感を覚え、気持ちが楽になった。
理解というキャラクターが"お気に入り"になった。
ものすごくオススメな小説。

2010/12/08 10:02

投稿元:ブクログ

この人、本当に新人か?と疑ってしまうくらいの出来栄え。一言でいうなれば、お見事。
上手い具合に騙されたよ。たまに“こういうこと”をやる作家がいるが、斬新な騙し方に映った。叙述トリックなんて簡単に言い捨てるのは御法度。
推理小説と銘打たれてるがそのカテゴリーとは少し趣を異にする。厳密には作中で事件は起こらないのだ。起こったことを推理するという事後的な展開だから。
構成は申し分がない。何より無駄な伏線が無いことが素晴らしい。
この手の小説はたいていキャラクターが伏線的意味をなさない場合があるが、本作ではキャラクターの存在ややり取りが重要なファクターを占める。夫婦漫才を彷彿させ、本編に意味をなさない会話が延々と展開する主流のラノベへのアンチテーゼと言える(著者が意図しているかは不明だが)。
作品の縁取りについては置いておくとして。
この作品で一番異彩を放つ人物であり、ヒロイン(ある意味主人公)の月見月理解について語ろう。
ただのオレっ子ではない。傍若無人、邪知暴虐、悪意の権化。ツンデレが泣いて逃げ出す、あるいはメロスが激怒するくらいにとんでもないキャラクターである。
彼女の言動はオブラートの膜も何も無い悪意そのものに満ちたものだ。故に嫌悪感を抱くことも散々。だが、そんな彼女を読者が嫌ったまま終わることは無い。
なぜなら、最後の最後にアクロバティックな展開を著者が用意しているからだ。
ほんの短いやり取りだが、それで彼女への印象は180度変わってしまう。
まさに、“探偵殺人”。
最後の憎い演出が作品の絶頂であり、作品の完成度を飛躍させている。

ラノベだが、ラノベとは言いません。
拍手。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む