サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 15×24 link6 この世でたった三つの、ほんとうのこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

15×24 link6 この世でたった三つの、ほんとうのこと(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/303p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630522-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

15×24 link6 この世でたった三つの、ほんとうのこと (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 新城 カズマ (著)

その時だ。オレ、ふいに解ったんだ。イチナナが誰なのか。心中の決行時刻が、どうして途中で半日も延期されたのか(パート13「この世でたった三つの、ほんとうのことinstrum...

もっと見る

15×24 link6 この世でたった三つの、ほんとうのこと (集英社スーパーダッシュ文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと

594 (税込)

15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと

ポイント :5pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その時だ。オレ、ふいに解ったんだ。イチナナが誰なのか。心中の決行時刻が、どうして途中で半日も延期されたのか(パート13「この世でたった三つの、ほんとうのことinstrumental verion」167ページより)。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

新城カズマ作品としては……

2015/09/25 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みけねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『サマー/タイム/トラベラー』を読んで以来、過去の本までいろいろ遡って読んだ。
今回のものは、hontoで電子書籍化されているとあって購入、そして読了。
おじさんが若者口調を擬態して書いているタイプの本ではあるが、不思議と「つらさ」を感じなかった。語り手はころころとかわるが、別に自分で表をつくらずとも何が起きているのか、こいつが誰だったかということは読み進めるうちになんとなくわかるようになるので、人物の多さや語り手の転換は気に留めなくてもよい。
この二点はさすが、新城カズマ!と思った。

しかし、面白かったかと聞かれれば、「面白くない、ということはない」と答えられる程度で、30手前の人間がどきどきわくわくする類の話ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/31 20:18

投稿元:ブクログ

最終巻まで読破…
最後尻すぼみかなぁ。途中から広げすぎた風呂敷のたたむのに精一杯という感じ、結末も…
1巻が一番面白かった。

とはいえ新城カズマという作家にはこれからも頑張って欲しい。

2009/12/29 19:32

投稿元:ブクログ

面白かった。面白かったけれど、期待していたような面白さとは違うところに落ちたと思う。「謎」は考えればわかるのかな?「真犯人」「予想」という言葉に期待しすぎたのかもしれない。

2010/02/28 12:16

投稿元:ブクログ

これをラノベと言っていいのかわかりませんが、おもしろかったです。
1本の自殺を告げるメールを巡る24時間の群像劇。テーマは「死」。自殺をすることの是非、止めることの是非。なかなかに重いテーマです。
たった1日。24時間の物語ではありますが、時間の経過とともに多数の登場人物が東京中を駆け巡ってます。ちゃんと読んでないと、いつどこに誰がいるのかわからなくなりそうです。
所々に謎が残ったままなところもありますが、非常によくできた小説です。6分冊と長いですが、一気に読めます。

2010/02/05 00:28

投稿元:ブクログ

ん~
藤堂のおじいさんが都合がよすぎて説明がはぐらかされてる感じが・・・
都市伝説のような空間がに到達してしまったり・・・
黒い船だったり・・・
誘拐はどうなったんだ・・・
カラノは結局なにを最後にしたんだ・・・

都内を携帯片手に駆け巡るリアルな感じがハラハラで、
イメージにも湧いておもしろかったのに
不思議な力にエンディングを全部任せてしまっていて、
読んでいた勢いが徐々にしぼんでいく感じがしました。

色々説明してほしい!そう思う感じでおわりました。。。

アニメかドラマにしたらおもしろいだろうね。

2010/09/08 20:44

投稿元:ブクログ

うむむ、現実に起きる様々な事象についての想像力、といえばよいのかな、そんなものの重要性でしょうかね。自殺についても、改めて考え直してみるといろいろな考え方があり得るのですな。
ただ、一つひとつの「議論」は面白いのだけれど、エンターテイメントとして、読み物としてみたとき、エピソードの漫画っぽさがちょっと合わなかったかも。この辺は好みの問題だろうけれどね。

2011/08/14 20:10

投稿元:ブクログ

6巻では、ようやく終結。いろんな意味で安心しました。あと、マラソンを走り終わったようなスッキリ感が。
予想できない最後だったけど、自殺っていうのはする方もそれなりの覚悟があるけど、止める方もそれなりの覚悟がいるよな……。
本当に長い夜でした。これだけ長けりゃ、ひいきキャラもできるってもんです。

2010/01/05 23:38

投稿元:ブクログ

17歳達の24時間耐久レースは遂にゴールへ!。いくつかのタネは回収しきれてないけれど、全部回収できないのがいいのかも。-----“いちばん嫌な言葉だ。圏外。俺はため息をついた。たぶんオレらは、いつだって、何かの圏内にいねーと不安になる人種なんだ。友達。部活。合格圏。どこもかしこも、目に見えない電波でお互いに囲いあって、縛りあって、そして着信拒否しあっている。”-----悲痛だ。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む