サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ジーキル博士とハイド氏

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジーキル博士とハイド氏(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75195-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫)

著者 スティーヴンスン (著),村上 博基 (訳)

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査...

もっと見る

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫)

576(税込)

ジーキル博士とハイド氏

540(税込)

ジーキル博士とハイド氏

ポイント :5pt / 紙の本より36おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

ホラー、ミステリーの古典。人物関係の謎解きと、人格崩壊の恐怖。

2010/01/12 17:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画になったり児童文学に翻訳され、よく知ってはいるけれど原作は翻訳も読んでいない「ジーキル博士とハイド氏」。新訳が出たのを機会に読んでみると、やはりいろいろな発見があった。解説は東雅夫氏。
 おおむねは予想通り、ジーキルとハイドという人物の関係についての謎を書いたミステリーであり、殺人や薬による変容の恐怖を描いたホラーであった。
 予想外に短い。だが、一番予想外だったのはハイド氏が小柄で、外見もまったくジーキル氏と違う、というところである。舞台や映画では一人二役で演ずるイメージがある。ジーキルとハイドが「一人の人物」であることを強調する演出としてはそれが最適だったのだろう。そしてそのイメージが定着したのだ。(このあたりは、東雅夫氏の解説に詳しい。)しかし、考えてみれば一人二役で外見に共通性が残っているよりも、外見も変わってしまう方が「根源的な改変」の怖さが強い気がする。小柄なハイド氏が背の高いジーキル博士の服の袖や裾を捲り上げてきている姿は滑稽でもあるが。

 短いが、細かな描写がとても丁寧である。明るい表玄関と、窓もない裏口側という建物は、解剖医ジョン・ハンターの家がモデルなのだそうだが、確かに実在した家屋の構造を知らないと描けないようなところもたくみに利用されている。ジーキルとハイドの行動が無理なく説明できるのである。
 後半、謎解きとなるジーキル博士の手紙の部分がかなり長いが、ここの描写も丁寧で、前半の不可解な人物の与える怖さとはまた違う怖さである。薬で自分の「快楽を追求する」部分を分離して楽しむうち、薬の量を増やさないと聞かなくなる、無意識に人格が変わっていることがおき始める。どこやら「麻薬」の症状を描いているような怖さでもある。著者は薬もかなりよく知っていたのだろう。

 上質な恐怖推理小説として、やはり一読の価値はあると思った。短いので是非読んでみていただきたい。もっとも「謎解き」の部分については、ジキルとハイドの関係はあまりにも知られてしまったので、出版当時の読者のように楽しむというわけにはいかないのが残念かもしれない。

 ちなみに、翻訳者の解説によると最近は「ジキル」ではなく、日本語では「ジーキル」と表記されることが一般的だそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/17 21:16

投稿元:ブクログ

 二重人格の代名詞といえば、やはり「ジキルとハイド」が有名だと思うが、実際の作品に触れたことがある人は少ないのではないだろうか。
 二重人格、から勝手に想像していた話とは違いすぎて驚いた!

 人格者で友人も多いジーキルと、平然と人を傷つけ悪事を働くハイド。
 ジーキルの友人である弁護士・アタスンは彼から理解しがたい遺言状を預かっていた。それは自分になにかあったときは自分のすべてをハイドに譲るというものだった。ハイドの悪評を聞き付けたアタスンは興味を持ち始めるが……。

2010/05/03 16:44

投稿元:ブクログ

「ジーキル博士とハイド氏」は二重人格の代名詞であるし、怪奇文学の代表作の一つである。
思うに不思議な怪奇的な現象を扱った文学作品がスタンダードに成り得るには、怪奇そのものは告白文として描かれ、それを読む物語の語り手を持つことで、語り手のいる現実社会との間にクッションをおくことで、リアリティを持つ。この手法は多くの古典的文学にあり、逆にSFが古典に成り得ない最大の要因かと思う。語り手が物語をリアルに生きたら、読み手にはリアルではなくなる。何処か離れた場所にリアルはある。その不思議を思う。

2010/12/28 19:21

投稿元:ブクログ

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる。目撃者もいたことですぐに捕まると思いきや、行方が全く分からないハイド。そんな中、ジーキル博士の様子が突然おかしくなり、アタスンは真相を確かめようと彼の家に乗り込む。実は奇妙な薬を調合し、それを飲んだ博士は、悪の権化ともいえる恐るべき人間に変身をとげていたのだ――彼はハイド自身でもあった。

これだけ有名なのに未読でした。恥ずかしくて人に言えないので、こっそり手を出しました(笑)ようやく「二重人格」で有名な二人の名前の意味が分かったよ!他の翻訳を未読なので比べられないですが、古典とは思えないくらい読みやすかった。新訳のおかげかも。このレーベルは手を出しやすくて助かります。最終的に罪を償うことなく死んだジーキル・ハイド両氏は散々やっておいて・・・って感じもしますが、怪奇小説として読者をびっくりさせてくれるいいネタではあったと思います。思いついた作者はすごい。ハイド氏の不気味さを言葉を尽くして伝えてくれた役者さんもぐっじょぶ!

2009/12/20 16:22

投稿元:ブクログ

人間の二面性をテーマとした名作。
医者で、温厚な紳士であるジーキル博士は、自らの身に何かあったときは、その全財産をハイドという男に委ねるという遺言書を友人の弁護士アタスンに託す。善良なジーキル博士が擁護する謎の男ハイド氏は、邪悪な冷血漢だった。

「一個の人間とは、多様な、相矛盾する、独立した生き物の棲む社会の縮図だ」

2010/03/15 00:02

投稿元:ブクログ

「ジキル博士とハイド氏」という言葉で、二重人格を意味する慣用句は既に周知であるが、その原典を未読の人は数多くいるだろう。
自分もその一人だった。曖昧な知識だが、大方の物語の筋は読めていたので、あまり手を伸ばす気が起きなかったのだ。

そして読破後も、やはりある程度の予想範囲内で物語は展開されていた。今回は読破することによって、漠然とした情報の隙間を埋め合わせた感じだろう。

けれど、子細を知るのならば、原典を読む方が良い。なぜ彼はこうなったのか、どうして二重人格なのか。事細かな事情が原典を読むことによって、解消されたり、または誤った解釈を訂正する場合もある。
慣用句だけでは理解できない、未知なる物語を知ることができた。

2015/01/18 07:37

投稿元:ブクログ

【本の内容】
街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。

彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。

二人にどんな関係が?

弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/07/15 14:55

投稿元:ブクログ

あまりにも有名すぎて、かえって読まれない名作のひとつ。
日常で一般的に二重人格や善悪の表裏一体性を「ジキルとハイド」で隠喩することはまったく珍しくない。
言葉わかってる感じだけで使うのとは違う。
最後まで読むとまたエンドレスに最初に戻って読み返したくなる。
エンドレスブック。 もう何度も読んでる。
この時系列感といい、現実と非現実の共存が書かれてるかんじといい、
そして最後のカオスぶり、人間臭くて大好き。

2015/07/20 15:10

投稿元:ブクログ

ずいぶん昔に原書を読んで以来ご無沙汰だったので、和約で読んでみることに。
ハイド氏の狂気やアタスン氏の恐怖や苦悩など、あたかも読み手がハイド氏を目の当たりにしたかのような嫌悪感を抱かせるため、訳者さんが努力されたであろうと感じました。
広く知られる「ジキルとハイド」だからこそ、きちんと読んでおいてよかったと思う作品です。

2010/11/24 08:13

投稿元:ブクログ

名前は知っていても、今まで、読んだことが無かった作品です。映画で知っていたのかなと思ったりします。皆さんも良くご存じの二重人格のジーキルとハイド。改めて読んでみると、こんな話だったのだとの驚きです。街中で少女を踏みつけて平然としているハイド。弁護士アタスンは、親友ジーキル博士の遺言状を委託されるが、財産をハイドに送るとあった。ハイドが起こした殺人事件がの解決に、弁護士アタスンは手を貸していく。その過程で、ハイドとジーキルの秘密が明らかにされる。

2012/10/16 11:49

投稿元:ブクログ

あまりにも有名すぎて敢えて読むこともなかった古典です。
新訳が出ていたため手に取り、読了しました。
誰にでもある二面性をこれでもかと顕著に強固に表している一冊。
文学としてだけでなく、人生を楽しむためにも役立つと思います。

2012/02/26 15:12

投稿元:ブクログ

高潔な医師・ジーキル博士が遺産相続人として指定したのは、凶悪な男・ハイド氏だった。ハイド氏は残虐な殺人を犯して失踪する。弁護士アタスンが博士の部屋に押し入ると、そこには自殺したハイド氏が横たわっていた。共通の友人・ラニヨン博士とジーキル博士の手記から、恐ろしい真実が明らかになる。

ジキルとハイドと言えば二重人格の代名詞だが、一個の肉体に別々の人格が現れるわけではなく、善悪二要素を分離しおのおのに異なる肉体をもたせたところが斬新だった。しかも、完全に善悪が分離したわけではなく、ハイドは完全悪だが、ジキルは善悪の複合体のままである。そこにジキルの弱さがある。
単なる二重人格の話なら共感しないが、もし自分にとって不都合な人格だけを別の肉体に分離し、しかも好きな時に変身できるとしたら…という話には好奇心をくすぐられる。ジキルの精神的変化も腑に落ちるものだった。

事件の真相が自明でも、この作品の魅力は損なわれない。ジキルの精神的葛藤が見どころ。

2011/12/08 00:30

投稿元:ブクログ

2重の人格、いやこれは最早もう一人の自分…
化身を生み出した博士はもう後には引くことはできなかった。己の、もう一人の己によって御身を蝕み尽くされるまで。

短い内容でかなり読みやすい。そこまで難しい言い回しもなかったのでサッと読める面白~い一冊。

2010/12/27 15:12

投稿元:ブクログ

二重人格の代名詞の「ジキルとハイド」。実際読んでみると、ジキルとハイドの二面性は、産業革命期の大英帝国の二面性の象徴だというのがすごく分かった。子供をふんづけて歩く(児童労働が問題化した時代)ハイドの様子とか。

2012/01/28 10:14

投稿元:ブクログ

誰もが知っている、ジキルとハイド。
でもだからこそ読まれることは少ないという稀有にして不憫な本作に、時間があるうちに挑んでみました。

映画などで形作られているハイド氏とはかなり異なる容貌に驚き、ひしひしと伝わるジーキル博士の苦悩に考えさせられます。
自分の中にいるもう一人の自分、それを解放したときに待っているものとは?
本来の自分とは一体どちらなのか。

引き込まれる作品です。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る