サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 天来の美酒/消えちゃった

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天来の美酒/消えちゃった(光文社古典新訳文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75197-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天来の美酒/消えちゃった (光文社古典新訳文庫)

著者 コッパード (著),南條 竹則 (訳)

故郷の酒蔵で見つけた一本の麦酒で人生が急変する男を描く「天来の美酒」。車で旅する夫婦と友人が大きな街で一人、また一人と消えていく「消えちゃった」。生涯、短篇小説を中心に執...

もっと見る

天来の美酒/消えちゃった (光文社古典新訳文庫)

700(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

故郷の酒蔵で見つけた一本の麦酒で人生が急変する男を描く「天来の美酒」。車で旅する夫婦と友人が大きな街で一人、また一人と消えていく「消えちゃった」。生涯、短篇小説を中心に執筆し続けた「短篇の職人」コッパードが練達の筆致で描いた珠玉の11篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

消えちゃった 9−33
天来の美酒 35−54
ロッキーと差配人 55−69

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「おーい。ここは一体、どこですかー」と大声で叫べども、作者の行方は杳としてしれない。そんな、不思議で、風変りな短篇集です。

2009/12/12 19:16

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本文庫巻末の「解説」で訳者が、<職業的訓練を受けた作家なら絶対にやらないだろうと思わせるような、意外な展開を見せることがあって、(後略)>p.282 と記している、そうした、どこに連れて行かれるのか見当がつかない面白味、最後にとんでもない所で置き去りにされ、途方にくれてしまうような独特の妙味を感じましたね。

 収録短篇のなかでは、冒頭の「消えちゃった」が面白かったな。<三人の男女がスピードの速い自動車に乗って、フランスを旅していた。>の一行からはじまる、思いっきり奇抜で、風変わりなストーリー。自動車のメーターが異常な数値を示す辺りから、三人の男女の旅路はどんどんおかしな方向へとずれて行き、途方もないことになってくる、その人を食った面白さといったら。「ひゃっ!」と奇声を上げたくなるラストまで、無類のおかしさが味わえる逸品。本書の南條竹則の訳もなかなか良かったけれど、私にとっては、英国の怪奇・幻想短篇集『恐怖の愉しみ 上』で読んだ平井呈一訳が、やはり一番ですね。あの平井訳は、あれはもう、名人芸というしかないのだろうなあと、今回改めてそう感じました。

 あと、「マーティンじいさん」の話の途中で、登場人物のひとりがいきなり、謎のように死んでしまうところ。「暦博士」の話の最後、「ああ、ここで話を終わらせるっていうのが、いかにもコッパードらしいや」と、置いてけぼりをくった気分にさせてもらったところ。そんなところも印象に残りました。

 「消えちゃった」と同レベルの面白さを持つ収録短篇がなかったので、星は四つとしましたが、こうした無類のおかしさ、奇妙な味のする作家の短篇集が読めるというのは、本当に嬉しいですねぇ。光文社古典新訳文庫の食卓に、どんな料理が並ぶのか。これからも楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/02 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/24 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/20 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/01 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 05:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/18 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/30 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/01 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/01 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む