サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. テスタメントシュピーゲル 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テスタメントシュピーゲル 1(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/543p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-472909-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

テスタメントシュピーゲル 1 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 冲方 丁 (著)

西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と...

もっと見る

テスタメントシュピーゲル 1 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

907(税込)

テスタメントシュピーゲル 1

907(税込)

テスタメントシュピーゲル 1

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「テスタメントシュピーゲル 1」が含まれるセット商品

商品説明

西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う“特甲児童”、だがその心にはいまだ癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。公安高機動隊の鳳、乙、雛らも巻き込み、事態は重大な局面へ…。「シュピーゲル・シリーズ」待望の新章突入。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

欠片の繋ぎ手たち

2009/11/30 15:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オイレンとスプライトが合流してシリーズ最終章に突入、とのことなのですが、視点的にはMPBサイドからの描写がほとんどなので、MSSサイドでどういう動きがあったのかが分からない。このため、最後の方になると特に、何でそんな展開になってんの!と叫びたくなる場面もあったりなかったりする。
 散り散りにされた断片の連なりだけで、全体像も把握できないまま事件に流されるという感覚を味わえるので、ある意味では良いのかもしれないが、このままMSS視点の本が出版されないとすると、何かしっくり来ない感じもする。

 涼月、陽炎、夕霧、未来への出口を求めさまよいながらも、それぞれの過去へと続く扉に手をかける三人の少女。徐々に明らかになっていく事実は、周囲の情景を塗り替えていく。

 少女たちのセリフも良いけれど、後半のおっちゃんたちのセリフの方が格好よく思える。これは送信側の変化なのか、受信側の問題なのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/09 11:35

投稿元:ブクログ

怒涛の展開。話も佳境に。
それにつれて、読み辛く…(苦笑

やっと読み終わった~
続きが気になる!!!

2011/05/04 00:03

投稿元:ブクログ

スプライトとオイレンの合流とのことだけど、今回はオイレン側の視点のみ。物語の密度がものすごいことになってます。中盤までは緊迫した状況の中でも痛みと向き合いながらの成長していき、また最強の夕霧の歌や吹っ切れた涼月の扮装といった楽しげな雰囲気があるなあと油断していたら、終盤になって急激なたたき落としを食らいました。でも最後にはそれぞれに託された希望が残り、ますます今後に期待が高まりました。先に進んで欲しいという気持ちも強いですが、次巻は明らかに省略されている要撃部隊の面々の活躍を見たいです。

2011/04/23 22:53

投稿元:ブクログ

記号的表現が多々あるのでいわゆるライトノベルっぽさもあるけど、ケルベロス小隊の3人それぞれが傷つき、自身と社会とのつながりに挑んでいく姿には本当に胸が熱くなった。陽炎の告白と涼月のピクリーンはたまらなくかわいかった。

2011/10/17 22:24

投稿元:ブクログ

いよいよシュピーゲルシリーズの最終章がスタート。
相変わらずの厳しい展開。
勝利、救済、解明が待ち遠しい。
次が楽しみです。

2009/12/21 00:29

投稿元:ブクログ

 あまりの情報量の多さ混乱することもありましたが、目まぐるしく動く内容の密度と濃度に圧倒されました。
 MPB側の視点で話が進んでいましたが、その間にあったMSS側の動きの詳細は次巻に期待でしょうか。
 とりあえず吹雪くんと鳳嬢が仲間の元に戻れるのを願うばかりです。

2010/12/13 02:49

投稿元:ブクログ

2010 12/12読了。WonderGooで購入。
空き時間に少しだけ読むつもりがいっきに最後まで読み通してしまった・・・そのおかげで色々なスケジュールが辛いことになったが、それくらい、途中で手を置きたくない展開が続く巻。
あと少しだけ・・・と思っているうちに最後にたどりついたのだが、さて、次の巻はいつ出るのだろう? ちゃんと出るのだろうか・・・と少し不安にもなったり。
この巻の裏でスプライト組はどうなっていたのか、この先で両者はどうなるのか、凄く気になる。

2010/03/20 20:43

投稿元:ブクログ

冲方丁最後のラノベシリーズだそうな。
憲兵側視点で進むのでオイレンシュピーゲルしか読んでない俺も安心です。

2010/04/09 15:14

投稿元:ブクログ

魂が震える。すごすぎる。2巻でスプライト視点なのだろうか?なんにしても、見えてきた終わりまでつきあうしかない。

2010/08/02 19:35

投稿元:ブクログ

このシリーズ、ラノベなんだから、もっとお手軽にお気軽に、美少女+メカ=活字でみる萌えマンガ にすればもっと売れただろうし、書くのも楽だったろうに、あえてこうするのが、ラノベの達人たるゆえん。サイバーパンクス風味も混ぜるところがサービス精神旺盛。おかげでSF好きにはたまらん作品を読めることになったわけですがね。

2010/05/15 12:43

投稿元:ブクログ

まさに最終章突入。今までのさまざまな謎が解決されていく過程が楽しみです。それにしても、この密度はすごい。

2010/06/14 21:02

投稿元:ブクログ

シュピーゲルの合流一冊目。とのことで。
オイレンのみの内容でしたが、二冊目はスプライトなのかな。

かなり勢いよく読みました。
そういえばこれ、クランチ文体っていうんですね。
名前がついてるとは思わなかったから、知ってびっくり。
この書き方は分かりやすくて凄く好きなので楽しいです。

政治的背景・深読み・思惑なんかに非常に弱いので
どう展開しているかとか、これからどうなるかとかは
まったく考えずに読んでいるのがもったいないのだけど
これはこれで楽しいので良しとします。

2014/09/10 21:42

投稿元:ブクログ

2が出るということで再読。初読の時にレビューするのを失念していた。改めて読んでもこれはすごい。二つの背景を同じくする物語の夫々の事件と登場人物たちを繋ぎ、大きな物語を語る作者の力量はなみなみならない。歴史もので大成した作者に、これの続編を書いていただくのは当分、ないのだろうなと思っていたが、再開いただき、非常にありがたいが、できることなら早めの続巻をお願いしたい。

2013/01/24 13:49

投稿元:ブクログ

1巻だけど、次が出ない。
 
 正にジェットコースター!!
  次々と発生する事件、それに謎解き。
   息つく間を与えない展開。
 堪能しました。

 しかし、これまでの伏線を、前シリーズから考えて、この話を始めているのだろうか。素晴らしい。それとも途中からつないだのか。それはそれで凄い話になるが。

 これまでの話が全てつながっていく。

 全てがバッドエンドへと向かっていく、その最後に希望の光。

2012/07/15 21:20

投稿元:ブクログ

持ちあげて落として、持ちあげて落として・・・・・
こんなに二転三転するラノベを読んだことが無い。
いや、もう従来のラノベの領域に無い、あるいはかつてのラノベの領域に戻ったのか。

オイレン視点なので、ケルベルスメンバーの話が中心になってます。
なんというかもう・・・・涼月の可愛さMAX巻ですね。
オイレン4巻では不屈のガッツを見せつけたカッコイイ涼月ですが、このテスタメントでは吹雪とのカップル感がすごい。
あと黒天使ピクリーンはヤバイですね。
「あっ、何か聞こえる♪」
「みんなを素敵に抱きしめるために降臨!」
などというとんでもない台詞が涼月の口から放たれます。
・・・たのむ、どこの会社でもいいからこのシーンだけでもアニメ化を・・・

しかしそんな面白イベントも無かったかの様に、終盤一気に暗闇のどん底です。
涼月、陽炎、夕霧。
三者三様の絶望。
しかし、最後の最後で我らが小隊長、我らが突撃手・・・・

あとは読んでお楽しみください。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む